• <スポンサードリンク>

【高校受験】学習塾にはいつから行く?集団・個別型の違いや費用について


高校受験を語るうえで必ずと言っていいほど、学習塾の話は出てきます。

受験生同士で「あの塾のあの教室の〇〇先生は・・・」や「あの塾に行くと〇〇高校は合格できる」などよく情報交換しています。

また、ママ友同士も先輩のママ友から聞いた話を口コミで教え合っています。

そんな様々な情報が飛び交っているなか、うちの子はどこの学習塾がいいだろう?

塾も細分化されているけど、どんなシステムになっているのだろう?

高校受験に関して、どこまで指導してもらえるのだろう?とわかっているようでわかっていない状態ではないでしょうか?

高校受験も受験生の志望校によって様々な対策方法があります。

最もオーソドックスな受験対策方法といえばもちろん学習塾です。

今回は高校受験にとって重要な選択肢のひとつでもある学習塾に注目をしています。

学習塾の必要性や受験生のタイプ別で考える学習塾を説明していきます。

費用だけではなく塾のシステムやどんな学習をしていくのか知りたいです。

<スポンサードリンク>

【高校受験】いつから学習塾へ通う?

入塾高校受験"
高校受験対策をする時に当たり前のように学習塾へ通う受験生がいます。

そもそも高校受験に学習塾は必要なのでしょうか?

ここでは、学習塾に通う前に知っておきたい知識を説明します

学習塾に通う必要のある受験生とはどのような中学生なのでしょうか?

塾に通うのは必要なことなのか?

そもそも全ての受験生が学習塾に通う必要があるのかを考えてみましょう。

受験生にとってメリットがなければ貴重な時間を無駄にすることになります。

また、学習塾に通う必要がある場合も、どのような塾に通うのが良いのか?

何年生から通うのが効果的なのかを考えてみましょう。

学習塾を分類して考えてみよう

学習塾を分類するといくつかのタイプにわけることができます。

大きくわけると4つのスタイルにわかれますので、それぞれの特徴を簡単に説明します

大手進学塾系『集団指導』

集団塾高校受験

首都圏や全国展開している大手進学系列で高校受験だけでなく、大学受験や中学受験にも精通しているまさに受験のための進学塾。

・主な志望校:難関私立進学校・難関私立附属校・難関県立校・中堅私立校・中堅公立校
・大手だけに幅広く対応できる指導力が武器だが、本来は難関私立校や難関公立校の受験を得意としています

