親ができることは体調管理。高校受験をサポート

体調管理高校受験
高校受験を控える中学3年生のお子さんを持つ親御さん。

これから色々と心配事や不安が多くなると思います。

高校受験に関わらず「受験」をするお子さんはみんな合格をするために一生懸命になっています。

親としてどのような接し方をすれば良いのかわからない人も多いと思います。

今回は、高校受験を控えるお子さんのサポート方法を説明していきます。

この記事を読んでお子さんと一緒に合格を目指しましょう。

<スポンサードリンク>

高校受験で親ができること

親高校受験
高校受験は親子で乗り越えるという意見と子供に任せるという意見の両方あります。

確かにどちらも間違いではありません。

ここでは、高校受験に向かうお子さんを親はどのようにサポートするべきかを説明します。

具体的に大学受験や中学受験と比較をしながら考えていきましょう。

高校受験と大学受験で異なる親の役割

まずは先々のことも考えて大学受験と高校受験の違いを親の役割という立場で考えてみましょう。

大学受験で親御さんはどの程度協力できるのでしょうか?

大学受験ともなると学習面はもちろん生活面でも親御さんの出番は皆無です

進学先を親子で相談することはあっても基本はお子さんが進路を決めます。

親ができることと言えば、 主に金銭面でのサポートになります

国立と私立では全く費用が異なりますし、自宅通学と一人暮らしでも大きな差です。

大学受験は、基本的に学費などの費用的な面以外はほとんど関わることはありません。

高校受験と比べると多くをお子さんが行う傾向があります。

高校受験と中学受験で異なる親の役割

高校受験を控えるお子さんを持つ親御さんにとって中学受験は関係ありませんが、比較という意味で理解しておくと良いです。

中学受験は、高校受験以上に親子で挑む受験です

学習面・生活面・経済面といった分野はもちろんですが、志望校の対策などの情報面も親御さんが中心になります。

受験をするのは小学6年生ですから当然のことだと思いますが、中学受験は志望校の選択から合格まで親子で挑む受験になります。

高校受験はどこまで親子で協力すべきか?

高校受験は年齢的にも難しい時期のお子さんも少なくありません。

接し方ひとつで受験に対する「やる気」がなくなることもあります。

高校受験で親が行う協力は、学習面は殆どありません。

無理に口出しをしても逆効果になりますので、注意が必要です。

親御さんにできることは、できるだけお子さんの受験対策をしやすい環境をつくることです

学習面のサポートではなく、精神的なサポートを心がけましょう。

もっとも難しい高校受験のサポート

中学受験は、学習面だけでなく精神面や情報など多くの場面で親御さんのサポートが必要でした。

大学受験は、お子さんが殆どのことを行うので親御さんの出番は少なくなります。

高校受験は、双方の間ということもあり多くの面で接し方が難しくなります

高学歴の親御さんだとお子さんと衝突することも少なくありません。

共感という意味で学習に関わるのは問題ありませんが、自身やまわりとの比較という意味でお子さんを追い詰めるような行動は絶対に避けるようにしましょう。

気を使いすぎるのもどうかと思いますが、愛情を持って接することを心がけましょう。

精神的に親御さんのサポートを必要としていることは間違いありません。

親ができる高校受験のサポートとは!?

親不安高校受験
高校受験は親のサポートは必要だということは理解できたと思います。

具体的にどのような接し方やサポートするのが理想なのでしょうか?ここでは、親御さんができる受験生に対するサポートを具体的に説明します。

全ての受験生にあてはまることではありませんが、少なくないことも事実です。

親子で決定?志望校の選択

志望校の選択は本当に難しくなるケースもあります。

特に高い偏差値の公立高校や進学校と呼ばれる私立高校を志望する場合です。

厳しいようですが、全ての受験生が思い通りに進学をできる訳ではありません。

併願校や第二志望でもお子さんが楽しく通えるサポートをする必要があります。

特に公立高校を第一志望にしているお子さんの場合は、併願の私立高校を選択する基準がとても重要になります。

お子さんと通うことも前提で話をしなくてはなりません。

志望校の選択は親のおしつけは絶対に避けるべきですが、相談には耳を傾けましょう

一番、重要なことは第一志望を簡単にあきらめないようにすることです。

最終進路は子どもが決定。親は温かい目で見守ろう

思ったように成績が上がらずに第一志望校への受験が難しくなった場合も親が最終決定をするのは避けましょう。

チャレンジをするのも安全にランクを下げるのもお子さん自身が決めなくてはなりません。

親御さんができることは、迷っているお子さんの悩みや相談を聞いてあげることです

お子さんの選択した進路によっては、納得ができないこともあると思いますが、話を聞かずに怒るのは論外です

但し、あきらかにお子さんが受験から逃げる事を選択しようとしている場合は、軌道修正をしてあげる必要があります。

経済的な不安を与えない環境作り

お子さんの受験や進学で最も問題になるのが経済的な問題です。

特に私立高校は学費以外にも多くの経済的な負担が予想されます。

大学ほどではありませんが、私立高校には独自の奨学金制度や各都道府県の私立高校財団などが学費の軽減制度を取り入れています

全ての私学ではありませんが、奨学金制度の他に特待生制度を取り入れている高校も少なくありません

公立高校への就学が難しい受験生に対しても、「高校就学支援金制度」があるので、事前に調べて申し込みをするのは親の大切な役割でもあります。

私立はどれくらい費用がいるか調べてみた

模試の結果に一喜一憂しないで勇気づけよう

お子さんの入試が近づくにつれて気になるのが、模試の合否判定です。

志望校の合格判定が低いとつい発してはいけない言葉が出てしまいます。

模試はあくまでも模試です。

模試で失敗したことを本番で繰り返さなければ良いだけです。

お子さんが志望校の合格をあきらめる前に親御さんがあきらめるのはオススメできません

心配をする気持ちはわかりますが、あまり一喜一憂しないで冷静に対応してください。

常に前向きな態度でお子さんを応援するように心がけましょう

<スポンサードリンク>

親ができる受験生のストレス解消のサポートとは!?

