• <スポンサードリンク>

教える勉強法で佐倉高校に合格した体験談。友情と復習で成績アップ~千葉県~

佐倉高校
今回は、佐倉高校を受験するとき取り入れていた勉強法とモチベーションを維持した体験談を教えてもらいます。

ほとんどの生徒は、中学3年生の夏休みくらいまでは部活に専念していると思います。

なので、部活を引退したあとからどうのように受験勉強を進めていくかがとても大事です。

ここで簡単に佐倉高等学校の紹介をします。

佐倉高校は、千葉県の公立高校です。

歴史はながく寛政4年(1792年)佐倉宮小路町に創設し、移転や校名変更などを繰り返して現在の佐倉高校になりました。

また、文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されています。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】佐倉高校に行きたいと思った理由は?

受験理由
志望校は千葉県立佐倉高校でした。

佐倉高校は偏差値70くらいの進学校で、千葉県内でもっとも歴史がある高校でした。

学校説明会に行った際にとても良い雰囲気の学校でしたので、この佐倉高校に行きたいと思うようになりました。

苦手な教科の勉強法に出会ったきっかけは?

自習高校受験
私が取り組んでいた勉強法に出会ったは、近所ある学習塾に通い始めてからでした。

部活動をしていたため中学3年生の夏ごろから通い始めました。

苦手な教科は国語でした。

その勉強法というのは、勉強が私よりできる学習塾の生徒に刺激を受け、競うように学習することでした。

その学習塾は私の親友から紹介されて入ったため、もともと知り合いがいました。

授業がない日も誰か親友を誘って自習しに行くことも多々ありました。

単純なことかもしれませんが、中学生という時期は勉強が身に入らない生徒もたくさんいます

【参考記事】国語の基礎から応用までを家でしっかり学べる方法とは▽

<スポンサードリンク>

中学生ならではの勉強法ってあるのですか?

塾高校受験
そこで、親友とゲーム感覚で模試の成績を競い合うなどすることでモチベーションを保つことができました

その学習塾の授業スタイルは10人程度の集団授業でレベル分けされていました。

私は3つあるクラスの真ん中に配属されていました。

少ない生徒数であったため先生と生徒が近い距離で授業を行っていた点がとてもよかったです。

質問もしやすかったですし、先生は生徒一人一人のレベルを把握していました。

もし、学習塾に通うのであれば私は、少人数の集団授業をおすすめします。

逆に個別指導の塾や家庭教師はあまりおすすめしません。

というのも、この二つは大学生のアルバイトで教えてしたりするので、そこまで教え方が上手でなかったり、知識不足であることが多いです

さらに私の通っていた学習塾では授業中に問題を解いて、その問題の解説をしていくことが多かったです。

そのおかげで予習を忘れた時でも有意義な時間を過ごすことができました

他には学習塾でもらったテキストの復習をかかさずに行っていました。

復習はとても大事で、やりっぱなしにしていては覚えられるもの覚えられません

【参考記事】国語の基礎から応用までを家でしっかり学べる方法とは▽

成績がアップし始めた時期はいつくらいですか?

成績アップ高校受験
成績が上がり始めたと実感できるようになったのは中学3年生の秋ごろで、同じ問題集を何度も解き続けることが成績アップにつながりました

似たような問題が出てもこの問題はどう解けばよいかわかるようになります。

高校受験レベルの問題であればある程度パターン化されていますので、そのパターンを理解してしまえば初めて見る問題でも前に解いたことのある問題と結びつけて答えを導くことができます

このように親友と競い合いながら勉強して成績が上がったときはとてもうれしかったですし、達成感が得られました。

学習塾の先生にも少しづつ成績があがってきているから、その調子で頑張ろうとアドバイスもしてもらいました。

通っていった塾は、日ごろから近い距離で授業を行っていたため、先生からのアドバイスは適格でしたし、相談もしやすかったです。

身近な先生であったり勉強のできる親友にわからないことを聞いてみるのもとてもいいです

また、親友に自分で教えてみるのもとても良いです。

なぜならば、人に教えるということは自分でしっかりと理解していないとうまく教えられないからです。

自分で理解していると思っていたところがじつは理解しきれていなかったというのはざらにあります

その対策として、ぜひ 人に教えるという勉強法を取り入れて欲しいです

高校受験が終わってから、このような人に教える勉強法を少なくとも中学3年生の春ごろからできていれば、もっと成績に余裕があったのかなと思います。

しかし、部活動をやっている人も多いと思いますので、部活からの受験モードに切り替えを早くできれば、それでもいいと思います。

この勉強法をするようになってから自分でも見てわかるように偏差値が上がってびっくりしました

【参考記事】国語の基礎から応用までを家でしっかり学べる方法とは▽

この教える勉強法が今でも役に立っている?

役に立っている高校受験
負けず嫌いな人ほど、成果が出やすいのかなと思います。

親友のすごいところをうらやましく思い、私もそのようにできるようになりたいと考えて、切磋琢磨していくことはとてもすばらしいです。

それに加えて、切磋琢磨する友情関係を築けたことは今後の人付き合いの仕方を上手にしたと感じます。

また、その親友というのは、今でも遊びに行けるような一生の関係になりました。

ほんとにその親友には感謝していますし、これからも長い付き合いになっていくと確信しています。

親友と競い合ったり、教えあったりする勉強法というのは何も高校受験だけに使えるというわけではなく、大学受験や資格取得に対する勉強などにも活用できますので試してみてください。

みなさんにはみなさんにあった勉強法というのがあると思いますので、一概には言えません。

そのため、いろいろな人の経験談を聞いたうえで、自分にあった勉強法を模索していくことが重要だと考えています

受験勉強というものは苦しいものですが、それを終えた後の達成感は最高です

受験自体がもし、失敗してしまったとしても、その間に目標に向かって努力をし続けた。

そのような経験は何にも代えられません。

ぜひ、後で自分が納得のいくような努力を積み重ねていってほしいと思います。

まとめ

・佐倉高校を志望した理由は、学校説明会のときの雰囲気が良かったから
・勉強法に出会ったきっかけは、集団タイプの学習塾
・モチベーションを上げるために、競い合いながら勉強できる環境があった
・復習はやりっぱなしではなく、何度も繰り返すことが大事
・問題のパターンを理解することで初めて見る問題も答えを導き出せる
・わからない問題を、わからないままにせず必ず誰かに教えてもらう
・人に教える勉強法は、自分が理解していないと教えることができない
・自分にあった勉強法を模索していくことも大事

それぞれに合った学習方法があると思います。

今回みたいに個別指導タイプの塾や家庭教師ではなく、集団タイプの塾が合うという生徒もいれば、もちろん逆の生徒も多数います。

それぞれの合ったスタイルがあるのでまずは、自分がどのスタイルにあっているのかを見極める必要があることがこの体験談からわかります。

自分にあったスタイルの見極めかたは難しいです。

なので、行動しましょう。ほとんどの学習塾などは、無料の体験学習の案内をされています。

大きく分けて、集団型タイプと個別型タイプにわかれるので実際に参加してみて、体感することで感じることができるはずです。

そして、ほとんどの体験学習には無料相談会も対応してもらえます。

この相談会で、どれくらい期間で成績が上がりそうか、志望校の合格圏内に入りそうかなどしっかり話し合い「ここだ」と感じた学習塾や家庭教師にお願いするのが納得できる方法だと思います。

入試当日までの時間は限られています。

この体験談でも言われているように、自分が納得のいくような努力を積み重ねることは大事です。まずは、行動してみましょう。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『佐倉高校』を目指す方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。