学校の成績が高い生徒は必須の進学塾ともいえます。

大手進学塾系『個別指導』

個別指導高校受験

上記と同じタイプの個別指導を行っている学習塾でやはり集団同様に幅広い対応力を持っているのが特徴です

やはり難関私立高校受験を基本にしています。

地域密着型学習塾『集団指導』

集団塾高校受験

地域密着タイプだけに地元の公立高校に強い集団塾です

公立高校であれば、ある程度の難関高校まで視野にはいりますが、難関私立高校の受験に関しては、若干劣る傾向がります。

地域密着タイプだけに地元の公立高校に強い集団塾です

公立高校であれば、ある程度の難関高校まで視野にはいりますが、難関私立高校の受験に関しては、若干劣る傾向がります。

地域密着型学習塾『個別指導』

個別指導高校受験

地元密着タイプなので、基本的に学校の授業レベルの指導を行う学習塾も多数存在します

個別の指導でより深く基本学力を向上させるタイプです。

地元の公立高校を目指すのであれば、得意としている塾も多くあります。

一方で、私立進学校への受験は塾によって苦戦が必須となることも考えられます。

それぞれのタイプの中に更に分類をしていくこともできます。

当然クラス分けや特化タイプの学習塾も存在します。

大手だから大丈夫というわけではないようです。目指している高校にあった塾を選びましょう。

塾に通う必要がある受験生

実際に受験生に限らず中学生で塾に通う必要がある生徒と特に通わなくても良いと判断できる生徒がいます

一般水準の公立高校を基本に考えている受験生で、成績も充分に届いている受験生であれば、無理に学習塾に通う必要はありません。

むしろ学校の成績が良く難関私立高校を目指している中学生や成績が悪く基本の学力を身につける必要がある生徒にこそ学習塾は必要になります。

前者の成績が良く難関私立高校を目指している受験生は、学校で習う範囲の学習では十分な対策をすることができません。

実際に私立中学校などの場合は、早く授業が進んでいることも多いの授業についていくには進学塾のような存在が必須になります。

一方、学校の授業についていくことができない生徒は、授業で習う基本的な学力をつける必要があります。

場合によっては個別指導の塾でじっくりと理解を深めることも考えらえます。

中間層の生徒は、無理に塾に通う必要がありません。

しかしながら、上位の公立高校を目指すのであれば、当然通塾も視野に入れることになります。

塾のスタイルとお子さんの状態に合わせた塾選びが大事です。

【参考記事】学習塾に行かなくてもコスパ良く学習できる方法とは▽

理想的な通塾開始の時期は?

塾に通うタイミングはかなり難しいのが本音です。

その子の性格やまわりの友人関係にも大きく左右されます。

中学1年生から塾に通う生徒は多くいます。

ただ、この時期から通いはじめると良い意味でも悪い意味でもまわりの影響を受けます。

特に同じ公立中学校の生徒が多く通う地元密着タイプの学習塾だと必ず良い結果につながるとは言い切れません。

従って少し遠い大手進学塾などを選ぶご家庭もあるようです。

大手進学塾の場合は、基本的に私立中学に通う生徒も在籍していますし、多くの生徒が難関高校を目指しています。

高い目標を持つ生徒には向いています

また、中学3年生になってから通塾を考えると受験生やご家庭も少なくありません。

この場合は、まわりも受験生なので地元の塾でも本人次第で充分目標校を目指せます。

但し、大手進学塾などに通う場合は、中学1年生から通うのが理想だといえます。

私立中学校の授業は、公立中学校よりも進行度は早く、難易度が高いのが特徴です。

私立中学校の生徒と一緒に中学3年生から難関私立高校を目指すのは、かなり困難な受験対策になります。

その差を埋めるのは並大抵のことではありません

従って、全ての中学生に当てはまる訳ではありませんが、少なくとも私立難関高校を目指すのであれば、中学1年生から通塾や家庭教師などの対策は必要だと考えられます。

志望校のレベルに応じて入塾させるのがベスト。でも、見極めが難しいです。

【参考記事】学習塾や家庭教師ではないインターネットを使った学習法とは▽

個別指導タイプの学習塾のメリットとデメリット

メリットデメリット
『大手進学塾』と『地域密着型塾』の双方に違いはあります。

塾のタイプ以外にも集団指導と個別指導による塾の違いがあります。

ここでは個別指導塾に絞って、特徴やメリットとデメリットを考えていきます。

自分のお子さんや受験生自身が気になっていることを説明します。

個別指導タイプ学習塾のメリット

個別指導タイプ学習塾の最大のメリットは、生徒にあわせた授業の進行です

この部分は少人数制独特の良さで、質問などもしやすい環境が特徴です。

生徒と講師の相性が悪い場合も講師を交代できる塾も多くあります

自分にあった環境での学習なので成果も期待できます。

個別指導タイプ学習塾のデメリット

多くの受験生で授業をする集団型の塾と比べると「競争心」や「高いモチベーション」の維持が難しくなります

自身の学力に合わせる傾向があるので、授業の進行速度や難易度に遅れが出る危険性もあります。

【参考記事】塾に通っていながら自宅で学習できるアプリとは▽

<スポンサードリンク>

個別指導塾と集団指導塾のどちらが良いの?

どちら塾高校受験
個別指導型塾のメリットとデメリットが理解できたと思います。

ここで、自分のお子さんやお子さん自身がどちらのタイプに向いているかを考えてみましょう。

受験生による「向き」「不向き」!?

