• <スポンサードリンク>

母親の受験圧力がすごくて怖い

悩み高校受験
これは僕の高校入試前の話です。押し潰されそうな時期でした。当時、僕は部活動と生徒会に所属していました。

そして、部活は夏の大会が終わるといよいよ本格的に受験勉強にシフトしていきます。

<スポンサードリンク>

担任と母親

そもそも僕たちは、高校受験が初めてなものでどういうことなのか、どうすればよいのか全く分からず、進路を決めるという大きな岐路に立されます。

しかし、実際に高校受験は必須、ほぼ全員が高校へ進学をしていくのです。

僕も悩みは、どうしたらよいか分からず、ずっと考えていたので担任に相談する事にしました。

さすが担任は、進路のベテランです。悩んでいた僕に対して現在の内申点と学力の実力を見て、地元でも入りやすい高校を進めてきました。

僕は、相談してきた内容を母親に話をすると大激怒。そんな低レベルな高校に進学したら「将来がない。」と言って進学校の変更を提案してきました。

しかし、実際今までの中学生活は、部活や生徒会が中心でほとんど勉強はしていません。

もちろん、担任は僕の成績を知っているからこそ、身の丈にあった高校を選んだのですが、母親は僕の将来を考えていないとして激怒してしまったのです。

だからといって、担任も僕の実力以上の高校を提示しても受験に失敗してしまったら進学できる高校はないと主張してくるのです。

何より一番問題は、僕自身です。家庭ではとくに母親は圧倒的な権力を誇っていたので反発なんてできるはずがなかったのですから。

母親も必至だから圧力が凄い

【笑顔咲け!】一瞬一瞬を全力で頑張るみんなの救世主!スマホ学習がゴールへの道しるべ

母親は、反発ができないまま僕の成績とは関係なくかなり高めの名門校を目標としました。

しかし、先ほども言った通り僕はほとんど勉強をしていないのでほぼ無謀に近い状態です。

そして、ここからが僕の恐怖体験始まります。

まず母親は、受験を成功させるために有名な塾に通わせようとするのですが、またこの塾でも問題が発生するのです。

レベルの高い高校専用の進学塾なので、僕の内申書をみて入塾を拒否してきたのです。

今思えば塾も会社なので、合格率が塾の成績表。今後の運営にかかわってくるのでそれはそれで当たり前で、今ならもちろん理解できます。

しかし、親は、特に母親は必至なんでそんな事お構いなしです。

何度も交渉し、「月謝は他の生徒よりも高くて良い、入塾させたいからそちらの条件を用意しろ。」とまで言い切るのです。

そんなこんなで入塾するのも大変でしたが、なんとか入ることができました。ですが、こんなやりとりを目の前で見ていた僕の心はズタズタですよね。

<スポンサードリンク>

無事合格できたけど圧力が怖かった

もともと体育会系の僕は勉学よりもスポーツが強い高校に進学したかったのに、僕の希望は無視されて進学校を受験するようになったのです。

そして、学校では担任とはうまくいかずギクシャクしますし、塾でも講師は母親の圧力で成績が悪い僕に対する当たりが強いですし、でも高校受験は迫っていますし、精神的にかなり大変でした。

それまではまったくテストの点数とか気にしない母親だったのに受験になった途端に僕の成績を監視するようになり、結果僕自身にいろんな圧力をかけたおかげで、成績は上がりました。

そして、なんとか名門校に入学することができたのです。

入学したあとの話を聞くとテストの点数はぎりぎりで、合格した決定打は、部活のキャプテンと生徒会活動、皆勤賞が合格の基準だったとの事でした。

本当に、大人からの圧力は怖いと感じる高校受験でした。

【笑顔咲け!】一瞬一瞬を全力で頑張るみんなの救世主!スマホ学習がゴールへの道しるべ



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。