気づいたら終わってた夏休み。高校受験は、秋から勉強しても間に合う?

サッカー高校受験
中学3年の夏休みが終わり、秋から勉強して間に合うのか?受験生なら一度は思ったことあるはずです。

大丈夫、間に合います。

ではどうすればいいのか。

それはしっかりスケジュール管理をしながら学習していくことです。

今回は、夏休みまでしっかり部活していた受験生が9月から本格的に学習。

志望している高校に合格できるかについて解説します。

夏休みまではサッカー部に所属しており、毎日頑張っていました。

<スポンサードリンク>

志望する高校の偏差値は?秋から始める受験勉強への考え方

間に合う高校受験
ほとんどの生徒は、受験勉強を始めている時期です。

なかには、部活の成績がよく夏の大会が長引いてなかなか引退できなかった生徒もいました。

その生徒たちは、この夏休み満足いく勉強はできなかったみたいです。

そんな生徒から「夏休みほとんど勉強できなかったけど、今からやれば間にあうかな?」とよく耳にします。

僕は夏休み前から、自分の納得いくスタイルで勉強をすすめ、さらに夏期講習で磨きあげたのでほかの生徒より受験勉強対策には自信があります。

だから、思うことは『まだ、間に合うでしょ。』ということです。

『間に合うかな。』と不安で悩むくらいなら、『どうやって間に合わすか。』と発想を変えて考えるべきです。

不安になる気持ちはわかります。しかし、悩んでも仕方がない。これからどう頑張るかを考えるべきです。
よくインターネットや雑誌で、『100日で志望校合格』みたいな記事をよく見ます。

確かに実績を出している生徒もいるので、凄いと思います。

でも僕は、そんな一か八かみたいな受験勉強ではなく、確実に偏差値を上げるほうがよいと思っています。

発想が逆で、まだ9月です。『間違いなく間に合う。』と決意し、『集中力』と『効率』と『モチベーション』で乗り越えていった先輩たちを何人も観てきました。だから、できます。できるはずです。