サポート高校受験
本文中で何度も説明をしていますが、高校受験で親ができるサポートは精神的な面になります

その中でもストレスのない環境作りは親が行うサポートのひとつです。

ここでは、お子さんができるだけストレスを感じずに受験に集中できる環境をつくるポイントを説明します。

集中力の低下はお子さんだけの問題ではありません。

母親のおいしい食事は受験生のストレス解消

母親が最も頑張って欲しいことは、「毎日の暖かい食事」です。

やはりファストフードや出来合いの総菜よりも母親の手作りの食事は重要になります

食事は、後ほど説明をする体調管理にも重要なポイントです。

普段何となくつくっている食事ですが、お子さんの好きな物を上手く取り入れるだけで効果が期待できます。

受験生が集中しやすい環境作りがストレス解消のポイント

受験生が集中しやすい環境とはどのような環境でしょうか?例えば、「テレビの音」「夫婦又は親子喧嘩」などは、最悪の環境です

また、片付いていない部屋というのも誉められたものではありません。

整理整頓されている環境の部屋だと不思議に学習効果も高くなります

母親は受験生と父親の仲を上手くまとめよう

全ての父親ではありませんが、受験に全く関心のない父親も少なくありません。

毎日、家族のために仕事をがんばっているのだから無理に責めるのも問題です。

受験に関心のない父親とお子さんの衝突は比較的多くある問題です。

特に中学3年生ともなると父親との衝突は更に多くなるのではないかと思います。

本来は父親に協力をしてもらえれば完璧ですが、難しい場合は母親が間に上手く入ってバランスを保つようにしましょう

お子さんの悩みや不安を聞くのは最大のサポート

全ての親御さんではありませんが、稀に「進路は全て子どもに任せている」というご家庭があります。

この考えは正しいようで大きく間違っています。

お子さんの最終的な進路は本人が決めるという考え方は正しいです。

しかしながら、高校受験に合格をするまでのサポートは必須だと考えて下さい

その中でも「合格」を確信するまでお子さんの気持ちは絶対に不安だらけです。

些細なことでもお子さんの相談や悩みに耳を傾けることでお子さんは安心します。

過保護になりすぎて全てを親が決めてしまうのは問題ですが、サポートに関しては、高校受験でも確実に必要になります。

親が受験生の体調管理に気をつける

体調管理高校受験
受験が近づくにつれて、親ができる最も重要なサポートが体調管理になります。

どんなに成績が良くでも、高熱や体調不良では本来の力が発揮できません。

受験が近づくとお子さんは無理をしがちなので、できる範囲で親御さんがお子さんの体調管理をするようにしましょう

インフルエンザに要注意。予防接種は早めに予約

例年のことですが、受験時期になるとインフルエンザが流行するので予防接種や日頃の行動に注意をしましょう。

インフルエンザの予防接種は、すぐに効果が期待できる訳ではありません。

効果が期待できるには、2週間から4週間は必要なので11月頃には接種をするようにしましょう

意外な落とし穴。歯科や耳鼻科は早めに対応を

多くの受験生は、風邪やインフルエンザには万全の対策をしているようです。

一方で、口腔内の管理や耳や鼻の状態はあまり意識をしていない人も少なくありません。

歯科だと、「虫歯」や「親しらず」が原因でテストに集中できないという受験生もいるようなので、事前に口腔内を歯科で診てもらう事をオススメします。

また、鼻炎や中耳炎などもアレルギーがあると発熱などの原因になります。

副鼻腔炎などは、重症化すると受験どころではなくなるので注意が必要です。

風邪やインフルエンザの予防と同時に他の疾患にも充分注意をしましょう。

受験生は気が付きにくいので、親御さんがサポートをしてあげるとスムーズに予防ができます。

試験1週間前に考える体調管理

試験1週間前になると食事や睡眠といった当たり前の体調管理が難しくなります。

特に食事で揚げ物や脂質の多い食べ物が多くなるのは、あまり好ましくありません

受験が近づくにつれて、受験生の胃腸や抵抗力などは低下していくこともあります。

できるだけ野菜を多くした消化の良い食事を心がけるようにしましょう

試験当日にオススメの食事とお弁当

試験前日の夕食にゲン担ぎで「とんかつ」を食べるのは定番の時期もありました。

また、母親が気を使ってはりきってお子さんの好物をつくるケースもあるようです。

結論から言えば、あまり揚げ物や変わった食事よりも普段通りの食事が好ましいようです。

特に身体の温まるものはオススメだと思います。

最近は、「カレー」「シチュー」などを夕食にするご家庭も多くなっています。

やはり生ものは避けた方が無難だという意見が多いようです

当日のお弁当も特別気合いを入れてモチベーションを上げるという気持ちも必要ですが、あまり変わったものは避けるべきです。

まとめ

・親としての役割とできること
・親としてできるサポート
・模試の結果で一喜一憂しない
・おいしい食事や環境作りが大事
・体調を整えて受験日に備える

高校受験で親が行うサポートは数多くあります。

子どもの将来は、自分で決めるべきだという考え方もあると思います。

確かに志望校の最終決定は自分自身で行う必要があります。

しかしながら、受験当日までの様々な悩みや不安に関する相談はしっかりと受け止めてあげましょう。

我が子ではないですか。

大学受験や中学受験とは異なる対応が必要な高校受験。

親御さんもしっかりとお子さんをサポートして合格を目指しましょう。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。