僕が川越高校を選んだ理由は進学実績。母親の不安は学費だった【合格体験談】~埼玉県~


川越高校
公立高校に合格するには内申点が重要です。

ただ、内申点が低くても本試験で高得点を取り、合格している生徒は多いです。

今回、Mさん家族の次男さんが学校説明会で本試験の説明を聞き、塾に行かずに逆転合格した合格体験談です。

川越高校と言えば、公立高校で私服で登校できる男子高です。

次男さんは、母親からのアドバイスや周りからのサポートで支えてもらいながら合格しました。

<スポンサードリンク>

【インタビュー】3人も高校に入学させるのは大変ですよね?

3人高校受験
我が家には3人子どもがいる上、夫は公務員なのでバブルの時はお給料にもボーナスにも上乗せはありませんでした。

しかし、その後の不景気では、ボーナスなどはどんどん下っています。

親としては公立高校をまず第一志望に、不合格だったら私立高校にという考えでした。

実際、長女は別の公立高校へ、長男は川越高校を落ちたので『特待生』として授業料免除を最初から約束してくれていた私立高校へ通い、なんとか家計もやりくり出来ている状態でした。

長男は偏差値の方が内申より良く、次男はどちらかというと内申点の方が良かったので県立向きとは言えました。

なぜ、川越高校を志望していたのですか?

志望高校受験
次男は高校をその先の大学への進学率で選んでいるようでした。

次男にとって県立は川越高校しか考えていなかったみたいです。

もっとも自宅から近い私立高校は、大学の進学率が低いから、私立高校を受験するなら遠くても川越東高校の方を受験するとよく言っていました。

しかし、川越東高校も男子高なので少し渋っているようでしたが・・・。

もし、川越高校に落ちたら、『日本学生支援機構』から奨学金をお借りることになったと思います。

それでも、次男の気持ちは変わりが無いので、母親である私としてはどうでも川越高校に合格してもらわなければと必至の思いでした。

<スポンサードリンク>

川越高校を受験しようと思ったのはいつですか?

大学進学高校受験
志望校を実際に決めたのは中学3年生になってからです。

ただ、困ったことに埼玉県では北辰テストの結果(偏差値)を見ながら志望校を決めます。

他の生徒たちは学習塾の方が相談に乗ってくれるでしょうが、長男と次男を学習塾に行かせたところ、「あれでは勉強が出来ない人間になる」と言って学習塾には行かなくなっていました。

高校受験に関しては、学校の担任ではどこまで進路について見極められるかが私にとっての不安要素でした。

不安な理由は、学習塾の方が特に私立高校に対しては情報が豊富だと思い込んでいたからです。

結局、次男が希望した公立高校と私立高校3校、合計4校を受験することを担任の先生は承諾して下さいました。

しかし、どこまで先生に確信があったのかはわかりません。

実は、夫も中学の先生をしているので、この判断は悪くは思っていませんでした。

家族で受験に関するルールは決めていましたか?

ルール高校受験
次男は、自分でもくもくと勉強するタイプの子なので、私が家庭内でのルールを作ることはありませんでした。

でも、次男にとって高校受験は初めてのことです。

私は母親としてのアドバイスは、「夏休み始まって以降からでよいから、毎朝1時間早く起きて勉強する癖をつけておくと良い。」ということを3年生になってすぐにアドバイスしました。

すると次男は、3年生の4月から朝4時や5時に起きて勉強してから中学校へ行くようになりました

この行動がちゃんと高校入試日の時期まで続いたのは良かったと思っています。

朝起きてから4時間くらい経った頃からが脳の動きも活発になるということですから、5時に起きれば9時頃から始まる試験の時間に丁度良いのです

川越高校の学校説明会は参加しましたか?

