【栃木県2020年】高校入試(特色選抜・一般選抜)日程と倍率、合格発表


【栃木県2020年】高校入試(特色選抜・一般選抜)日程と倍率、合格発表
公立高校の入試制度は各都道府県によって様々な形態で行なわれています。

日程も特定の受験日という訳ではありません。

今回は、栃木県の2020年度の入試形態と日程を中心に説明をします。

また、栃木県の公立高校の進学実績や人気ランキングも紹介していきます。

入試の予定を逆算しながらスケジュール管理していきましょう。

<スポンサードリンク>

栃木県の公立高校入試形態の日程について

入試形態
栃木県の公立高校入試は、基本的に2回行なわれます。

全日制の高校は、「特色選抜」「一般選抜」の2つの入試制度を導入しています。

他の都道府県との違いを考えると特色選抜は推薦入試に近い受験方法です。

一方一般選抜は一般入試とほぼ同様と考えて問題はありません。

特色選抜
⇒推薦入試に近い

一般選抜
⇒一般入試とほぼ同様

栃木県の公立高校の入試形態

栃木県の公立高校の入試形態は「特色選抜」と「一般選抜」の2つの入試制度が実施されています。

単純に考えると2回のチャンスがあるように思われますがちがいます。

それぞれに特徴や対策方法があります。まずは、違いを把握しましょう。

特色選抜は、先ほども説明した通り基本的に「推薦入試」に近いスタイルの制度です。

受験資格は各高校によって異なりますが、栃木県の教育委員会が受験資格を発表しています。

特色選抜の入試は、「調査書」「志望理由書」「面接」「作文・小論文」「学校独自検査」をもとに合否の選考を行なうことになっています。

「調査書」

内申書のことで栃木県では調査書と言います。

調査書には、中学校での成績はもちろんですが、中学校での部活動や委員会などのことも記載されています。

「志望理由書」

受験をする高校を何故志望するのかを事前に提出する必要があります。

面接の文章版のような感じですが、自己アピールのチャンスだと考えましょう。

「面接」

個人面接と集団面接がありますが、高校によってどちらかを行なう高校と両方実施する高校があります。

特色選抜の面接対策は充分に備えておきましょう。

「作文・小論文」

受験校によって作文と小論文のどちらかが必要になります。

文字数と時間を考えると難易度は高いとは言えませんが、事前の訓練しておく必要があります。

「学校独自検査」は、高校独自の入試方法になります。

学校独自の学力検査や実技を行なう高校もありますので、学校独自検査に関しては事前に確認をしておきましょう。

一般選抜は、学力検査と調査書が基本となっていますが、一部の高校では面接や実技も実施されています。

学力検査は、英語・国語・数学・社会・理科の主要5科目です。

学力検査と調査書の参考比率は高校によって異なりますが、学力調査90%:調査書10%という高校もあれば、50%:50%という高校もあります。

学力検査と調査書の比率に関しては、他の都道府県と同様に進学校と呼ばれる難関公立高校になるほど学力検査の比率が高くなる傾向です。

栃木県の公立高校の入試日程

栃木県公立高校の2020年度入試日程を掲載しておきます。

試日程の詳細に関しては、中学校や高校の受験説明会などで確認をすることをオススメします。

栃木県公立高校入試・特色選抜の日程

■願書等提出期間:
2020年1月30日(木)~1月31日(金)

■特色選抜入試日
2020年2月6日(木)・2月7日(金)
※面接を1日間で行なう高校は2月6日に実施

■合格内定者発表日
2020年2月13日(木)

栃木県公立高校入試・一般選抜の日程

■願書等提出期間:
2020年2月19日(水)~2月20日(木)

■出願変更期間
2020年2月25日(火)~2月26日(水)

■受験票交付期間
2020年2月27日(木)~2月28日(金)

■一般選抜入試日
2020年3月5日(木)

■合格者発表日
2020年3月11日(水)

上記の日程にある通り栃木県の公立高校入試には、出願校を変更できる期間が設けられています。

これは他の都道府県でも取り入れていますが、受験者同士の駆け引きになります。



>>>今、行動すれば間に合う!公立高校を諦めたくない生徒はコチラ

栃木県の私立高校はどうなっているのか?

