塾に行かずに合格!?地域ナンバー1の札幌南高校に行くと言い続けた高校受験【合格体験談】~北海道~


札幌南高校受験
今回は、北海道にお住いのRさんの娘さんの体験談を教えてもらいます。

Rさんの娘さんは、意欲的でどうせ進学するなら地域ナンバー1の高校に進学したいと言っていたそうです。

そして、通信教材と母親のサポートで見事『札幌南高校』に合格しました。

ここで簡単に北海道札幌南高等学校の紹介をします。

札幌南高校は、公立高校です。歴史はとても長く、明治28年に札幌尋常中学校として設立。

何度かの改称を繰り返して、昭和25年に現在の札幌南高校に至りました。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】いつ頃、札幌南高校を受験すると決めましたか?

受験
私の娘は札幌市の『札幌南高校 普通科』を受験し合格致しました。

札幌南高校は札幌市内の高校では歴史があり、また偏差値では札幌市内の公立高校ではナンバー1の高校です。

この『札幌南高校』を志望したのは、親ではなく娘の方です。

娘が中学2年生くらいから、札幌南校に行きたいと言ってきました

札幌市内には、札幌北高校、札幌西高校、札幌東高校という偏差値が札幌南高校と同等クラスの公立高校が3校もあります。

親としては、「札幌南高校を含めむ4つの公立高校のどこかに入ってくれたらよい」と思っていました。

しかし、娘は上昇志向が強い子で、どうせ行くならナンバー1の高校に行きたいと言い続けていました。

そして、中学3年生になった時には、明確に『札幌南高校』を志望校として準備を致しました

ただ、昔から娘は学習塾には行きたくないというスタンスであったため、小学校、中学校ともに一度も学習塾には行かず、更に夏期講習などの短期のものも受けたことがありませんでした。

受験勉強に不安は感じませんでしたか?

不安高校受験
その代わり、『スタディサプリ』という通信教育で勉強をしていました。

勉強はしっかりできるのですが、このスタディサプリだけですと娘の学力のレベルの把握がなかなかできません。

学力模試みたいな試験はあるのですが、全国レベルの話なのでどうもピンとこないのです。

更に娘の通っていた中学校は、あまり勉強に意欲的ではなかったので、娘はそんなに勉強をしなくても常に成績上位者でいられました。

だから、娘は井の中の蛙のような状態であり、学校の方も学校内のデータしかないので、担任の先生は学内で上位だから恐らく大丈夫でしょうというような温いお話しかなったです。

担任の先生がそのような状態だったので、娘自身も先生の言葉を真に受けてとても自信を持っていました。

ですが、親としては客観的なデータがない中で地域ナンバー1の高校を志望するのは果たして妥当なのか判断に迷ったので、学力模試を受けさせることにしました。

<スポンサードリンク>

いつくらいから成績が上がり、合格できると思えてきましたか?

学力高校受験
北海道には『北海道学力コンクール』という有名な模試があり、学習塾に行っているお子さんたちは皆、この北海道学力コンクールを受けていました。

もはや、北海道の学力判定では当たり前に必要とされるデータです。

しかし、当時学習塾に行っていなかった娘は、このコンクールのことを詳しく知らなかったのです。

だから、中学3年生になって慌てて受験をさせました。

そして、初めての模試の結果は、あまりよい結果ではなかったため、娘はプライドが傷ついて大変ショックを受けておりました。

おそらく、初めてで要領が掴めなかったこともあったのでしょう。

同じ中学校の学習塾に行っている子たちは成績上位者として、この学力コンクールの結果が出ている冊子に名前が出ていたりしました。

娘にすれば、生まれて初めて成績で屈辱的な結果を突き付けられた経験です。

その後、大変奮起をいたしまして、次のテストからは成績上位者に名前を連ねるようになりました。

その時期は、中学3年生の夏ごろでした。

母親としても、北海道全体の学力コンクールで上位に名前を連ねるようになれば、地域ナンバー1の札幌南高校を目指しても大丈夫であろうと思いました。

そして、やっと客観的な情報を知ることが出来たので安心しました。

だから、娘を全力で応援できるようになったのです。

その後、娘は放っておいても、北海道学力コンクールの結果で奮闘するようになったので、親はただただ、健康管理にだけ気を付けるように気遣いをしておりました。

娘は闘争心が強いので、北海道中の子供たちの名前が成績順で出る北海道学力コンクールは大変なモチベーションになっていたようです。

逆に不安になったのは、放っておくといつまでも勉強してしまうので、逆に勉強し過ぎて体調を壊さないか心配するほどでした

そして、直前の模試の判定もA判定をもらえました。それでも一応、私立高校も受験をさせました。

私立の受験をしたことで、受験会場の雰囲気などに慣れることが出来たらしく、公立高校の受験当日は娘も親も大変落ち着いて迎えることが出来ました。

体調を崩してお腹が痛くなったりすることだけが心配だったので、飲む下痢止めなどはしっかり用意して送り出しましたが、何事もなく無事に受験を終えて戻ってきました。

札幌南高校の合格発表は、どんな感じでしたか?

合格受験
娘本人としても入試問題の解答は問題なく、手ごたえはあったとのことでした。

なので、その後はあまり心配もせず、また本人も楽しそうに合格発表までの時間を過ごしていました。そして迎えた合格発表の日。

会場まで仕事が休みだった夫と見に行ったようですが、無事に自分の番号を見つけて安心いたしました。

私はその日は仕事に行っていましたが、携帯に合格の連絡が入り、本当にホッとしましたし嬉しかったです。

その日は、夜に合格祝いということで、家族で焼肉屋さんに行ってお祝いをしました。

ただ、娘としては、仲が良かった親友が志望校に合格できなかった人もいたようで、その点では自分のことだけ手放しでは喜べない、と複雑ではありました。

でもまあ、こういう現実もまた大人になる1つの経験だと思いました。

いずれにしても、学習塾に通わずによくここまで頑張ったと思いましたが、勉強の仕方という面では学習塾に入っていた方がもっと成績は伸びたかもしれません。

学習塾に行ってないことで、高校に入って自力でやる癖がついていてもとても苦労していたようです。

もちろん、学習塾に行かなかったことが良かったとは全く思っておりません。

まとめ

・上昇志向が強かったので、ナンバー1を目指してた
・志望校として目指した時期は、中学2年生
・北海道学力コンクールで学力を知った
・成績が上がりはじめ、合格が見えてきたのは中学3年の夏ごろ

地元ナンバー1の高校を目指すために、学習塾に通う生徒は多数います。

プロの指導のもと、しっかり受験勉強を重ね高校受験に挑むことで合格できる確率はグンと上がるとわかっています。

だけど、今回のように学習塾に通わなくても合格している生徒がいるのも確かです。

一概には言えないかもしれませんが、本人がしっかりした目標を持ってやる気になれば、成績はしっかり上がり合格できるとわかりました。

もちろん、自分の学力を知ることも大事ですし、家族のサポートも大事です。

どれかが欠けると合格は難しくなっていきます。

やっとの思いで合格した難関高校の札幌南高校。

入学してすぐに高校の勉強も大変だと思います。

でも、この高校受験を通りして、勉強することが習慣化されています。

もちろん、勉強だけではなく高校のイベントや部活など楽しんで下さい。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。