湘南高校の進学実績に注目。2018年、湘南高校に行きたい中2の長男と高校説明会に参加~神奈川県~

湘南高校学校説明会
今回、神奈川県にお住いのTさん夫婦と長男さん3人で2018年度の湘南高校の学校説明会に参加した体験談を教えてもらいます。

Tさん親子は将来、難関大学に進学することを視野に入れて、高校受験に挑戦していく考えです。

だから、親子で真剣に高校受験に向き合っています。

ここで簡単に湘南高等学校の紹介をします。

湘南高校は、神奈川県の公立高校です。

大正9年に湘南中学校として設立し、昭和23年現在の湘南高校に改称されました。多くの著名人を輩出していることでも有名です。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】なぜ、湘南高校の学校説明会に参加したのですか?

難関大学
家内と中学校2年になる長男、それと私の3人で神奈川県の湘南高校の高校説明会に参加しました。

湘南高校は神奈川県でも有数の進学校。

東京大学、京都大学、そして有名な難関私立大学には毎年現役で多くの生徒さんが進学しています。

元東京都知事をはじめ、政界、財政界でもたくさんの著名人を輩出している名門高校です。

なので長男の将来を考えると、私と家内は是非、自分達の長男を湘南高校に通わせたいと考えていました。

また長男自身は子供の頃から海が大変好きで、特に湘南の海にはよく遊びに行っていました。

長男もそんな慣れ親しんだ湘南の海に近い高校で学びたいと考えています。

湘南高校の学校説明会はどうやって申し込みされましたか?

学区説明会応募
湘南高校の高校説明会の申し込みは往復はがきで行いました

最近では公立の高校でも、学校説明会はインターネットで申し込む方法が多いのですが、湘南高校は今でも往復はがきというアナログなやり方をしているようです。

この往復はがきが何か、逆にとても親近感を感じてしまいました

<スポンサードリンク>

湘南高校の学校説明会では、どんな服装で行きましたか?

服装
高校説明会の当日、長男は今通っている中学校の制服で行きました。

高校説明会が行われた当日は休日でしたので、私服で来る生徒もいるかな?と思っていましたが、どの生徒さんも学校の制服で来られていたようです

学校説明会は選考の場ではありません。

ですので、私も家内もある程度はカジュアルな服装でも良いかなと思っていました

当日、私は襟付きのシャツに、下はスラックス、家内はブラウスにタイトスカートという服装で出席しました。

周りの父兄を見渡すと、みなさん同じような感じの服装であまり奇抜な格好をした保護者はいませんでした。

そこはやはり有名進学校の高校説明会だなと思った次第です。

学校説明会であったら便利な持ち物は?

持ち物学校説明会
高校説明会には筆記用具はもちろん、大きめなカバンを持っていくと良いと思います

学校説明会ではたくさんの資料が配られるものです。

ですので、そういった資料がきちんと入れられるようなカバンは必須です。

私は念の為スリッパを持参しました

学校説明会の会場では参加人数が多いため、学校側でスリッパを用意していない場合があります。

けれども、湘南高校の説明会では生徒分はもちろん、父兄用にもスリッパは用意されていました

学校説明会ではどんな内容が説明されていましたか?

説明高校受験
学校説明会では進学実績や、大学受験に向けた学校の取り組みについて、私は熱心に話を聞きました。

特に進学実績では直近5年くらいにおける東京大学、京都大学などの国立大学への進学実績、そして現役で合格する比率などに注目していました。

学校説明会で印象に残ったことはそういった進学実績に加え、有名大学への進学対策について詳しく先生がお話をしてくださり、そういった事から進学体制には特に力を入れているんだなという事でした

最近では神奈川県の公立学校でも中高一貫高がとても人気です。

湘南高校では中高一貫校を意識して有名大学への進学対策にはますます力を入れているんだなと私は感じました

とても感心したのは、3年間における勉強のカリキュラムです。

基礎的な事は3年間のうち、早い時期に全てを習得してしまうようです。

その後の時間はまさに有名大学の受験に向けた実践的な勉強を中心にしていくようで、その体制にはとても心強く感じた次第です

親目線で見て、気付いたことはありますか?

