高専って知ってる?高知高専に入学してから大学編入までの体験談~高知県~

高知高専体験談
高専=高等専門学校って知っていますか?

みなさんの中では、普通高校とどう違うの?

専門学校って高校卒業してから行くとこではないの?

それともまったく違う学校なの・・・とわからないことが多いのではないでしょうか。

また、一般的に専門学校は、高校を卒業して進学する教育機関だと思っている親御さんも多いはずです。

実は、高専は全国で57校あります。

確かに、高校を卒業して専門学校に進学する生徒は多いです。

でも、高専を受験する受験生たちは普通高校と同じく中学校を卒業し、普通高校と同じ時期に受験して入学します。

しかも、ほとんどの高専の偏差値は高いほうです。

地元に高専があり、なんとなくわかるけどわからない受験生や親御さんは、この体験談で高専のことが知ることができ、高専の魅力を感じることで新たな受験の選択肢が増えのではないでしょうか

また、高専を目指している受験生も入学してからの高専の生活がわかるのでは必見です。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】高専ってどんなイメージ?高知高専に入学した理由

高専イメージ
高専と聞いてどんなイメージを想像しますか?理系、ロボコン、頭いい、真面目、女子が少ない・・・などなどこのようなものではないでしょうか?

しかし、実際どうなのでしょうか?

これから受験を考えている中学生の方々には疑問な点が多いかと思われます。

確かに高専は都道府県すべてにある学校ではなく、その高専出身者は全国的に見ればかなり少ないです。

その高専という知っているようで知らないであろう受験生たちに、一体高専生はどのように生活していたのか、今回は高知高専で楽しかったこと大変だったことなどを体験談として紹介したいと思います。

まず初めに僕は、高知高専(高知工業高等専門学校)の物質工学科に入学しました。

なぜ中学校を卒業して高知高専に行こうと考えたかというと、理科や数学が得意だったからなどの世間体を気にした理由は置いといて、「同じ中学から高専に行く人が一人もいなかったから」というのが一番の理由です。

中学生の時の親友たちとは今も仲が良いのですが、その時は想像もつかない全く新しいコミュニティで暮らしてみたいと思っていました

あとは、パンフレットに載ってたお姉さんがめちゃめちゃ美人でタイプだったことや、白衣着て実験するとかめっちゃかっこいい・・・というヨコシマな理由もありました。白状します。

しかし、そのような安易な気持ちで入学したのもつかの間、高知高専に入ったら初めのころは勉強!勉強!勉強!そしてテスト!テスト!テスト!テストって大変でした・・・。

ほんとに大変でした。

単位が取れないと留年するという恐怖感は16歳くらいの歳には重荷なのです

土日も親友たちと勉強して、一日24時間のうち17時間、物理の勉強だけをしていた日もありました。

それでも物理は苦手でしたが、先輩から代々伝わる過去問という救世主によって何とかなりました。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『高知高専』を目指す方法とは▽

高専も、普通高校と同じくイベントはある

高専イベント
また、高知高専にも普通高校のように文化祭やクラスマッチなどのイベントはあり、特に私は文化祭が好きでした

部活の親友たちと屋台を出したり、仮装したりと時間を忘れて夜遅くまで作業して怒られたのもいい思い出です。

高知高専の人たちは、かなり凝り性な人が多いので、屋台の看板、ロボット、出し物、お化け屋敷などどれをとってもかなり凝り始めるので、時間があってもあっても足りないのです(笑)。

逆に、高専と普通高校が全く異なる点と言えば「研究」をするところです

1年生から実験・実習があり、5年生(高専は5年で基本卒業できる)の初めから研究室に配属されます。

同じ学科でも研究室で行われているテーマは十人十色で、より深く学んでみたいと思う分野をじっくりと考えることができます

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『高知高専』を目指す方法とは▽

<スポンサードリンク>

高専であった、あるある話があったら教えて下さい

高専卒業後
研究の忙しさはテーマによって様々ですが生物系の人たちが夜な夜な微生物を育てていて大変というのは高専あるあるなことです。

なので、生物系に行きたい人たちは覚悟を決める必要アリです。

ここでもう一つ高専あるあるなことですが、高専の先生はほんとにおもしろいです。

小学校・中学校の先生、会社員など幅広い分野の仕事をこなすことのできる方をオールラウンダーとすれば、高専の先生のような研究者は一つの分野を極めているスペシャリスト

知識も発想もこれまで会った大人とは全く違い、新しい価値観や考え方を知るきっかけにもなると思います。

ですので、親友たちとお昼休みにお弁当を食べていたりすると、絶対に一回は先生の話になることが多かったです。

また女子が少ないと思われがちな高専ですが、学科によって異なり化学科や建築科、環境などの分野では女子のほうが多いクラスも多く、僕のクラスも女子の割合のほうが多かったです。

ここまで、高専について話してきましたが、僕は研究室での生活が楽しかったので、卒業後は豊橋技術科学大学の環境・生命工学科に編入学して研究を続けました

大学に入って「高専出身です」というと「頭いいね」「優秀だね」と言われることが良くあります。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『高知高専』を目指す方法とは▽

高専に行くメリットは?

高専メリット
大学の教授の中には、高専出身の生徒を優先的に研究室に入れたいと考えている人もいることを知りました。

やっぱり高専での授業レベルは高く、優秀な高専生が多いです

しかし、だからと言って今から気後れするする必要もありません。

初めのころとテスト期間は大変ですが、それ以外の時間はそれぞれの高専生がそれぞれ好きなことを頑張ればいいじゃないかという校風は、高知高専にはありました

それは大学受験、センター試験という画一的に生徒を評価するものがないからなのかもしれません。

今思い返しても、「高専ってめちゃめちゃ自由ないい学校じゃん」と僕は思います。

自由すぎて、スポーツ選手になったり、ダンサー、芸術家、社長になっている人もいます。

つまり言いたいことは、中学を卒業して高専に入っても絶対に工学系のメーカーに入ったり研究者、技術者にならなければいけないわけでもないということです

それよりもむしろ自分の興味のあることに熱中することのできる時間を高専では得られると考えた方がよいかもしれません。

なので、もしもこれから高校受験を控えている中学生の方々が読んでいたら、自分の適性を考えて可能性を狭めるよりも自分の気になった学校をまずは受験してみるのがいいのではないかと思います。

    • もちろん、高専の就職率はかなり高く、ほぼ100%と聞きます

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『高知高専』を目指す方法とは▽

まとめ

・高専も普通高校と同じように受験して入学する
・普通高校と同じように、文化祭などイベントもある
・高専と普通高校の違いは、『研究』があること
・高専の卒業は5年間。大学への編入もできる
・技術系の就職だけではなく、多彩な進路がある

全国に高専は57校あることは説明しました。

もちろん、各高専によって、校風やイベントごとなど違いはあります。

しかし、ほとんどの高専生は必至に一般教育と専門分野の技術や知識を勉強しています。

そして、留年せずストレートで進学し5年後には様々な選択肢が選べます。

就職や大学への編入以外にも、高専でもっと学べる『専攻科』もあり知れば知るほど高専は魅力的な学校です。

今回の体験談で高知高専のことを知ることができ、少しでも魅力を感じた受験生は各高専は学校説明会も行っているので、まずは足を運んでみるのはいかがでしょうか。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『高知高専』を目指す方法とは▽

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。