説明高校受験
次男は内申は良い方で、学年で1位を取ったこともありましたが、川越高校(男子校)はオール5の男子ばかりが集まるという噂だったので少し心配していました。

次男はオール5を取ったことは確かなかったように思います。

しかし、学校説明会で「内申は皆同じような物で、クラス委員や生徒会活動をしている人ばかりだから、内申書は見ません。当日の試験結果を見ます」と言われてから、顔がとても明るくなりました。

どうしても公立高校と言うと、内申重視と言うのが昔からの印象ですから次男もかなり気にしていたようです。

高校受験本番中、メンタル面はどうでしたか?

メンタル
そして、まず私立高校を3校受験し全て合格しました。

この合格で、次男はどこか緊張感が切れてしまったようです。

本屋さんに行って好きな本を買ってきて読んだりしています。

朝は相変わらず早く起きていますが、川越高校は受験科目は5教科、あと2教科の受験勉強をしないといけないから少し心配していました。

でも、私立高校受験の前までは私が見てもかなり受験勉強に力を入れていたので余計なことは言いませんでした

あれだけ勉強し、普通科として受験した私立高校の試験が高得点だったので、理数科での合格という結果を頂けたのですから。

だから、それなりの力は付いているだろうから大丈夫と思っていました。

それに、生まれてから一度も「勉強しなさい」と言ってこなかった私が、今になって「川越高校の受験勉強はしなくていいの?」と言うのもおかしなことです。

気の強い次男は私がそう言っても、本を読み続けたことでしょう。

私立高校は第一志望の学費の掛かる高校以外は受かるだろうとの思いが私にもありました。

しかし、「川越高校だけは受かって欲しい」という気持ちが「受かる」という気持ちより強かったような気がします。

ただ、私立高校の第一志望の『川越東高校』を合格した時に、これなら県立も・・・という希望が段々と湧いてきました。

川越高校の合格発表日、様子はどうだったですか?

合格高校受験
人事を尽くして天命を待つ。

合格発表日は、朝一番にすっ飛んで行くこともせず玄関でのろのろしていました。

ちょっと自信が無いのだなと思いましたが、結果は学校の担任も気になっているだろうし、もちろん待っていらっしゃるようだったので追い出すように発表発表会場に見に行かせました。

そして、帰りは猛スピードで自転車を漕いできたのか随分早く帰宅してきました。

そして、庭から「受かった」と一言。私も咄嗟に片手を出して庭にいる次男と握手をしました。

そして、次男は再び急いで中学校へ担任のところへ結果を知らせに行きました。

後で聞けば、川越高校を受けた男子4人は全員合格だったとのこと。

他の3人は生徒会の会長や役員だったので、優秀でやる気のある子達と一緒に受かって良かったです。

夫も川越高校出身なので喜びましたし、私としても家計の面でありがたかったです。

授業料が抑えられている分(当時は授業料を払っていました)、次男が習いたいと言っていたドラムの稽古代も出せました。

お祝いは次男の大好きなお寿司を食べに行き、好きなネタを満足するまで食べさせました。

余程嬉しかったのでしょう。合格したその日、大好きな小学校の先生がまだ転勤されていなかったので、小学校までその先生に合格通知を見せに行っていました。

恐らく自分でも合格できる自信が30~40%位だったのかもしれません。

まとめ

・志望校を決めたのは中学3年生になってから
・将来、大学を視野に受験校を選んだ
・母親として朝早く起きて勉強するようアドバイスした
・あまり余計なことを言わずに見守った

学習塾に頼らず、自分の力で地元の名門埼玉県立川越高校に合格するのはとても大変な受験だったと思われます。

また、母親のアドバイスや家族のサポートなしではなかなか難し受験だったのではないでしょうか。

2018年現在、公立高校の授業代は一部の世帯を除いて無償化しています。

しかし、当時は3人も高校に進学させるとなると家計はかなりきつかったとのことでした。

やはり、ここでも家族の絆が垣間見えるところで、それぞれ子どもたちが学費を抑える努力が見受けられます。

本当に高校受験は家族のサポートが大事と思える体験記でした。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。