• <スポンサードリンク>

合格できたのは母親の声掛け効果!?三条高校の服装など自由な雰囲気が魅力的【合格体験記】~新潟県~

三条高校受験
今回、新潟県にお住いのAさん家族の長男さんの体験談を教えてもらいます。

長男さんは、勉強も部活のサッカーもコツコツ頑張っていました。

しかし、なかなか結果が出ずに辛いときを過ごした時期があるそうです。

でも諦めずに頑張って来れたのは、母親の話し合いや声掛けがあったからです。

ここで簡単に三条高等学校の紹介をします。

三条高校は、新潟県の公立高校です。

明治35年に新潟県立新潟中学校三条分校として設置され、何度かの改称後現在の三条高校になりました。

また、いち早く『服装の自由化』を昭和51年から取り入れていることで有名です。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】なぜ、三条高校を受験することにしたのですか?

オープンスクール高校受験
長男は新潟県三条市にある三条高校に通っています。

全県学科廃止になってからは偏差値は少し下がっていますが、まだまだ近隣市町村から優秀な生徒が集まっています。

卒業生は政治家から上場企業の社長まで有名人の多い学校です。

全県学科廃止とは地域独特の言い回しかもしれませんが、以前はいくつかの市町村単位で学区が決まっており、通える学校に限りがありました。

学区外の高校へ通うためには住民票の住所変更が必要でした。

それが全て廃止となり現在では新潟県内のどこへも自由に受験、通学できるようになっています

私自身が卒業生であり、長男にきっと校風が合うと確信していました。

しかし、中学2年生までは成績が伸び悩み、部活のサッカーでもなかなかスタメンになれないなど、長男にとっては苦しい時期だったと思います

元々、勉強は好きな方でコツコツと真面目にやるタイプでしたが、結果が出ないという時期でした。

中学3年生の春オープンスクールに参加し、私服で自由な校風に長男も気に入ったものの、成績が追いつかずに半ば諦め気味でした。

しかし、母親である私だけは、きっと長男は大丈夫と確信していました。

受験は水物ですし、長男の生活態度や勉強をしている姿を見ている限り、少しコツを掴めばきっと成績が上がると思えたからです。

また、受験の直前で怖気付いてランクを落とす生徒を沢山見てきました。

特に昨今、親御さんの方針でひとつランクを下げ、その上で大学推薦を狙うという道を選ぶ生徒もいます。

私は、個人的にはそれは反対です。

人生の中のどこかできっと、長男は後悔するのではないかと思ったからです。

何より長男が『行きたい』と思える高校に進学することを最優先事項と考えました

もし、長男が気に入った学校の偏差値が低くても応援したと思います。

とにかくなんの後悔を感じる事なく、高校生活を送ることを母親として望みました。

【参考記事】費用が高い学習塾。高い塾代を払わなくても『三条高校』を目指せる学習法とは▽

いつ頃、三条高校を志望校に決めましたか?

三者面談高校受験
実際、息子が目標と心に決めたのは中学2年生の3月だったと思いますが、まだまだ自信のない状態でした

中学3年生の4月頃、学習塾の先生との三者面談で心を決めました。

その時はすでに50点成績が上がっており、射程圏内へと入っていました。

今思えば、学習塾の先生との相性も良かったと思います。

実は中学2年生の途中まで、別の学習塾に通っていました。

その学習塾では、とても賑やかな女子グループがいて、学習塾に行きながらも集中できないようでした。

思い切ってその学習塾を辞めさせ、しばらく家で勉強していましたが同じ高校を目指す仲の良い同級生に誘われて別の学習塾へ通い始めました。

先生との相性、また共に目標を目指せる友人の存在が本当に大きかったと思います

親のできることなど本当に少しだと思いました。

ただただ、信じる事だけでした。

長男に対して、「勉強しなさい」と言ったことは今でもありませんので、その時もただ長男が勉強に集中できる環境をと考えていたにすぎません。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『三条高校』を目指す方法とは▽

<スポンサードリンク>

辛い高校受験が続くなか、母親としてどんな声がけしましたか?