栃木県の公立高校で偏差値が高いと言われている高校は、「宇都宮高等高校(男子)」「宇都宮女子高等学校(女子)」「宇都宮東高校(共学)」が上位3校です。

一方私立高校も幅広い選択肢があります。

高校野球で有名な作新学院や國學院や日大といった首都圏でも知名度の高い附属高校があります。

もちろん、甲子園を目指すのであれば作新学院などの野球強豪校という選択肢もありますが、一般的には公立高校を本命にするので私立高校を併願にしています。

宇都宮高校を本命にしている受験生は、作新学院トップ英進部や國學院大學栃木・佐野日大などを併願校としているようです。

【高校入試対策】栃木県で実施されている模試とは?

学力テスト高校受験
栃木県の公立高校入試対策で利用されている模試は下野新聞社が主催となっている下野模試が最も有名です。

ここでは、栃木県で実施されている下野模試についての説明になります。

栃木県の高校受験には必須の模試です。

栃木県で実施される入試対策につながる模試とは?

首都圏には、公立高校受験者向けと難関私立向けの模試が存在します。

栃木県にもいくつかの模試がるようですが、公立高校入試向けの信頼度を考えると下野模試になります。

他にも新教研が主催の「栃木県進学模試」がありますが、団体申し込みか個人受験は自宅での受験になるようです。

下野模試と進学模試のどちらも入試対策に利用されているようですが、受験者数が多いという意味では、下野模試の方が偏差値などの信頼性は高いです。

下野模試の日程

下野模試の日程は、中学1年生は3月に1回模試があります。

中学2年生は8月と3月に模試があるので、双方とも少なめですが、要所をおさえるという意味では無難な日程です。

中学3年生は、年間6回の模試があります。

「6月・8月・10月・11月・12月・1月」となっていますが、受験生として本格的にスタートをする8月以降に集中しているのは良いバランスです。

模試の偏差値の信頼性と考え方

高校受験に関わらず中学受験や大学受験でも会場模試をできるだけ受けることをオススメします。

緊張感という意味もありますがモチベーションの維持にも大切なことです。

試験会場の緊張感が試験慣れにもつながってきます。

下野模試に関わらず公立高校の入試対策向けの模試の偏差値は信頼性が高いと言われています。

首都圏の模試でも言えることですが、信頼度の高さは公立高校向けの模試だと思います。

大学受験は受験大学によって模試の難易度とのバランスがおかしい出題がどうしても多くなってしまいます。

そのため大学センター試験を意識した模試になります。

多くの受験生は、センター試験に集中していうのは国公立を受験する受験生と併願対策の私立大学が多くなります。

一般試験で私立大学を考えている受験生には模試の問題が決して良問だとは言えません。

中学受験に関しても三大模試と言われる模試がありますが、その難易度にもバラツキがありますし、何よりも受験をするのが小学6年生なので、当日の体調などで得点率も大きく変動します。

