ネット塾ランキング【中学生専用】

【学習内容・実績・お得】メリット・デメリットを比較

【神奈川】内申点の計算方法。不登校・出席日数は高校受験にどう影響する?


内申点高校受験
高校受験の中でも公立高校への受験生に大きくかかわるのが内申点です。

確かに公立高校の受験には、内申点が重要です。

今回は、高校受験の中でも「内申点」に注目をしてみたいと思います。

この記事を読めば、内申点の仕組みや必要性が理解できます。

<スポンサードリンク>

内申点ってよく聞くけどナニ!?計算方法?高校受験との関係について知りたい

高校受験でよく聞く内申点って何?計算方法ってあるの?

高校受験の中でも公立高校の合否には、「内申点」が大きな要因になると考えられています。

また私立高校でも推薦入試などの場合には、「内申点」が基準になることもあります。

多くの受験生が内申点の意味を大方理解していると思いますが、おさらいの意味を含めて内申点や内申書(調査書)のことを説明していきます。

内申点とは?

内申点と内申書は似ていますが、実際には異なる用語になります。

この2つの用語を区別して理解しておきましょう。

内申書は、調査書とも言われる書類のことで、在籍している中学校から受験をする高校に提出する文書のことを言います。

内申書(調査書)の内容は、対象生徒の中学校での学習評価や部活動をはじめ学校生活の全体的な事を記載している書類になります。

内申点は、内申書の学習評価の評定部分を教科ごとに数値化したものです。

科目ごとに1~5の5段階で評価をして内申点として算出します。

対象となる科目は、原則的に9科目です。

対象科目は、「国語・数学・社会・理科・英語」の主要5科目と「音楽・美術・体育・技術家庭」の実技4科目になります。

全科目の評定が「5」であれば、合計で「45」となります。

この算出した内申点のことを受験用語では、「素内申」と呼びます。

なぜ、「素内申」という言葉が必要なのかは、後ほど説明をします。

内申点と内申書(調査書)の違いや仕組みはある程度理解できたと思います。

内申点は5科目ではなく、9科目が対象なんですね。

都道府県によって異なる入試方法と内申点の付け方

学習評定を科目ごとに5段階で表して、9科目合計したものを内申点ということを説明しました。

最後に「素内申」という言葉も出てきました。

基本的に内申点は、先ほども説明した「素内申」と呼ばれる「9科目の5段階評価」が基準になります。

更に「素内申」の他には、「換算内申」という言葉が存在します。

「換算内申」は、「素内申」を個別の方法で算出した数値のことです。

この算出方法は、各都道府県によって異なるので、「素内申」と区別して使用することになります。

各都道府県の「換算内申点」の算出方法に関しては、ここでは詳しく触れません。

自分の該当する都道府県の資料や中学校、学習塾などで確認をして下さい。

内申点の計算方法を見てみよう。

内申点には、「素内申」と「換算内申」があることを理解したと思います。

ここでは、実際に内申点の計算をしてみますので、参考にして下さい。

今回は、各都道府県の中から「神奈川県」の公立高校入試時内申点の算出方法を紹介します。

実際の説明は、記号におきかえながら行うので「数学」のような感じになります。

そして、できるだけ理解をしてもらいたいので、便宜上数値や記号ではなく、用語を並べて説明していきます。

まずは、神奈川県の公立高校受験の仕組みを簡単に説明します。

神奈川県の一般入試は、「選抜試験」と「面接」が共通選抜として行われます。

選抜試験は、「英語・国語・数学・社会・理科」の5科目です。

面接は、事前に提出をしている「面接シート」と「調査書」の記載内容をもとに行います。

一般入試の合否を定める時に、「二段階選抜」を用いるのも神奈川県の特徴になります。

二段階の具体的な選考人数は以下の通りです。

・第一次時試験:募集人数の約9割を選考する入試
⇒>第一次選考は、「調査書の評定」「選抜試験」「面接点」と専門科では「特色検査」から算出した数値の高い受験生から合格者を決定します

