• <スポンサードリンク>

中3の夏休みで偏差値15アップ♪学校でマンツーマン勉強法と塾の夏期講習に参加しない理由

夏休み高校受験
僕の中学3年の夏休み前の偏差値は、40くらいでした。

<スポンサードリンク>

僕の志望している高校は、偏差値が10足りない

志望校は、少し山の奥にある公立高校です。私は、保育士を目指していたのでその高校を志望しました。

しかし、その高校の偏差値は50くらいで合格判定はほぼ厳しい状態でした。

三者面談の時には担任から「この高校を受けられないから違う高校を志望することをオススメする。」と言われた時はかなりショックでした。

親も半分諦め気味で、家に帰ると志望校を変えるつもりはないかと話し合いになるくらいです。

たとえ偏差値が低くても、判定が低くても、担任と親だけには一言でもいいので「頑張れ。」といってほしかったです。

それが悔しくて、高校受験勉強は必至で頑張ろうと決意しました。

偏差値が低いなら夏休みで挽回する。僕の高校受験の勉強法

僕は、夏休みに苦手科目である数学と英語を頑張ろうと思いました。

しかし、何から手を付けて良いのか分からず、塾に行くのもお金が掛かって嫌だったので、信頼できる学校の数学教師と英語教師に相談してみました。

そしたら、私専用の問題用紙を用意してくれたり、苦手な分野の宿題を毎日学校で教えてくれたりしました。

各教師たちが時間を作って、マンツーマンで教えてくれたのですごく嬉しかったです。

私も期待に応えたくて、毎日テレビを見る時間を減らしながら無理をせずに勉強に励みました。

夏休み中は、土日以外は毎日学校に通うことが日課になっていました。

すると、担任から「学習塾の夏期講習には参加してみたら?」とアドバイスしてきたのですが断りました。

<スポンサードリンク>

中3でも夏期講習に参加しない理由

理由は、私の場合みんなに合わせる学習法に自信がないです。

なぜなら、昔に一度参加はしましたが、勉強スピードがついていけずに挫折した経験もあるからです。

だから、夏期講習には参加しませんでした。

その分、各教師には迷惑をかけてしまいましたが マンツーマンの方が私にとって相性がよかったですし分かりやすい。

私のわからないポイントもすぐに質問できるので十分手応えを感じていました。

ただ、時には息抜きも必要だということで近所にある夏祭りなど行って遊んだり、川や海に泳ぎに行ったりもしていました。

夏休みを終えて

そんな楽しい体験があった夏が終わり、夏休み明けのテストにむけて必至に頑張った結果、偏差値が55まで上がりました。

判定も一気に合格圏内までなっていて、担任と親を見返すことができました。

でも、おばあちゃんからはよく頑張ったねと褒めてもらい正直泣いてしまいました。

それでも、私だけだったらここまでの偏差値を上げることが出来ませんでした。

これも夏休み中にわざわざ学校まで足を運んでくれた各教師に感謝の気持ちでいっぱいです。

その後、高校受験ですが見事に志望校に受かり、将来の夢のため一生懸命保育士の資格勉強を楽しくしています。



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。