その点、公立高校入試向けの模試は、公立高校の入試を意識しています。

偏差値の母体数となる受験生も多いので参考になる数値だと考えられます。

<スポンサードリンク>

2019年、公立高校(特色選抜)の倍率が発表

2019年2月1日、栃木県のホームページで特色選抜の倍率が発表されました。

   
特色選抜
学 校 名
・学科
・割合
・人数
定員募集
出願人員
男/女
倍率出願
宇 都 宮
普通
10%
28
280
47/0
1.68
宇都宮東
普通
100%
55
*160
44/25
1.25
宇都宮南
普通
30%
96
320
50/87
1.43
宇都宮北
普通
10%
32
320
47/36
2.59
宇都宮清陵
普通
20%
48
240
26/48
1.54
宇都宮女子
普通
10%
28
280
0/45
1.61
宇都宮中央女子
普通
10%
24
240
0/57
2.38
総合家庭
20%
40
0/26
3.25
宇都宮白楊
農業経営
30%
12
40
9/17
2.17
生物工学
30%
12
40
11/13
2
食品科学
30%
12
40
3/27
2.5
農業工学
30%
12
40
16/1
1.42
情報技術
30%
12
40
27/3
2.5
流通経済
30%
12
40
10/16
2.17
服飾デザイン
30%
12
40
0/28
2.33
宇都宮工業
機械システム
20%
24
120
54/1
2.29
電気情報システム
20%
16
80
22/1
1.44
建築デザイン
20%
8
40
20/7
3.38
環境建設システム
20%
16
80
33/4
2.31
宇都宮商業
商業
30%
60
200
45/98
2.38
情報処理
30%
24
80
31/14
1.88
鹿 沼
普通
20%
48
240
51/61
2.33
鹿 沼 東
普通
30%
60
200
42/50
1.53
鹿 沼 南
普通
20%
16
80
9/22
1.94
食料生産
20%
40
7/5
1.5
環境緑地
20%
40
6/7
1.63
ライフデザイン
30%
12
40
1/24
2.08
学 校 名
・学科
・割合
・人数
定員募集
出願人員
男/女
倍率出願
鹿沼商工
情報科学
20%
40
15/1
2
商業
30%
36
120
11/52
1.75
今 市
総合学科
20%
40
200
26/59
2.13
今市工業
機械
30%
24
80
32/0
1.33
電気
30%
12
40
8/0
0.67
建設工学
30%
12
40
14/7
1.75
日光明峰
普通
30%
24
80
14/7
0.88
上 三 川
普通
20%
32
160
16/35
1.59
石 橋
普通
20%
48
240
58/74
2.75
小 山
普通
20%
40
200
46/37
2.08
数理科学
20%
40
4/6
1.25
小 山 南
普通
30%
24
80
16/20
1.5
スポーツ50%
40
80
52/17
1.73
小 山 西
普通
20%
40
200
24/49
1.83
小山北桜
園芸科学
20%
40
4/4
1
造園土木
20%
40
13/0
1.63
建築システム
20%
8
40
7/0
0.88
総合ビジネス
20%
40
6/8
1.75
生活文化
20%
40
0/24
3
小山城南
総合学科
20%
40
200
13/81
2.35
栃 木
普通
20%
48
240
87/0
1.81
栃木女子
普通
10%
24
240
0/76
3.17
栃木農業
植物科学
20%8
40
9/8
2.13
動物科学
20%
40
8/24
4
食品科学
20%
40
6/18
3
環境デザイン
20%
40
14/3
2.13
栃木工業
機械
30%
24
80
52/0
2.17
電気
30%
12
40
12/0
1
電子情報
30%
12
40
21/3
2
学 校 名
・学科
・割合
・人数
定員募集
出願人員
男/女
倍率出願
栃木商業
商業
30%
48
160
20/72
1.92
情報処理
30%
12
40
12/18
2.5
栃木翔南
普通
20%
40
200
16/68
2.1
壬 生
普通
30%
48
160
13/46
1.23
佐 野
普通
100%
55
*160
30/33
1.15
佐 野 東
普通
20%
40
200
33/69
2.55
佐野松桜
情報制御
30%
24
80
37/1
1.58
商業
30%
24
80
12/43
2.29
家政
30%
12
40
0/19
1.58
介護福祉
30%
9
30
4/26
3.33
足 利
普通
20%
32
160
66/0
2.06
足 利 南
総合学科
30%
48
160
18/80
2.04
足利女子
普通
20%
40
200
0/94
2.35
足利工業
機械
30%
24
80
54/1
2.29
電気
30%
12
40
14/0
1.17
産業デザイン
30%
12
40
4/32
3
電子機械
30%
12
40
14/0
1.17
足利清風
普通
30%
24
80
25/39
2.67
商業
30%
24
80
9/28
1.54
情報処理
30%
12
40
6/7
1.08
真 岡
普通
20%
40
200
54/0
1.35
真岡女子
普通
20%
40
200
0/72
1.8
真岡北陵
生物生産
20%
40
11/5
2
農業機械
20%
40
13/1
1.75
食品科学
30%
12
40
3/16
1.58
総合ビジネス
30%
12
40
3/13
1.33
介護福祉
30%
9
30
2/9
1.22
真岡工業
機械
30%
12
40
23/0
1.92
生産機械
30%
12
40
24/0
2
建設
30%
12
40
20/3
1.92
電子
30%
12
40
11/1
1
学 校 名
・学科
・割合
・人数
定員募集
出願人員
男/女
倍率出願
益子芳星
普通
20%
32
160
18/48
2.06
茂 木
総合学科
20%
32
160
23/41
2
烏 山
普通
30%
60
200
47/35
1.37
馬 頭
普通
20%
16
80
8/7
0.94
水産
30%
7
25
10/0
1.43
大 田 原
普通
20%
48
240
54/0
1.13
大田原女子
普通
20%
40
200
0/89
2.23
黒 羽
普通
30%
48
160
29/28
1.19
那須拓陽
普通
30%
24
80
19/20
1.63
農業経営
30%
12
40
16/15
2.58
生物工学
30%
12
40
20/7
2.25
食品化学
30%
12
40
6/10
1.33
食物文化
30%
12
40
2/36
3.17
那須清峰
機械
30%
12
40
16/0
1.33
電気
30%
12
40
15/0
1.25
電子機械
30%
12
40
19/0
1.58
建設工学
30%
12
40
23/1
2
情報技術
30%
12
40
17/3
1.67
商業
30%
12
40
0/32
2.67
那 須
普通
30%
36
120
20/11
0.86
リゾート観光
30%
12
40
8/10
1.5
黒 磯
普通
20%
40
200
36/56
2.3
黒 磯 南
総合学科
30%
48
160
31/75
2.21
矢 板
農業経営
30%
12
40
16/18
2.83
機械
30%
12
40
23/0
1.92
電子
30%
12
40
14/0
1.17
栄養食物
30%
12
40
8/10
1.5
介護福祉
30%
9
30
5/16
2.33
矢 板 東
普通
100%
90
*160
27/41
0.76
高 根 沢
普通
20%
16
80
12/15
1.69
商業
30%
36
120
17/28
1.25
さくら清修
総合学科
30%
72
240
48/81
1.79

