唐津東高校の学校説明会で安心!?卒業して大学に進学したい長女と出身の親【親子の体験談】~佐賀県~

唐津東高校学校説明会
今回、佐賀県に在住のSさん親子が唐津東高校の学校説明会に参加したときの体験談を教えてもらいます。

Sさんは唐津東高校の卒業生です。

だから、長女さんには進学してほしいという思いもあり今回学校説明会に参加したそうです。

ここで簡単に唐津東高等学校の紹介をします。

唐津東高校は、佐賀県の公立中高一貫校です。

教育の基本は、社会に貢献できる優れた知性と豊かな心に満ちて、心身ともに健康で人材を育成することを方針としてあげています。

また、毎年多くの生徒を難関大学や国立大学へ進学させていると同時に、部活動も活動的で『文武両道』として有名な高校です。

私は長女を連れて、親子で佐賀県立唐津東高校の学校説明会に参加しました。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】なぜ、唐津東高校の学校説明会に参加したのですか?

大学高校受験

最近、私立高校の早稲田唐津校が開校しましたが、唐津東高校は昔からの進学校であり、公立高校でもあるため親子ともに志望しています。

また、両親ともに唐津東高校の卒業生でもあるため、他校を選択肢に入れることもありませんでした。

やはり両親が卒業した唐津東高校だから学校を知っている分、安心感があります。

また、長女が希望している大学へ同校から多くの入学者がいることも志望した一因です。

学校説明会の前に同校のホームページを見ていたら、進学実績が細かく掲載してあり、それを見た長女は自分の将来の夢のために受験することを意識したようでした。

説明を聞くためだけではなく、気持ちを新たにするきっかけにもなったと感じています

学校説明会の予約の仕方は?どんな服装で行きましたか?

服装高校受験
唐津東高校の学校説明会に参加するにあたって、中学校を通じて出席希望書を提出しました。

当日は、長女は学校の制服、母である私はスーツを着用し出席しました

長女の友人の母は、普段着で出席すると言っていましたが、私はスーツを着ていくことにしました。

結局その方もフォーマルな服装をして出席していました。

全体ではきちんとしたカジュアルスタイルの人が多かったのですが、チラホラと普段着の人もいました

普段着でも特に問題はなさそうでしたが、やはり私はスーツで参加してよかったと思っています。長女もいつもと違う私から真剣さを感じ取ったようでした。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『唐津東高校』を目指す方法とは▽

<スポンサードリンク>

学校説明会でどんな持ち物と持っていきましたか?


持ち物として、私はメモ帳を持参しましたが、唐津東高校から説明文書が配られましたのでメモはその説明文書に書き込みました。

ほとんどの人がそうだったと思います。

スマホで内容を録音しようかとも考えていましたが、そこまで難しい説明ではなかったため録音はしませんでした

隣の方は膝にスマホを置いていたので、もしかしたら録音されていたのかもしれません。

また、私は他人が履いたものを履くのが苦手なので、2人分のスリッパを持っていきました。

唐津東高校の学校説明会で、印象に残った内容はありましたか?

印象高校受験
受験の手続きなどについての説明と、進学実績、学習方法、部活、校風などについてみっちりと話がありました

特に学習と部活については厳しく指導されているようで、『文武両道』という言葉をよく聞きました。

これは私が在校していたころから言われていたことで、懐かしく感じました。

勉強だけではなく、部活も一生懸命にやりましょうという校風です

学習については自主性も重んじながら、唐津東高校でも時間を確保したりと、親としては安心できる内容でした。

この点は任せられる高校だと感じました。

やはり子供たちだけに完全に任せては学習時間の確保ができないこともあります。

親からの質問もこの点についてはほとんどありませんでした。

印象としては、唐津市では公立で唯一の進学校ですので、やはり学校・生徒・親ともに真剣でした。

大事な3年間を過ごし、将来への大きなステップのための高校ですので、親としてもしっかりと話を聞きました。

長女もこの唐津東高校の学校説明会の後からは、受験に対する気が引き締まったようです

数日間は、学校説明会当日の話をよくしていました。

親が理解しておけばいい内容についても聞いてきましたので、受験するために落ち度があってはいけないと感じているようでした。

唐津東高校の先生方の印象ですが、意気込みを肌で感じることができました。

元々、志望していた高校でしたので、より一層良い印象をもちました。

やはり教育をする側の姿勢は、とても重要です。

特に学習について唐津東高校は、きちんとしたビジョンを持って教育されているように感じました。

また、長女の先輩となるはずの在校生たちの様子もとても好印象でした。

学校説明会の日は、たくさんの方が来ていたのですが、唐津東高校の在校生たちはきちんと挨拶をしていました。

部活の服装でしたが、だらしないようなことがなく、きちんとしたウェアを着ていました。

挨拶をしているのは学校説明会の日だけではないことも知っていましたので、常識のある生徒たちが育っているのだと思いました。

長女も入学したら同じようにできるのか不安を感じもしましたが・・・。

唐津東高校の学校説明会では、来ていた親たちもほとんどの方が丁寧な方ばかりに見えました。

中学校での集りの際などには、生徒たちよりも親の私語が多いこともあるのですが、学校説明会当日は皆真剣で、大きな声で会話している姿は見ませんでした。

唐津東高校を受験する生徒たちもとても利発に見え、嬉しくもあったのですが、長女がこの人たちを相手に受験に合格できるか心配にもなりました。

入学した後も、勉強のライバルたちがこれまでの中学校の同級生とは違いますので、頑張っていけるか不安でもあります。

高校生の3年間はとても重要な期間ですので、子供たちに合った学校を選ぶことは大切です。

まだまだ長女だけに任せることはできません。

時々「○○ちゃんが行く高校に一緒に行こうかな」などと言うこともありますので、心配は尽きません。

長女にとって高校受験が何となくの印象だけではなく、志望が明確になったようです。

大変有意義な学校説明会でした。後は受験に合格するだけです。

まとめ

・唐津東高校の学校説明会の申し込み方法は、中学校を通じて出席希望書を提出
・服装は、母親はスーツ、長女は制服で参加した
・持参したのは、メモ帳とスリッパ
・学校説明会で説明された内容は、進学実績、学習方法、部活、校風など
・唐津東高校の教育方針は、文武両道。特に学習に関してはきちんとしたビジョンがあった
・学校説明会で、受験勉強に対する気が引き締まった
・唐津東高校に入学後の不安がなくなった

親として知っておきたいポイントは、その高校に入学した後、子どもがどのような教育を受けて成長していけるかに尽きるのではないでしょうか。

高校に通う期間は、子どもにとってとても大事な期間で、たくさんのことを吸収し成長する期間です。

その多くは学校から学ぶと思います。

なので、学校説明会や文化祭、体育祭などその高校を見ることができる機会に子どもだけではなく親子で参加することで見えてくることは多いはずです。

将来お世話になるかもしれない高校だったら尚更です。

今回、Sさんは唐津東高校の出身なので学校のことは理解しているはずです。

でも、改めてこの学校説明会に参加することで、印象に残るほどすばらしいことや当時の記憶などで比較ができ、長女さんを安心して唐津東高校にお願いできると思えたのではないでしょうか。

【参考記事】費用が高い学習塾。高い塾代を払わなくても『唐津東高校』を目指せる学習法とは▽

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。