• <スポンサードリンク>

父親も札幌西高校の卒業生!?自由な校風と私服で充実した毎日だけど勉強は大変だった体験談~北海道~

札幌西高校受験
今回は、札幌西高校に合格した体験談を教えてもらいます。

父親は札幌西高校の卒業生です。

この札幌西高校で送った高校生活がとてもすばらしく、貴重な親友や充実した毎日を過ごしていたそうです。

だから、長男さんにも同じような体験をさせてあがたいと思っています。

ここで簡単に北海道札幌西高等学校の紹介をします。

札幌西高校は、北海道の公立高校です。

明治45年、北海道庁立第二札幌中学校として創立し、何度かの移転や改称を繰り返して現在の札幌西高校になりました。

北海道でもトップクラスの公立高校で文部科学省のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)にも指定されています。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】なぜ、北海道札幌西高等学校を受験したのですか?

受験理由
私たち家族は、北海道在住です。

今回、我が家の長男が北海道札幌西高校 普通科を受験いたしました。

私自身が、この札幌西高校の卒業生です。

大学進学を前提とした授業内容のため、その内容は格段に難しいです。

しかし、 札幌西高校は、自由な校風なうえに、学校指定の制服はありません

勉強は大変でしたが、貴重な親友と出会うこともできましたし、毎日が充実していた、ということを、長男には小さいころから伝えておりました。

そういった経緯もあり、長男は札幌西高校を選びました。

いつごろ札幌西高校を受験すると決めましたか?

三者面談高校受験
中学校に入学して2か月後、すぐに3者面談がありました。

その際、第1志望として、担任の先生と妻には札幌西高校へ進学させたいと伝えておりました。

長男は、中学1年生の5月に志望校として目指し始めました。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『札幌西高校』を目指す方法とは▽

<スポンサードリンク>

勉強に対して、家庭内ルールなどありましたか?

勉強時間高校受験
私自身、長男が勉強だけできるような大人になってもしょうがないと思っていましたし、妻もそう思っておりましたので、私たち夫婦から長男に「このように勉強しなさい」とか「一日何時間以上、勉強するようにしなさい」と伝えたことはありません。

そのため勉強に対する家庭内ルールは特に設けませんでした

ただ、長男が勉強の仕方がわからないであったり、勉強内容でわからないことだったり、日々の生活で困ったことがあったりということで相談してくることは良くありました。

そういったときはどんなに忙しくても、きちんと時間をとって真剣に長男の話を聞いてあげたり、勉強を教えてあげたりするようにいたしました。

長男が中学1年生の前期、中間と期末テストの点数は500点中おおむね350点前後でした。

得点的に悪い方ではなかったのですが、札幌西高校を目指すには450点ほど必要で、クラスで1番か2番の順位でなければ難しいのだよ、と長男には伝えました。

勉強だけが全てではないし、できる範囲で頑張ったらどうだい?と、その時は言いました。

しかし、長男から学習塾に行かせてほしいということだったので、1年生の夏休みが終わってから週に3回、長期休暇の時には講習会へ通うことになりました。

【参考記事】数学の基礎から応用までを家でしっかり学べる方法とは▽

成績は上がってきた実感、もしくは合格できるという実感はいつくらいからありましたか?

成績アップ
中学1年生の学年末テストの時には420点で、クラスで3番目の成績になりました。

400点を越えたのは中学に入ってから初めてのことで、このとき最も成績が上がってきたのだなという実感を得ました。

通っている学習塾は、「普通コース」「進学コース」「特進コース」と3つのコースがありましたが、入塾当初は「進学コース」に入っており、「特進コース」へのステップアップ試験に何度も落ちていました。

冬期講習会の直前にようやく合格し「特進コース」へ移ったのですが、そのあたりから急速に成績が伸びてきたように親としては感じました

その後は、1度も400点を割ることなく、長男は中学3年間を過ごしましたが、中学3年生の時にはクラスで1番になるようにもなりました。

親として、札幌西高校の合格発表までの不安でしたか?