補足

宇都宮東、佐野、矢板東の募集定員には、それぞれの附属中学校からの内部進学者が含まれています。

予定している募集定員数は、宇都宮東・佐野(55名)、矢坂東(90名)

    • 参考『栃木県「http://www.pref.tochigi.lg.jp/m04/h31koukounyuusi/documents/h31tokusyokuakaigaisyutugann.pdf」』



>>>今、行動すれば間に合う!公立高校を諦めたくない生徒はコチラ

栃木県で偏差値の高い公立高校トップ3の進学実績

進学実績高校受験
栃木県の偏差値の高い公立高校の上位3校の進学実績を紹介しておきます。

偏差値はその年度によって変化をするので、一概に言えない部分もあります。

【2018年度】公立高校の国公立難関大学(東大・京大)合格実績

東大合格が全てではありませんが、やはり難関大学となると東大・京大になります。

 
東京大学
京都大学
宇都宮高等学校(男子)
9
4
宇都宮東高等学校(共学)
4
2
栃木高等学校(男子)
1
0

【2018年度】公立高校の国公立大学合格実績

 
東京工業大学
一橋大学
千葉大学
横浜国立大学
筑波大学
東京外国語大学
宇都宮高等学校(男子)
3
5
12
2
4
-
宇都宮東高等学校(共学)
1
0
6
1
4
3
栃木高等学校(男子)
0
0
3
2
3
1
-:不明

【2018年度】公立高校の「早稲田・慶應・上智・東京理科」合格実績

 
早稲田大学
慶應大学 
上智大学
東京理科大学
宇都宮高等学校(男子)
29
26
5
45
宇都宮東高等学校(共学)
13
3
3
18
栃木高等学校(男子)
18
8
7
22

