【無料】英語のリスニングを毎日5分続ける勉強法で、千葉高校に合格した体験談~千葉県~

英語リスニング勉強法
英語が苦手だと思っている受験生は多いです。

その苦手な英語は何が苦手なんでしょうか?リスニング、文法、もしくは英単語を覚えていないなど受験生にとって様々です。

今回は教えてもらう英語の勉強法は、主にリスニングに特化した勉強法です。

しかも、毎日5分間だけ

さらに、このリスニングの勉強法の最大の魅力は『無料』

インターネットが使える環境があればOKです。1日5分の勉強法なので、効率を考えて『スキマ時間』を利用するのも有効的です。

ただし、毎日続けることに意味がある勉強法です。

英語のリスニングを無料でできる勉強法ですが、粗末な内容ではなくかなりしっかりした内容です。この勉強法で千葉高校に合格した合格体験談を教えてもらいます。

千葉高校を目指している受験生、英語を苦手としている受験生(特にリスニングが苦手)、社会人で英会話の一環としてリスニングを勉強した方にも必見です。

<スポンサードリンク>

英語を勉強して千葉高校を目指す

千葉高校
私は中学2年生から千葉県内公立校トップの県立千葉高校を目指し始めました。

通っていた中学校ではいつも学年3位以内で通知表の成績もよく、2年生だった私は「私ならトップ校に行ける」と思っていました。

しかし、全国模試などを受け始めると偏差値はなんと60。

第1志望の千葉高校の偏差値70は超えているので到底及ばない成績でした。

全国模試の結果がわかってすぐに、学習塾に通い始め必死に勉強を続けたところ偏差値は68くらいまで上がりました。

しかし、千葉高校を目指すには大きな問題が1つだけありました。それは圧倒的な英語力のなさでした

英語は私がずっと苦手としていた教科です。

どうにか英語の成績を伸ばしたいと思い、授業にも真剣に取り組み塾でも英語の授業を受講しましたが、一向に成績が伸びませんでした。

他の教科でカバーしていたものの、目指すトップ校に行くには苦手な教科が一つあるだけでも厳しいことを感じていました。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『千葉高校』を目指す方法とは▽

【高校受験】英語のリスニングや読解などが理解できる勉強法

abcニュースシャワー勉強法
11月まで頑張ってみたものの成績が伸びなかったことを担任の先生に伝えると、担任の先生がある勉強法を教えてくれました。

それはリスニングも読解も同時に勉強できる方法でした。

担任の先生が教えてくれたのはNHKのBS1放送の『ワールドウォッチング「ABCニュースシャワー」』という番組でした。

この番組は毎日放送されるたった5分の映像で、世界のニュースを英語で伝えてくれるものでした。

一見ただの英語放送に思えるのですが、この番組の凄さは「同じ内容を3回放送する」ところにポイントがあります。

「ABCニュースシャワー」勉強法のポイント

まず1回目は、『字幕なし』の英語で放送されます。

最初は聞き取れないことも多いのですが映像もあるため大体の内容を聞いて取れます

次に2回目は、『英語字幕付き』で放送されます。

英語字幕を見るとリスニングの英単語を殆ど聴きとることができますし、内容も大方つかむことが出来ます

そして3回目は、『日本語字幕付き』で放送されます。

一度リスニングすることのできた英単語を再度聴きとりながら日本語字幕を見ることで内容を完全に把握することができます。

驚くべきは、1~3回全て合わせて5分で番組が終了することです

この番組は見ているだけで、リスニングと読解を同時に行うことができる上、同じ英語を効率的に3回も聞くことができます

分かりにくい英単語やまだ習っていないような英単語は赤字で書かれるため区別しやすくなっています。

文章を読み、ひとつひとつの英単語を逐語訳しながら読む英語の勉強法は、英単語を暗記出来る人や英語文法に詳しい人なら効果があるのでしょう。

しかし、英語が苦手な私にとっては一つ分からない英単語があるだけで読解を進めることが出来ず難しい方法でした

このワールドウォッチング「ABCニュースシャワー」を見ながらの英語の勉強法なら、分からない英単語があっても文章の脈絡で内容を理解することが出来きました。

そして、同じような使われ方の文法を知ることでニュアンスを確認することが出来たりと、多くの効果があったのです

また、この番組はインターネットサイトで過去放送を閲覧することが出来る上、動画と共に逐語訳、対訳、キーポイント(熟語等)が記された記事が載せられています。

なので、分からない部分はじっくりと確認することも出来ました。

【参考記事】英語の基礎から応用までを家でしっかり学べる方法とは▽

<スポンサードリンク>

この勉強法で、苦手な英語を克服できた期間は?