親不安高校受験
札幌西高校は勉強が良くできる生徒ですら、入試当日点が振るわず不合格になることはよくあるのは知っていましたので、入試の一か月前から不安な気持ちいっぱいでした。

私たち夫婦の方が入試1か月前から気をもんでしまっている反面、長男の方が「心配ないから、大丈夫だから」と言ってくれていて、なんだか立場が逆だなあと思ってしまいました。

入試当日は試験会場まで車で送りました。

道中、長男は車中で緊張しており、あまり上手な言葉をかけてやることができませんでした。

仕事から帰ってきて、試験の出来について夜に長男に話を聞きましたが「一番得意な数学が良くなかった」という話を聞いて、合格発表の日までは「ダメだったのかもしれないな」と思ってしまいました。

合格したとわかったとき、どんな気持ちでしたか?家族として、どんなお祝いしましたか?

合格高校受験
合格したと聞いたときは、思わず涙が出ました。

長男は本当に頑張ったな、『合格』という形で報われて本当に良かったな、という気持ちがあふれてのことだと思います。

もっと遊びたいと思った時もあったでしょうし、長い時間机に向かうのもつらいと思う時もあったはずです。

札幌西高校は自分自身も大変な思いをして入った高校だけに、当時のことを色々と思い出してしまいました。

入学してからも勉強は大変な高校です。そのため、派手にお祝いしてしまうと、そこが長男の人生のピークになってしまうのではないかと思いました。

そこで、ささやかなおめでとうの気持ちを込めて、長男が行きたいというレストランへ家族4人で行くことにしました。

小学生の時は、長男は親友と遊んでばかりで、まさか札幌西高校へ合格するとは思いませんでした。

しかし、この3年の間に見違えるように成長したなあ、大人が3歳年を取るのとは全然わけが違うと食事をしながら感じました。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『札幌西高校』を目指す方法とは▽

まとめ

・札幌西高校は親も卒業生で、貴重な親友を作ってほしいし、充実した高校生活を毎日送ってほしいので志望させた
・志望した時期は、中学1年生になってすぐの三者面談
・1日の勉強時間の決まりはなく、家庭ルールはない
・中学1年生の夏休み終わりから学習塾に通った

今回の札幌西高校の合格体験談で感じたことは、やっぱり高校受験は親子で向き合い、話し合ってこそ頑張っていけると感じました。

親が日ごろから勉強しなさいと強く言い聞かせるのではなく、高校生活ではこんなすばらしいことがあったことや大変だったことなどを教えることでちょっとずつ高校に進学する意味が理解できてくるのではないでしょうか。

そして、子どもがわからない問題や悩んでいることなどを一緒に考えようとする姿勢も大事です。

もちろん、中学生の勉強の内容は難しいので教えることは困難です。

なので、しっかり子どもの話を聞いて、学習塾にお願いするなども一つの手です。

でも、学習塾にまかせっぱなしではなく、たまには調子を聞いてみたり、不安になっていないか見守りながらサポートは大事です。

とくに、入試当日はかなり寒い時期です。

風邪やインフルエンザなど流行っている時期なので体調管理は気にしておきたいところです。

この体調管理は親としてできるサポートです。

日頃からしっかりお子さんの様子を気にしておいく必要があります。

もし可能なっらインフルエンザ予防対策やうがい、手洗いなど受験する子どもだけではなく、家族全員が取り組んでいくことで未然に防ぐことができます。

この受験の年は、家族全員が大変だと思います。

しかし、受験する本人にとって目標とする高校に合格できることはこれからの人生かなり良い経験です。

そして、家族としてもこのうえない喜びになります。親子で乗り切る高校受験にしましょう。

【参考記事】今の学習に無理することなくプラスして『札幌西高校』を目指す方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。