受験生の性格によって、双方の塾に対する「向き」「不向き」が存在します。

積極的な性格で学習意欲の高い生徒であれば、集団タイプの塾が向いていると考えられます

高い学力があることも集団タイプに向いている受験生の特徴ともいえます。

ハイレベルな授業にもついていける学力があり、難関私立高校を目指すタイプが多くなります。

苦手分野の克服や特定の科目に特化した学習を目指す生徒には個別指導型が向いています

自分にあったペースで授業を進められるので、基本学力をつけるのに効果が期待できます。

また、性格的に消極的な生徒も個別指導の方が向いていると考えられます。

わからないことを質問することは塾の最大のメリットですから、授業中の環境を整えることも重要です。

志望校による選択方法

難関私立進学校や難関公立高校などを目指す受験生は、集団タイプの進学塾を選択したいものです。

まわりとの競争や切磋琢磨は受験にとってプラス材料が多い環境になります。

一方、学校での成績が今一つの場合は、特定の科目が劣る生徒は、個別指導で確実な基礎学力を身につけることが必要になります。

自身の志望校や現状の成績によってもどちらのタイプが良いかが異なります。

もちろん、例外も多々あるので、塾を選ぶときは慎重に選択をしましょう。

学習塾以外の選択肢はあるのか?

学習塾以外の選択肢は、独学か家庭教師という考え方が存在します。

中には、学習塾と家庭教師を併用するご家庭も最近は増加傾向にあります。

又は、個別指導と集団指導の両方の塾に通うことで、双方の弱点を補うという考え方の保護者も多いです。

このように受験対策は多種多様になります。

親として成績アップのためなら頑張るけど、やっぱり費用は気になるよね。

【参考記事】今の学習を補う勉強法とは▽

学習塾の月謝も様々。学習塾の費用を調べてみた

体験学習高校受験
受験生というよりも親御さんの問題になりますが、学力や授業も大切ですが、月謝や教材代などの費用も塾選びの重要な判断要素になります。

ここでは、全国的に人気が高い学習塾をいくつか調べてまとめてみました。

月謝や費用で選択するのはどうかとも思いますが、親の立場で考えると重要なことです。

月謝やその他の費用に関しては、学年や教科数、コースなどによって大きく異なります。事前に電話などで費用の確認をすることをオススメします

個別指導タイプ

全国展開している学習塾から共通しているポイントを説明していきます。

また、学習塾によっては、有名な難関大学の学生アルバイト講師ではなく社会人プロの講師のみで指導している塾もあります。

最初はホームページで『無料体験授業』に申し込む

ほとんどの学習塾が独自のホームページを展開されています。

各学習塾の教室へ直接来塾してもよいと案内されていますが、ほとんどの受験生は事前に申し込みを行って来塾されてるように記載されています

その事前に申し込みとは、『無料体験授業』です。※学習塾によっては、別の表現をされている場合がありますが内容はほぼ同じです。

実際体験することでこの塾が合っているのか感じてほしいです。

共通している入塾までの『手順』

1、気になる学習塾のホームページを訪れ、自宅から通える教室がないか探してみて下さい。
2、近くに教室が見つかった場合、ここで『無料体験授業』を予約申し込みをします。
3、予約方法はホームページで行います。『無料体験授業』の申し込みページを見つけ必要項目を記載していきます。
ここまでが、自宅でできる作業です。

4、予約日に教室に行きます。もちろん、保護者は同伴してもよいです
5、ここで2つのパターンに分かれます。
1つ目のパターン:最初に面談を行います

その面談でヒヤリングした内容をもとに体験授業(ほぼ1コマ90分)に参加します。

塾によっては4日間ほどみっちり指導してもらえる場合もあります。

2つ目のパターン:最初に体験授業(ほぼ1コマ90分)を受けてから面談を行います。

6、この体験授業が終わった後、今後の学習の方向性を決める『プランニング』が提案されます。

ここは、生徒だけではなく親としていっしょに説明を受けることをオススメします。
7、その場で入塾を決めるのではなく、一度家に持って帰りじっくり検討するよう提案されます。

