• <スポンサードリンク>

塾には行かない。国語と社会を強化した勉強法で、室蘭栄高校に合格した体験談~北海道~

室蘭高校合格体験記
「将来の夢は学者。だから、高校受験は大学に進学するための通過点。室蘭栄高校に合格して東北大学に進学したい」と、はっきり将来の目標を決めている体験談を教えてもらいます。

高校受験は確かに辛いし、不安も多くなります。

特に、12月頃からは多くなるのではないでしょうか。

でも、はっきりした目標があるだけでモチベーションが違ってきます。

しかし、モチベーションというメンタル面だけで志望校、今回だと室蘭栄高校に合格できるでしょうか?答えははっきりしています。

でも、目標を決め、そして効率よく勉強していくことで合格に近づくことは間違いないはずです。

ではどうするか?室蘭栄高校に入学できた先輩の体験談から学ぶのです。

この体験談の勉強法は、自分の不得意とする教科を見出し、苦手な単元を強化していくことを主にした勉強法

今回は、『国語』と『社会』です。

この2つの教科の勉強法を知るだけでも、苦手な教科を伸ばし切れていない受験生や室蘭栄高校を目指している受験生に当てはまるヒントがあるはず。必見です。

<スポンサードリンク>

室蘭栄高校に進学したい理由と悩み

室蘭高校悩み
私は、学習塾に通うわずに地区ナンバーワンである北海道の室蘭栄高校の進学を希望しました。

理由は明確で、中学生の頃から学者になることが夢で、東北大学に進学するにはこの室蘭栄高校に行くしか無いという強い意志があったからです。

でも、学習塾に通っていなかったから悩みがなかったわけではありません

もちろん、苦手な科目もありました。

しかし、学習塾に通わないと決めた以上は独学で受験勉強していくしかありません。

そこでネックになったのは、2つの苦手な科目。

苦手な国語の勉強法

1つ目は、国語の現代文。

古文といった暗記系は得意だったのですが、日本語の質問に対して答える長文の解答を要するものが苦手でした

苦手な国語の勉強法は、国語に対する苦手意識をなくすことからはじめました。

さらに、国語の勉強を見ていた親が気づいたことなのですが、難しい問題に対しての時間配分が悪いことに気づきました。

ここで対策として国語の中でも、得意な分野の暗記系の『漢字』や『古文・漢文』という正答率が良いとされている問題をより短時間で正解できるように工夫しました

工夫することで、時間短縮になり、苦手な現代文に時間を使える戦略です。

今思えば、時間がかからないと正解できなかった状態だったため、理解不足な部分もありました。

その後、指示語の『それ』や『これ』と言ったものが具体的にどの部分を指摘しているのか、しっかり線を引くことを習慣づけました

問題がどのような状況を質問をしているのかしっかり理解することからはじめました。

加えて、長文の記述問題に関しては問題と同時に解答もセットで覚えるようにしました。

苦手な社会の勉強法

続いて2つ目は、社会の地理が苦手でした。

世界地理は良いものの、特に地域ごとの特徴に差があまり無かった日本地理のジャンルが苦手でした。

そして、北海道の高校入試問題集の過去問で何回も引っかかり、成績の伸びが特に悪かったです

社会の勉強法に関しては、とりあえず資料集になれること。慣れることで資料集の見方がわかってきます。

例えば、表にははっきり載っていない答えを別の角度から考えたり、別の数値を意識して見ることで答えに導いていくを意識しました。

ここでの対策としては、問題に出されるグラフがどこの情報から出されるのか、教科書や資料集をしらみつぐしに読み続ける習慣化です

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『室蘭栄高校』を目指す方法とは▽

【高校受験】12月。室蘭栄高校に合格するための勉強法でわかったこと

室蘭栄高校勉強法

国語の勉強法でわかったこと

この国語の勉強法を続ることで、12月にははっきりわかったことがあります。

国語は、自分中で読んだままの文章を解釈して、感じるがままに解答に書いては減点されるということを発見しました

この教訓は大学受験でもすごく生かされた点です。

日本語を話していても、指示にあっていなければ減点という事実は気づけば当然のことですが、当時の私はわかりませんでした。

ここでの対策は長文の記述問題に対しての手応えが出始めて、普通難易度の問題から正答率が低い専用の問題集を購入し、初見で問題を解くことを習慣づけました

国語の場合は、模試形式で必ず一日二回(初見問題)を中心に過去問やハイレベル問題集を中心に練習をしました。

社会の勉強法でわかったこと

社会の日本地理の場合は、キーワードが入り始めてようやく中間点をもらえる記述を書けるようになりました。

この段階で、国語の現代文と同じ部分でつまづいていることに気づいたため、問題に対して正答を書くことで点数に結びつけることができました。

ここで対策として社会の場合は、歴史公民の点数が良かったため、地理のハイレベル問題集を中心に練習を重ねました

この苦手な教科の単元をあぶり出し対策する勉強法を続けたことで、北海道室蘭栄高校の普通科に合格することができました。

私がいた中学校では、学習塾に通わず北海道室蘭栄高校に合格できたのは私だけで、その条件で受験する時点で学校の先生も心配していたようでした。

でも、室蘭栄高校に合格できたので先生も安心したのではないでしょうか。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『室蘭栄高校』を目指す方法とは▽

