• <スポンサードリンク>

受験勉強で必須はこのアイテム。高校受験でおすすめする文房具3点セット

アイテム高校受験
中学時代は、自宅からあまり遠くない場所に雰囲気が良く、私服通学も可能な高校がありました。

僕は、その高校に進学したいため、人生の中でも最も長い時間勉強していました。

<スポンサードリンク>

受験勉強でわかりやすかった教材とその理由

今は40代です。

もう高校受験は、25年前と大分時は経過してまいましたが、高校受験勉強の思い出は今でも記憶に残っています。

ちなみに、高校受験対策に活用したメイン教材は、「学研マイコーチ」で、それ以外にも市販の問題集を購入してよく受験勉強していました。

それはなぜかと言えば、問題の内容が教科書に沿ったものがメインでした。

そして、基礎力を固めるためには都合がよく、とてもわかりやすいかったことを覚えています。

その教材は、テキストにカラーやイラストを多く使っているので、途中で挫折しないように工夫が凝らされていて、きちんと学習すれば、校外模試の大抵をカバーできる優れモノでした。

ちなみに、その模試試験は成績上位者になると名簿に掲載されるのですが、社会科と英語科の2教科で記載された経験があります。

受験勉強と言えばこのアイテム

その時に勉強の効率を上げるために使用していたアイテムは、「キャンパスの大学ノート」・「トンボ鉛筆」・「ゼブラのボールペン」の3点セットでした。

なぜならば、テストでは解答時間に制限があるため、文字をすらすらと書ける環境が必須であったからです。

やはり、受験勉強は実際にノートに書き出したり、声を出して復唱しながら進めないと、中々頭の中にインプットされません。

また、小学生の時にはそろばんを習っていましたが、先生からは「検定試験の時はシャープペンではなく、鉛筆3本持ってきなさいと」よく言われていたのもあります。

確かに、シャープペンは削る手間がないので便利ではありますが、文字を書いている最中に芯がポキポキと折れ、場合によっては途中で芯が詰まってしまうトラブルもあり、途中で気が散り集中力を欠いてしまうのです。

<スポンサードリンク>

ボールペンを使った勉強法

ですので、受験勉強の時は、シャープペンでなくボールペンを使用していました。

また、ボールペンはカラーバリュエーションも豊富なので、重要なポイントは赤字で表記すれば、確実に覚えられるからです。

それ以外にも、競馬ではおなじみの赤ペンは、受験勉強の時には重要な部分にラインを引いたり、暗記学習にも活用できたりと一石二鳥以上の効果があるアイテムでした。

それを利用し、マイコーチの解説部分をシートで隠して暗記学習をしていました。

大人になった現在でも、それらのアイテムは使用していますが、勉強する時は高級品でなくても良いので、持ちやすくて書きやすい筆記用具と書きやすいノートがあれば、勉強は捗りますよ。

【参考記事】便利グッズと自宅学習で成績アップできる方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。