と同時に大体の期限を決めてご連絡くださいとも伝えてきます。

その場で決断するのもよいと思いますが、今後の大事な判断になるのでここは一度冷静になることをオススメします。

親子でゆっくり検討することが大事です。

月謝など料金について

実際は、学習塾によってバラバラです。

また、教室によってちがう学習塾も多いです。

なので、正確な金額を知りたい場合は事前に問い合わせて体験授業に参加するのも手です

ここでは大体の目安について伝えます。

例:中学3年生の場合
週2回(月8回) 1コマ 90分 23,000~40,000円

金額に差があるのは、1人の生徒に何人の講師が担当するかによって異なってきます。

基本的には、1人の生徒に対して1人の講師のみだと月謝は高くなっていきます。

標準は、1人の生徒に対して3~5人の講師が担当することが多いです。

ちなみに、チェックしてほしい情報は期間限定ですが『入学金無料』や『年会費無料』のキャンペーンを行っている学習塾も多いです。

かなりお得になるので、体験授業を申し込まれる際は、『ホームページトップ画面』や『お知らせ』など同時にチェックすることをオススメします。

少しでも費用を抑えるためにもぜひ検討してください。

集団指導塾

集団塾高校受験

集団指導塾も個人指導塾と同様、無料体験授業を設けています。

さらに、生徒の学力を測定する『診断テスト』を実施するところがほとんどです。※学習塾によっては、別の言い方の場合がありますが内容はほぼ同じです。

こちらも同様、無料体験は参加した方がいいです。

最初はホームページでチェック

集団指導塾同様、ホームページから申し込む方法がほとんどです。

専用の申し込みページが準備されているので内容に沿って記載してください。

ここで注意してほしいことは、学習塾によっては在塾生に全力指導するため新規募集を行わない教室もあります

申し込みする際は、そのあたりを確認されることをオススメします。

共通している入塾までの手順

1~4までは、個別指導タイプの学習塾とほぼ同じ手順ですがもう一度説明します。

1、気になる学習塾のホームページを訪れ、自宅から通える教室がないか探してみて下さい。

2、近くに教室が見つかった場合、ここで『無料体験授業』を予約申し込みをします。

3、予約方法はホームページで行います。『無料体験授業』の申し込みページを見つけ必要項目を記載していきます。
ここまでが、自宅でできる作業です。

4、予約日に教室に行きます。もちろん、保護者は同伴してもよいです

5、『無料体験授業』に参加した後、学力診断テストを受けます。そのテスト結果をもとに『学力相談』が行われ、苦手な教科や単元など分析してもらいそれぞれに合ったクラスを紹介されます。また一部ですが、テスト結果を返却した後に『無料体験授業』の案内がある学習塾もあります。※ほとんどの学力判断テストは費用が発生しています。

6、こちらも個人指導塾同様、その場で入塾を決めなくてよいです。一度自宅に帰りしっかり検討することが大事です。

これからお世話になる塾だからしっかり検討することをおススメします。

月謝など料金について

やはり、学習塾全般で同じようなにいえることですが地域や教室によって料金体制は異なります。

間違いない金額が知りたい場合は、教室に確認することをオススメします

こちらも同様、大体の目安で伝えます。

例:中学3年生の場合
週3~4回(月12~16回)1コマ 60~90分 5教科コース33,000~44,000円

各学習塾、様々なコースを準備しているので金額に違いは出ている傾向です。

また、教材費やテスト費など別途必要な場合がほとんどなので注意してください。

やはり、各学習塾の教室に授業料や費用に関しては直接確認することをオススメします。

個別指導タイプの塾の方が基本的に単価は高くなっていますが、個々のカリキュラムによって授業料は大きく異なります。

塾による違いもありますが、大きな開きはありません。

元々集団指導タイプの塾が個別指導の教室を開講しているケースも多いのが特徴です。

集団指導タイプの塾でも選択する教科数やコースによって費用は異なります。

大抵の塾は資料請求や事前体験学習など様々な方法で塾の特徴を公開しています。

個々の性格や志望校によって選ぶ塾を考える必要があります。

まとめ

・学習塾は大きく分けて4つのスタイル
・メリット・デメリットを参考に、受験生にあった塾を選ぶ
・ほとんどの塾が無料で体験入学を行っているので参加してみる
・月謝は、同じ塾でも地域によって異なる

中学生が入塾をするタイミングで最も多いのは、中学1年生か中学3年生のはじめです。

特に難関私立校を受験する中学生はできれば、中学1年生から塾に通う事をオススメします。

個別指導タイプの塾と集団指導タイプの塾に関しては、どちらも一長一短だと言われています。

ただあまり塾を何度も変更するのは好ましくありません。

入塾の前に様々な調査をしておくのは親の役目でもあります。

評判だけで判断するのではなく、実際に見学や面談などを行って決めることもできます。

中学生の塾選びは、生徒の個々の性格や成績だけでなく、目標によって異なります。

決して安い費用ではありませんので、慎重に決めることをオススメします。

【参考記事】学習塾以外で成績アップできる勉強法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。