親目線
高校説明会には現役の湘南高校生とお話をすることが出来ました。

みなさんとてもしっかりとしています

親の目線からするとこのようにどの生徒もしっかりとしているのは、やはり湘南高校の教育の賜物なんだろうなと思えてくるのです。

生徒たちは、日頃から勉強にしっかりと取り組んでいるのは間違いないでしょうが、見た感じ、勉強だけが人生の全てではないということをきちんと理解しているようにも見えました。

実際、学校の先生の話によると、湘南高校は生徒の考えを尊重することを旨とし、なんでも頭ごなしに大人が決めてしまうようなことはしないとのことです

そのような環境では生徒たちは、常に自分の頭で考えるようになります。

そして自分の将来のために今、自分が何をしなければならないのか、自分の事として考えるようになるとも先生はおっしゃられていました。

なるほど、実際に湘南高校に通われている生徒たちは、先生のその言葉のとおり自分の将来をしっかりと見つめているようにも見えました。

私と家内は親としてそんな学校に自分の子供を通わせたいと真剣に思うようになったのです

学校説明会に参加してびっくりしたことはありましたか?

びっくりしたこと学校説明会

高校説明会に参加して、とにかく意外だったのは、学校の雰囲気がイメージしていたこととは少し違っていたことです。

具体的には学校の雰囲気がとても自由な校風だということです

進学校と言うと何か、凝り固まったカリキュラムの中、生徒達にギュウギュウと押し込めるような教育をしているんじゃないかと心のどこかで不安に思っていました。

しかし、実際にはそんなことはないようです。基本的に生徒たちの考えを尊重して、自立を促す校風であるという事が、私と家内にはとても新鮮に見えました

また、勉強だけしかしない高校ではなく、文武両道といった雰囲気がある事もわかりました。

その校風のせいか、湘南高校の生徒はみなさん、とてもいきいきとしているように私には見えたのです。

この高校説明会を通して私と家内、そして長男は湘南高校の良き校風をきちんと理解出来たように思います。

長男は既に湘南高校を受験する意思を固めたようです。後はその目標に向かって親子共々、頑張るだけです。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『湘南高校』を目指す方法とは▽

まとめ

・湘南高校の学校説明会に参加した理由は、親として将来、難関大学に進学させたいから
・湘南高校の学校説明会の申し込み方法は、往復はがき
・学校説明会の服装は、長男は制服。親はカジュアルな服装
・持ち物は、筆記用具と大きめなカバン。念のために、スリッパ
・学校説明会で特に印象に残った説明は、進学対策や進学体制に力を入れていること
・親目線で気づいたことは、生徒1人1人がしっかりしていること
・進学校だから、勉強だけだと思っていた。しかし、文武両道で自由な校風だったのでびっくりした

高校受験は、受験する本人はもちろん大変ですが将来のことを一緒に考えたり、体調管理や勉強しやすい環境を作るなどサポートする両親も神経を使い大変です。

そういう意味で高校受験は親子で挑戦していく1つの大きな試練です。

今回、Tさん夫婦は中学2年生の長男さんをつれて学校説明会に親子で参加するという行動はとても素晴らしいです。

湘南高校は神奈川県の中でもトップクラスの公立高校です。

少しでも早く受験対策をすることで合格率はグンと上がります。

しかし、同時に勉強疲れも来やすい。

そんなときは、今回みたいに親子で学校説明会に参加することで高校生活が見え、実感できることでまたやる気になれます。

近い将来お世話になる高校になるかもしれないので、中学2年生のときから参加できるのならぜひ参加するのも良いのではないでしょうか。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。