・第二次時試験:残りの募集人数を選考する入試
⇒「調査書の評定」を除いた数値が上位の受験生を順に合格としていきます。

「調査書」「選抜試験」「面接」の合否への割合は学校によって異なります。

例)
神奈川県立A高校 調査書4 選抜試験 3 面接 3
神奈川県立B高校 調査書3 選抜試験 5 面接 2

上記の場合は、県立B高校の方が、当日の選抜試験を重視していることになります。

「調査書の評定」を除いた数値が上位の受験生を順に合格としていきます。

神奈川県の公立高校の入試の仕組みが理解できたと思います。

ここからは、「換算内申点」の算出方法を説明していきます。

神奈川県の内申点は、中学2年生(3学期)と中学3年生(2学期)の成績が基準になります。

中学2年生の成績は5段階×9科目ですが、中学3年生は評定を2倍します。

例)5段階評定が全て5の生徒の場合。
5×9+5×9×2=135 ということになります。

この方法で出した数値が、「換算内申点」となります。

今回は、内申点の算出方法なのでここまでにしておきますが、実際は「選抜試験」「面接」も合否に影響します。

なぜ、高校受験で内申点が必要なのか?内申点はどんな影響力があるのか知りたい

高校受験で内申点が必要なのはなぜ?どんな影響があるか教えてほしい

以前に比べると内申点が、高校受験の合否に関わる比率は少なくなりました。

しかしながら、依然として合否を決定する重要なポイントになります。

ここでは、内申点が必要な理由や合否に対する影響などを説明します。

内申点のあり方には賛否両論あるので、様々な考え方があります。

内申点を意識して、しっかり学習していれば問題はないです。

内申点が必要な理由とは?

先ほども説明をしましたが、神奈川県の公立高校では、「内申書(調査書)」「選抜試験」「面接」を合否の判断に使用しています。

3つの項目の比重は、各高校によって異なります。

定められているのは、「面接」は比率が2以上ということです。

つまり、残り「8」を「内申書」と「選抜試験」で分配することになります。

偏差値の高い進学校になるほど選抜試験の比率が高くなりますが、内申書が「0」ということはありません。

比率は決まっていませんが、確実に合否に影響することは解かっています。

それでは、なぜ「内申書」を合否判定に使用するのでしょうか?

最も考えられる理由は、選抜試験1日だけで全てを決めるのではなく、中学校生活をどのように過ごしてきたかも総合的に判断をする。

このような理由が、最も適切な理由なのではないかと思います。

他にも理由はあると思いますが、最も適切だと思われる理由をあげてみました。

内申点が高校受験に及ぼす影響

内申点が高校受験に及ぼす影響は、これまでにも書いているように比重は高校によって異なりますが、確実に影響をすると考えられます。

もちろん内申点がいくら高くても、選抜試験ができなくては意味がありません。

逆に当日いくら良くても、中学校時代の評定が悪ければ不利になります。

確かに偏差値の高い進学校ほど内申点の比重は低めに設定されています。

それでも確実に合否に影響を及ぼすと考えて問題はありません。

定期テストで、しっかり高得点を狙うことが後ほど重要になってきます。

<スポンサードリンク>

公立高校を目指す生徒のみで私立高校は内申点とは無関係ってホント?

