中学生-自宅学習を比較『オンライン学習・家庭教師・通信教材』

料金・学習内容・サポートを比較ランキング

高校入試不合格。その後の教訓

教訓高校受験

<スポンサードリンク>

【高校受験】受講票は忘れるし、スマホを持っていくことも忘れる

私の偏差値は45。受験した高校は、志望校の公立高校と私立高校は2校の計3校です。

三者面談の時に、私の偏差値で受けられる高校を決めて受験をすることになりました。

私立高校の2校は、学校見学をしてわかったのですが、自宅から遠く通学するにも片道で1時間以上かかってしまいます。

なので、やっぱり本命は公立高校。公立高校は、自宅から比較的近くでしたので、通学がしやすいです。

受験勉強は順調に進んでいて、1校目の私立高校の受験日を迎えることになりました。

初めての高校受験でしたので、受験当日自宅を出て駅に向かう途中に、受験票を忘れたことに気付きました。

すぐに、自宅に戻り、再度自宅を出たら手に持っていたスマホがないこと気付き、また自宅に戻ることになったのです。

思い出すと笑ってしまう理由は、受験票を取りに帰って駅のホームで戻ってきたにも関わらず、電車を待っていたら『あっ、スマホがない』と気付いて、また自宅に取りに戻ってしまったこと。

今でも思い出すたびに、自分のとった行動ですが自分自身に笑ってしまうのです。

【不合格体験記】その後の教訓になった

かなり、気持ちが焦っていたので、試験は不合格になったのですが、本命の練習になったのでこういった失敗した経験が良かったのではと感じてます。

本命の高校入試日には、しっかりと準備を整えて行くことができました

しかし、試験では100%の力を発揮できなかったので不安な面が残っていました。満足できる解答ではなかったのです。

そして、合格発表の日に、会場に行って私の受験番号があったときは本当にホッとしました。

公立高校が一番最後の入試だったので、落ちたらどうしようと思ってたのです。

私は緊張しやすい性格でしたので、受験番号を見るまでは心臓が飛び出るくらいドキドキしていました。

私は、今回の高校受験を体験してみて、やってしまった失敗をもとに教訓を活かして頑張ることが出来たのが合格の要因だったかなって感じております。

<スポンサードリンク>

高校受験は通過点。浪人したけど有名大学に進学できた

高校受験は、自分自身の将来へ向かう第一歩なので自分が入りたい高校を選ぶことが大事。

学校生活では、授業を真剣に聞かないと中間・期末テストでは困る結果になります。

大学へ進学をする際は、進学コースでしたが現役合格できず浪人してしまいました。

だけど、予備校に通って勉強したので、有名な大学に入学することができました。

高校の偏差値が低いからと言って大学へは入れないと言ったことはないです

ですので学校生活は、大いに楽しんで、大学に進学をする方は、受験勉強も頑張ることで有意義に高校生活を送ることが出来ます。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。