声掛け高校受験

ある日、朝なかなか起きてこなかったので「昨日何時まで起きてたの?」と聞いたら「夜中1時」と言うので「何してたの、もっと早く寝なさい」と言ったら「受験勉強に決まってんだろ!!」と言い返されるほど、受験生の親らしくない私ですが、今となってはかえってその態度が余計なプレッシャーを与えずに済んでいたような気がしています。

基本的には、『私がどんなに頑張っても長男の人生だから』というのを常に自分にも長男にも言い続けています

私に言われなくても長男は十分に頑張っていましたので、「大丈夫、きっと受かるよ」ととにかく言い続けました。

倍率もそれほど高くなかったのですが、やはり落ちたらどうしようという心配は付き物です。

確率としては落ちる確率の方が低いので、長男がマイナス思考に入る度に「落ちる方が難しくない?」と何度も言っていました。

長男にとっては、担任、塾の先生からは出てこない発言もプレッシャーを抑える事には役に立った様子でした。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『三条高校』を目指す方法とは▽

成績が上がったのはいつ頃ですか?

成績アップ高校受験
結果、中学3年生の秋には100点ほど成績が上がり、偏差値も70、学年で4番まで成績が上がりました。

結果はいきなり上がりましたが、実際には長男がコツコツと積み上げてきた勉強の成果がある日現れた、と言った感じでした。

それでもそこで油断せず、最後までやりきった長男を誇りに思います

私だけが、長男は大丈夫と思っていた時期から2年間、よく頑張ったと今でも思います。

長男自身も自分を信じられなかった中、誰かひとりでも信じてあげれば人は変われると実感しました

三条高校の合格発表はどうでしたか?

高校受験
私は全く心配していませんでしたが、やはり合格発表の日は緊張しました。

一緒に発表を見に行き、仲の良い親友たち7人で合格でき、本当に有意義な高校生活を送っています。

小さい時から一緒にサッカーチームでプレイしてきた別の中学校の親友たちとも一緒になり、また高校の部活でも青春時代を過ごす事が出来ました。

特に大きなお祝いの会などはしていませんが、とにかく春休みはわがままを許しやりたい事をすべてさせてあげました。

具体的には朝寝坊、夜更かし、youtube見放題、ゲームし放題。極め付けは親友たちと卒業旅行のディズニーランド。

新しい生活にワクワクしながらも、頑張ってきたストレスとプレッシャーから解放されて、とにかく遊びまくった春休みでした。

そして春からは進学校らしくまた勉強に、スポーツにと明け暮れる日々がスタートし、今大学受験に挑んでいます。

半年で担任も塾の先生も驚くほどの成績を上げられた経験があるからか、今回は3年前より自信がついて頼もしく見えます。

この経験を通して、私自身も信じる事の力の強さを感じられた気がします。

親として一緒に成長できました

まとめ

・中学2年生までは成績は伸び悩んでいた
・母親だけは長男を信じ、大丈夫だと確信していた
・『行きたい』と思える高校に進学することを最優先事項と考えた
・三条高校を目標にしたのは、中学2年生の3月ごろ
・常に頑張れるよう何度も声掛けをしていた
・成績が上がり始めたのは、中学3年生の秋から。それでも油断せず、コツコツと最後までやり続けた

今回の体験談で感じたことは、親として長男さんを信じ、上手に応援する様子はとても参考になりました。

どうしても、反抗期と重なるこの時期。

親としても同じように受験に対して不安になります。

なので、悪気はないのですが、つい刺激的なことは言ったり、追い込むようなことを言ったしてしまいます。

でも、Aさんは親子の話し合いで将来を見据えた人生観をしっかり長男さんに教えたことで自覚し、頑張れば必ず自分自身のためになると理解しています。

だから、辛い受験勉強も深夜遅くまで頑張れたのだと思います。

苦労して入学した三条高校。仲の良い他中学生徒たちともいっしょにできるサッカーや高校生活はきっと楽しんできると思います。

そして、次の大学受験に向けて切磋琢磨しながらコツコツと受験勉強に頑張って下さい。

【参考記事】費用が高い学習塾。高い塾代を払わなくても『三条高校』を目指せる学習法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。