<スポンサードリンク>

無事、入試で合格。室蘭栄高校の普通科でもハイレベルな授業が展開

室蘭栄高校ハイレベル
北海道室蘭栄高校の魅力は、文武両道であり、地方の高校としては大学進学に力を入れている高校です。

理数科でなくても、数学の教育に力を入れておりています

私の時代では、数学の課題の量はとても多かったです。

また、部活動も活動的で弓道部が全国大会に行くほどの強豪です。

加えて、試験で赤点を取ってしまうと大好きな部活が出来なくなるため、練習とともに仲間たちと勉強をしたりするといった雰囲気がありました。

他の部活動も、成績が悪いと十分な練習ができなかったという話を聞いています。

室蘭栄高校は進路に関しても親身

室蘭高校進路
また、模試の解説や夏期講習、冬期講習と言った室蘭栄高校内で学習塾のような講習をやったり、保護者会で進学に関する面談や保護者説明会もあります。

大学進学への進路について経験していない親に対してもとても親切に説明してくれました。

蘭栄高校は、生徒たちの夢や目標に対して親身になってくれたり、1年の時点で選択肢を狭めない努力の仕方を教えてくれました

私みたいに明確に大学に進学し、進路を決めている場合は、ぜひ進むべき高校です。

1年の時点で模試の偏差値の目標や東北大学の理系ならその上の大学狙って意識的に学習するべきだという助言をもらいました。

さらに、中学生で得意だった理科の中で特に優れている部分をより伸ばしてくれる高校です。

また、勉強だけの青春だけではなくて、部活にも思いっきり打ち込むことができる環境でした

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『室蘭栄高校』を目指す方法とは▽

室蘭栄高校のオープンスクールに参加することでわかることもある

室蘭栄高校オープンスクール

ここで1回、高校受験のときに話を戻すと、当時は絶対に室蘭栄高校に合格すると思っていました。

なので、オープンスクールがあることも知っていたし、常にチェックしていました。

もちろん、室蘭栄高校のホームページで日にちを確認することもできます。

でも、私が通っていた中学校では室蘭栄高校のオープンスクールの参加者を募るのです

私がオープンスクールに参加したときは、個人で申し込むのではなく中学校から申し込んでもらいました

オープンスクールの申し込みのとき担任に言われたことは、2種類の体験授業があるので、どちらか1つを選ぶように言われました。

オープンスクールでは、学校生活のことはもちろん大学への進学状況ことや部活動などのことに触れる説明と室蘭栄高校の紹介ビデオを見ました。

スーパーサイエンスハイスクールに指定されている高校なので勉強ばかりだと思っていましたが、部活や修学旅行などのイベントにもあり、生徒たちは生き生きしている様子だったので見終わったときわくわくしていたことを覚えています。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『室蘭栄高校』を目指す方法とは▽

室蘭栄高校の卒業生として今思うこと

室蘭栄高校卒業生

受験勉強の間で驚いたのは、国語の現代文を克服するだけで記述問題全般の成績が上がったことです

国語だけではなくて、英語の長文翻訳や社会の記述も点数源にすることができました。

そのため、数学が得意な私が、室蘭栄高校の本番入試では予想していたほど解答できず焦りました。

しかし、逆に英語の点数が上がったことで思った以上に解答することができ、入試全体の点数の底上げができたおかげ室蘭栄高校に合格することが出来ました。

長文問題は、点数の配分が高かったため、得点源にすることができたのは大きかったです。

高校受験で苦手だった、現代文を受験勉強で克服することによって大学受験でもとても役立ちました。

現在、意図に対して適切な文章を書くスピードが上がりました。加えて、端的な言葉で明確に感情を言葉にすることも可能になりました。

まとめ

・室蘭栄高校に合格するという強い意志があった
・国語の苦手意識をなくすことから始めた
・対策として、得意な分野は工夫して短時間
・資料の見方になれ、様々な角度からでも理解できるようにした
・難易度に合わせて、初見問題を解き続けることを習慣化にした
・室蘭栄高校は文武両道で、進路に関しても親身になってくれる
・オープンスクールでモチベーションが上がった
・国語の現状文を克服すると記述問題全般の成績が上がった

国語はすべての教科の中心になる教科です。

体験談でも語っているとおり、国語の現代文をしっかり理解することで問題を深く理解することができます。

これは、現代文だけではなく、数学や理科などの問題の意図もしっかり理解できるので、全体の正解率はアップにつながって行くのではないでしょうか。

実際に、国語の成績が上がれば全体的に成績が上がったとよく聞きます。

時間がなく焦る気持ちはわかりますが、1問1問を大事にしっかり理解することが大事です。

『急がば回れ』とよく言います。今から解いていく問題1問1問を大事にしっかり理解していくことを意識してみて下さい。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『室蘭栄高校』を目指す方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。