私立高校を受験する生徒に内申点は関係ないの?必要なのは公立高校のみ?
私立高校を受験する場合は、内申点は関係がないと考えている生徒もいるようです。

確かに公立高校と比べるとあまり内申書に触れていない私立高校もあります。

ここでは、内申点と私立高校の関連性について説明をします。

私立高校だけ受験を考えている受験生は是非読んでほしいと思います。

内申書で考える、私立高校と公立高校の違い

神奈川県の公立高校は、内申点の比率は高校によって異なります。

既に確実に内申書が合否に関わるということは説明しました。

私立高校受験に関しては、高校や受験方法によって内申書の影響力が異なります。

これは神奈川県の私立高校だけではありません。

受験前に要チェック。私立高校の受験形式。

私立高校の受験方法は、大きく分けて2通りになります。

「推薦入試」「一般入試・オープン入試」という呼び方が一般的なようです。

■推薦入試

一部の難関高校では導入していませんが、多くの私立高校で採用している方式になります。

各私立高校の推薦条件をクリアしていれば、「面接」「作文(論文)」を形式的に行ないますが、合格できやすい入試方法です。

その他にも神奈川県では、「書類選考」「単願(専願)確約」「併願確約」という入試方法が存在します。

それぞれを簡単に紹介します。

書類選考とは

文字通り書類選考のみで合否を決定する入試方法です。公立高校との併願時にも利用できる高校もあります。

単願(専願)確約とは

各私立高校が定める基準をクリアしている受験生で、他校を受験しないことが条件の入試方法です。

併願確約とは

公立高校や国立高校を第1志望にしている受験生が「すべり止め」に使用する入試方法です。第1志望が不合格だった場合は、入学をするという入試方法になります。

今回は内申点の説明なので簡単に紹介をしました。

ここで紹介した入試スタイルは全て内申書や内申点が合否に大きく関係してきます。

私立各高校が定めた基準点をクリアしていれば、よほどのことが無い限り合格が内定と言われている方法になります。

■「一般入試」や「オープン入試」

もうひとつの受験方法です。

これらは、実力勝負なので「内申点」は合否に関わりません。

私立高校を受験するのに内申点は重要なのか?

内申点を意識しないで受験だけで勝負をするという高校もありますが、殆どが難関校か偏差値が高い進学校ばかりです。

このような学校を受験する場合は、併願校で「併願確約」などを利用することが予想されますので、やはり内申点は必要になります。

疑問?不登校の生徒は、高校受験はできるの?内申点はどう評価されるの?

不登校高校受験

近年、問題にもなっている「不登校」

様々な理由から中学校に通う事が困難になっている生徒も少なくありません。

不登校の生徒は、高校受験はできないのでしょうか?

また内申点はどのような評価になってしまうのかを説明していきたいと思います。

不登校の生徒と高校受験。

先に結論を説明すると、不登校だから高校受験ができないということはありません。

まずは、この部分を理解してほしいと思います。

不登校の生徒と言っても、完全に出席をしていない生徒と何日かに1日は出席をする生徒もいます。

また、学校の定期テストを受けているかどうかも大切になります。

一般的に欠席が30日を超えると内申点に大きく影響します。

実際に欠席が多い状態で、定期テストも受けていないと「内申点」は厳しくなります。

従って、不登校の生徒が通常の受験生と同じ条件で高校受験をすることは難しいと思います。

これは厳しいことだと思いますが、受け入れることになります。

不登校の生徒は不利ですが、あきらめることはないです。

ただ近年は、積極的に不登校の生徒を受け入れる高校も多くなっています。

定時制高校や通信制高校という選択肢もあります。

不登校の生徒は内申点でどのような評価になるのか?

不登校の度合いにもよりますが、「出席日数」は調査書(内申書)に影響します。

内申点は成績なので、「授業」「定期テスト」「提出物」などが重要になります。

少なくとも「英語・国語・数学・社会・理科」の5科目に関しては、定期テストを受けていないと内申点はかなり厳しい状況になることが予想されます。

また、「美術・技術家庭・体育・音楽」なども提出物や実技テストなどを受けていないと確実に厳しい結果になります。

不登校の生徒が考える高校受験と進路

不登校の生徒が高校受験を進路として考えるのは悪いことではありません。

但し、現状を打開することも必要だと考えてほしいです。

高校受験だけを考えるのであれば、学校の担任に相談をすることが最初です。

内申点を含めて現状を知ることから始める必要があります。

通常の高校受験が可能な状態なのか、受け入れ可能な高校を受験するのかの選択も慎重に対応をしていくことになります。

誤解をしては困るのが、高校受験をするから「不登校」を解決したわけではありません。

本来は根本を改善することを優先するべきです。

まとめ

・高校受験に関して、内申点・内申書はとても大事。
・公立高校はもちろん、私立高校も合格に影響を与える場合がある。
・不登校の生徒も内申点はもちろん評価されている。
・不登校の生徒も現状を打破して、高校受験に臨んでいこう。

今回は、内申点のことを説明しました。

この文章を読んでいるのが、中学何年生かはわかりませんが、ひとつ理解してほしいと思います。

内申点が重要かどうかを考えるのは、受験校を選ぶ段階になります。

公立高校だけでなく、私立高校でも難関校に合格するには、高い学力が必要です。

高い学力を身につけるには、学校の定期テストで結果を出せる実力が必要です。

定期テストで良い点を取るには日頃の授業や家庭学習が重要になります。

先々を考えるよりも、目前の授業や定期テストを大切にしましょう。

日々の努力は確実に力になります。

特集記事一覧

姉妹サイト

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。