英語克服期間
このワールドウォッチング「ABCニュースシャワー」勉強法を教えてもらってから毎日一話、必ず見続けました。

また、インターネットサイトで過去放送を見る事が出来ます。

受験勉強の息抜きを兼ねて5分間閲覧し、その後5分間で逐語訳やキーワードがまとめられた記事を確認するようにしました。

千葉高校受験本番の試験まで毎日行っていたので、この勉強法を続けた期間は2ヵ月ほどでした

本当に効果があるのだろうか・・・と思った時期もありましたが、1月の直前模試では英語がなんと92点。

しかも、リスニングと長文読解は満点でした。それまで平均70点だった私にとっては信じられないことでした。

総合偏差値も73まで上がり、入試本番では見事第1志望の千葉高校に合格することが出来ました

ワールドウォッチング「ABCニュースシャワー」との出会いは本当にささいなものでした。

しかし、私にとっては大きな一歩でした。

英語の点数が20点あがることで、第1志望の千葉高校に合格。

その後、夢をかなえるための大学を決め、その大学に行くために日々受験勉強を続けることが出来ているのです。

諦めている教科やずっと同じやり方をしている教科は、絶対に成績は伸びません。

視点を変えて、新しい勉強法を取り入れ始めてみてはどうでしょうか。

時間をかけることや、苦しい思いをすることが成績に繋がるとは限りません。

あなたにあった方法で、勉強を進めてください。

【参考記事】英語の基礎から応用までを家でしっかり学べる方法とは▽

千葉高校での勉強や部活など高校生活は?

千葉高校
千葉高校は千葉県公立トップ校の名に恥じないほど学力の高い生徒が集まっており、授業の内容も広く深く、興味の湧く授業内容が多くありました。

学力があるからこそ多くの自由が認められており、文化祭や体育祭では各クラスや学年のアイディアが多く取り入れられ活気がありました。

素晴らしい点はいくつもありますが、特に大学進学に関しては最後まで親身に付き合ってくださる先生方が多く、安心して取り組むことが出来ました

大学と連携した授業もいくつか用意されており、事前に大学を訪問して雰囲気をつかんだり、その大学の教授とコンタクトを取る事が出来たりと、他の高校にはない特典が多くあったように思います。

まとめ

・千葉高校に合格するには、英語の成績を上がる必要があった
・英語の勉強法は、『ワールドウォッチング「ABCニュースシャワー」』
・『ワールドウォッチング「ABCニュースシャワー」』でリスニングと読解力がつけた
・1回の放送が5分。5分内で、同じ内容で3回放送され復習もできた
・2ヵ月間ほど、毎日放送を見続けた
・1月の直前模試でリスニングと長文読解は満点だった
・千葉高校の生徒は、学力も高いが活気も溢れている
・大学進学に関しては、親身になってもらえる先生が多く安心して取り組むことができた

今回教えてもらった英語の勉強法は、NHKのBS番組を活用した勉強法です。

しかも、1回5分の放送で3回同じ内容を違った方法で解説してもらえるのでとても分かりやすいです

すぐに復習したことになるので理解度も上がります。

また、番組内容はニュース番組なので、もし面接入試などで聞かれる『気になるニュース』などでも役にたつのではないでしょうか。

「でも、家ではBS番組が見れない」と言われる方でも、インターネット環境があれば問題ありません。

NHKのホームページで過去の動画が『無料』で見れます。また、放送がない日は、過去の動画で復習するのも一つの方法です。

    • ※BS放送は火曜日~土曜日、再放送は月曜日~金曜日 【参考:≪abcNEWSSHOWER≫http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/abcns/index.html】

スマホでも動画再生で見ることができます。

例えば朝、通学のバスや電車などの『スキマ時間』を使って見ることもできます。

もちろん、イヤホンは使用して。また、慣れてくると音声だけでリスニングの勉強もできるので忙しい朝の準備中なども有効活用できるのではないでしょうか。

リスニングは毎日聞き続けることで、耳が慣れてきます。

また、耳から入ってきた情報を頭で理解することができれば英語は楽しくなってきます。

英語が理解できて楽しいと思えたら、きっと理解度は上がっています

無料でできる英語の勉強法ですが、もちろん内容はしっかりしていること理解してもらえたはずです。

英語の成績を上げたい、リスニング力を本気で上げたいと思っている受験生は毎日続けることが大切です

継続は力なり。ぜひ、毎日の生活習慣に1日5分、英語の勉強法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『千葉高校』を目指す方法とは▽

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。