【2018年度】公立高校のGMARCH合格実績

 
学習院大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学
宇都宮高等学校(男子)
-
26
5
6
28
12
宇都宮東高等学校(共学)
5
27
11
7
26
14
栃木高等学校(男子)
-
29
7
10
26
27
-:不明

栃木県の公立高校。男女別人気ランキング3

人気ランキング高校受験
栃木県の公立高校を総合的に見た人気ランキングを紹介します。

人気ランキングと言っても、個人の好みもありますので受験校を決めるときは自分にあった高校を選択しましょう。

人気ベスト3
NO.1
NO.2
NO.3
男子公立高校
栃木高等学校
宇都宮高等学校
足利高等学校
真岡高等学校
女子公立高校
宇都宮女子高等学校
足利女子高等学校
大田原女子高等学校
共学公立高校
宇都宮東高等学校
石橋高等学校
宇都宮白楊高等学校

栃木県の公立高校人気ランキング【男子校編】

1位:栃木高等学校
栃木高等学校は、栃木県の公立高校で偏差値が第3位です。

大学進学率も高く東京大学をはじめ私立大学では早慶をはじめ首都圏の難関私立大学合格者を多数輩出しています。

2位:宇都宮高等学校
宇都宮高等学校は、栃木県で私立を含めても偏差値が堂々のトップです。

大学進学実績も東京大学・京都大学をはじめ、難関国公立や早慶などの難関私立大学合格者が多数となっています。

3位:足利高等学校
栃木県には男子校が5校となっているので、3位の2校は上位という訳ではありませんが、大学進学実績は決して悪くありません。

首都圏のGMARCHクラスを中心に多数の合格者を輩出しています。

3位:真岡高等学校
真岡高等学校は、足利高等学校とほぼ同等の人気となっています。

進学実績も首都圏難関私立をはじめ中堅校への合格者が多く申し分のない実績です。

栃木県の公立高校人気ランキング【女子校編】

1位:宇都宮女子高等学校
自由な校風が人気の宇都宮高等学校は人気だけでなく、進学実績も文句のない実績となっています。

東大・京大の難関国公立をはじめ早慶GMARCHといった難関私立大学の合格者も多数輩出しています。

2位:足利女子高等学校
足利女子高等学校は、部活動の成績が良く全国レベルの部活も存在します。

大学進学実績はさほど高くはありませんが、医療系の大学が多くなっています。

3位:大田原女子高等学校
大田原女子高等学校は女子進学校の中でも部活動に力を入れている高校です。

大学進学実績は、GMARCHクラスや医療系大学に実績がある進学校になっています。

栃木県の公立高校人気ランキング【共学校編】

1位:宇都宮東高等学校
宇都宮東高等学校は、中高一貫校の進学校です。人気はもちろんですが、大学進学実績も高く東大・京大をはじめ多くの国公立や難関私立大学への合格実績があります。

2位:石橋高等学校
石橋高等学校は歴史のある共学校で、栃木県公立高校の偏差値は上位5番目となっています。

大学進学実績も旧帝大クラスをはじめ早慶などの難関私立大学の合格者もいます。

3位:宇都宮白楊高等学校
宇都宮白楊高等学校はこれまでに紹介をしてきた高校と比べると明らかに大学進学実績は高いとは言えませんが、入学後の「伸びしろ」は評価されています。



>>>今、行動すれば間に合う!公立高校を諦めたくない生徒はコチラ

まとめ

栃木県の公立高校入試の入試形態や日程を中心に説明しました。

栃木県の公立高校は入試形態が独特ですが、実際の内容は他の都道府県と大きな違いがあるとは思えません。

公立高校の進学校は東大・京大をはじめ多くの国公立や難関私立大学への合格者を多数輩出している高校が多くなっています。

偏差値や進学実績が全てではありませんが、自分の志望校に合格をしたいのであれば、やはり内申点は重要ですし日頃の学習が合格への最短距離になります。



>>>今、行動すれば間に合う!公立高校を諦めたくない生徒はコチラ

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。