• <スポンサードリンク>

スマホ依存症!?入試の当日、文房具すらチェックしなかった。後悔した高校受験

スマホ高校受験
私は学校では真面目なんだけど、勉強が苦手な女の子・・・で通っていますが本当は違うんです。

超が付くほどのスマホアプリ好きなんです。

<スポンサードリンク>

高校受験とスマホアプリ

そんな私がなぜ第一志望にこの公立高校を選んだかは、偏差値が低い高校だったので楽に合格できると思った事と住んでいる家から近かった事が理由だったのです。

しかし、あの受験日を思い出すと「馬鹿だなぁ」とか、「なんでこんなドジしちゃったんだ」と思ってしまいます。

私は、志望する公立高校に落ちてしまったら、高校浪人になってしまいます。

それは嫌なので私立の高校も受験して合格通知をもらっていました。

なので、高校浪人は必然となくなり、志望している公立高校に合格すればいいだけになっていて少し余裕を持っていました。

ですが、これがいけなかったのだと思います。

私の悪いクセで、完全に受験を甘く考えていました。

私立の高校を合格したものの、実は順位は下から数えて何番目というくらい、けっこうギリギリの合格だったようです。

それでも私が志望する公立高校は偏差値は低いし、いつも通り試験を受ければ余裕だろうと思っていたのです。

だから勉強はせず、ずっとスマホアプリをしている毎日でした。

私がはまっているのは人気のコンテンツゲームは、ランクを上げるだけではなく、レアアイテムを揃えたら超Sクラスのキャラが仲間になったり、2か月に一度グループ対戦で勝利するとこれまた激レアアイテムと交換できたりと私の心を鷲掴みしてくるのです。

しかも、全キャラが私好みのイケメン。きゅんきゅんものです。

もちろんまだ課金はしていませんが、高校に入学したらこっそりバイトして私の一押しキャラをゲットするために課金しようかなって思っています。

スマホばかりで勉強せず

でも母親はさすがです。私が部屋でスマホばかり触っている事に気づいていて、「勉強はしなくて大丈夫なの?」とか、「ちゃんと受験の準備はできているの?」とか言われ、少しうんざりしながらも、私立が受かったから大丈夫だろうという変な自信に満ち溢れていたのです。

私は、ゲームはやり始めると気になるアイテムが手に入るまでやってしまう性格なので、気付いたら朝まで続けていて、一睡もせずに学校へ行くので、頻繁に授業中居眠りしてしまったりとそれが当たり前の生活になっていました。

担任は、私の様子がおかしいと心配して「受験勉強のやりすぎではないか?」と心配してくるわけです。

もちろん私とってもは好都合。「大丈夫です。もう少しなので頑張ります。」で通るのです。

でも、実際は人の話も授業も聞かず、毎日の生活はダラダラとスマホアプリで不規則になっていきました。

<スポンサードリンク>

後悔した高校受験

そして公立高校受験当日。同時にこの日は、2か月に1度のグループ対戦初日。

チームの引っ張り役だった私は、チームポイント稼ぎで一睡もしていません。そう、寝ずで目が半開きになっている状態で試験に向かったのです。

しかも、スマホアプリに気を取られているので何を持っていくのかほとんど確認しないままに。

試験会場に着き、スマホの電源をオフにしたと同時に本気モードになってから気がついたのです。

制服は着ていたものの、鞄の中身はほぼ何も入っていない・・・。

受験票はあるけど、参考書などは一切入っていない。筆箱はあったけど、ほとんど中身は入っておらず、シャーペンと爪先でやっと掴めるくらいの小さな消しゴム。

気づいた時には顔が真っ青になっていました。

近くに知り合いもいなかったため、筆記用具は借りられなかったですし、試験の前に軽く参考書で復習しようと思っていたので、これはやばいと思いました。で、結果は不合格。

一つはシャーペンの芯がなくなったので、ほとんど書くことができなかったこと。

もう一つは試験の問題を見た時、なかなか難しい問題も入っていたこと。

スマホアプリなんかしなければ絶対合格していただろうなと思います。

本当に「馬鹿だなぁ」と今でも思いと同時に後悔しています・・・。



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。