志望校の偏差値を知り、自分の偏差値を知ることの大切さ

あの『孫子の兵法』に書かれている有名な一節。

『彼を知り、己を知れば百戦して危うからず』。

『危うからず』なので100%大丈夫と言っているわけではなく、志望校の偏差値を知って僕自身の偏差値を知る。

そうすれば、スケジュールに沿って戦う計画をたてることができる。

だから、合格できる可能性が一気に上がると僕は解釈しています。

9月に入ってすぐに定期テストが始まります。

もちろん、受験勉強も大事ですが、学校の試験や行事もとても大事です。

特に、内申書に響きます。

いつも、全力で頑張るつもりです。

そして、部活を引退して、時間に余裕ができたので遊びたい気持ちはあります。

しかし、ここはグッと我慢して志望校の偏差値や僕の学力を知る時間にあてました。

志望校の偏差値は、担任や学習塾のチューターに相談したら教えてくれます。

同時に、自分の学直を知ることもできます。

都道府県によって時期に違いはあるみたいですが、学校や学習塾で学力テストを実施しています。

僕が3年生のときは、体育館で学力テストを受けました。

このテストを受けて、数日後に自分の偏差値を知ることができます。

他の中学校も同じ時期に受けている可能性が高いので、学内だけと違ってより正確な偏差値を知ることができます。

なぜなら、他校の中学生を含め、試験を受けている人数が多いからです。

そして、自分の偏差値を知ることと同じくらい大事なのは、どの単元を間違ったのか知ることです。

【高校受験】気づいたらもう10月。秋から始める勉強について考えてみた

10月高校受験
この時期に受ける学力テストは、ほぼ高校入試問題と同じ範囲。

中学1年からの範囲で苦手な単元がわかるはずです。

時間に余裕があるなら、中学1~3年生の1学期までの総復習すればよいのですが、もう10月です。

時間に限りがあるので効率を上げることを考えると、苦手な単元だけをピックアップし、ポイントを絞って復習する。

もちろん、スケジュールに沿った計画をしっかりたてるべきです。

そして、ここにきて僕は改めて苦手な教科がわかりました。

どうやって苦手な教科を僕自身が判断したかは、テストの点数です。

例えば、僕の志望校の偏差値が60。

この苦手な教科のテスト結果が正解率が50%で、偏差値が50だとしたら、偏差値の差はマイナス10。

だから、僕は苦手教科と判断したのです。

もちろん、自分のなかで得意・不得意を感じるものはありますが、数字でみるとわかりやすいです。

このテストの結果で、間違った単元を特に復習することにしました。

もちろん、計画をたててスケジュールに沿った勉強をしないと、高校入試日まで間に合いません。

だから、この学力テストは大事なんです。

僕は、点数の低い苦手な教科から勉強をしました。

<スポンサードリンク>

暗記教科を強化。僕の2つの暗記法と復習のみの勉強法

暗記高校受験
僕の苦手な教科は暗記教科です。その暗記教科のなかでも、特に歴史は苦手です。

だから僕はちょっと変わった方法で記憶できる暗記法を2つ生み出しました。

暗記問題は偏差値アップしやすいです。ただし、何度も復習することが重要です。

連想しながら暗記する

まず、1つ目は歴史上の人物です。

歴史の教科書に出てくる偉人は、必ず偉人つながりでさまざまな別の偉人たちが出てきます。

たとえば、織田信長とのつながりは・・・。明智光秀・・・。と戦ったのは、後の豊臣秀吉で、その戦いは、山崎の戦い・・・。

みたいに、それぞれを単発で覚えるのではなく鎖みたいにつないでイメージできるように覚える方法です。

この方法で、僕なりの偉人図を作れるほどになりました。

すると、徐々に頭のなかですぐにイメージができはじめ、連想しながら思い出すことができたのです。

さらに、もっと深く暗記するには偉人たちの顔がイメージできればより深く暗記することができます。

そのための方法は、インターネットで各偉人の画像検索します。

すると、有名なゲーム会社が作ったイラストなど多彩に表示されます。

あとは、その各偉人たちが僕の頭の中で戦っているシーンをイメージしたり、お酒を飲みながら一緒に笑っているシーンをイメージしたりして、歴史的な出来事に結びつけました。

以前、僕は机の上でノートに書きながら、同時に声に出しながら暗記していました。

要は、目と耳を使っていたということです。

この暗記法に変えてからは、すぐに暗記できるようになりました。

イメージすることで暗記しやすくなります。

個人差はあると思いますが、僕との相性は抜群。

そして、美術志望の僕は自分なりのイラストで偉人を書き、ノートのいたるところに漫画風に書くということもしていたので、楽しく暗記できました。

スキマ時間を有効利用しながら暗記する

2つ目は、歴史の年号や化学の元素記号の暗記法です。

よく年代一覧にしたり、単語帳の両面を使って覚えたりと様々なことをしました。

しかし、最終的には僕が実行した暗記法はこれです。

スキマ時間を有効活用。

まず、覚えたい年号を僕の声で読み上げます。

その声を、スマホなどボイス機能で録音します。

あとは、ハンズフリーなどを使用して、お風呂に入っているときやトイレに入っているときなど、ちょっとした時間に自分の音声でしっかり聞く。

このスキマ時間で結構覚えれます。

しかも、音声をとるときはちょっと工夫するとおもしろいです。

たとえば

『応仁の乱』の場合は、ちょっと感情的な声で「東区(東群)の細川のおじさん(細川勝元)と西区(西郡)の山名のおじさん(山名宗全)がお店の看板(将軍職)のことで喧嘩するから、うちのおやじ(足利義政)が怒って大変やわ。うちのおやじは、1467年から続くうなぎ屋(室町幕府)の8代目だからクセがすごい。だから、11年もあのうちわ揉め(内乱)が収まらない。いまの僕が、25歳になるまで続いたということだよ。僕は、結婚する前は争いごとじゃなく遊びたいよ。マジ勘弁やな。」みたいな感じで・・・。

これは少し長いですが、10~15秒ほどにまとめて毎日聞く。

覚えたら次も録音して聞く。

この繰り返しでしっかり暗記することができました。

もちろん、1つ目の連想して暗記する方法と掛け合わすと最強です。

身近な人だと想像しやすくしっかり記憶することができます。

復習の威力はすごい

苦手な教科に関しては、学力テストでどの教科のどの単元が弱いのかは僕自身がよくわかっています。

だから、今までとおり復習を続けることにしました。

その理由は、チューターに相談して苦手な単元のみ指導してもらうスケジュールにバージョンアップしたからです。

この時期は、僕が1年の中で、もっとも辛かった時期でもあります。

やってもやってもなかなか偏差値が上がらない。

そう、思った以上に偏差値が上がらず焦っていました。

しかし、僕の中ではこの学習塾で言われたことをしっかり理解すれば一気に偏差値が上がると信じ続けています。

【高校受験】志望校の入試まであと5ヶ月。僕なりの勉強法

問題集高校受験
もちろん、逆は得意教科と判断しました。

要は、偏差値の差がプラスの教科です。

だからといって全く何もしなかったわけではないです。

まず、僕は自分がほんとうに理解しているのか確認する必要があります。

その確認方法は、親友に何も見ずに説明や教えることができるならば、理解していると判断しました。

親友とお互いに教え合うのも勉強。理解しているかの確認ができます。

だから、11月からは得意教科をしっかり勉強するというより、息抜き感覚で問題集を解きながら見直す程度にしています。

もちろん、おろそかにしている訳ではなく、僕は問題集を選ぶことにこだわりを持ちました。

それは、もしわからない問題があった場合、解説ページがわかりやすいと効率が上がると思ったからです。

簡単にいうと、解説ページ数が多いということです。

もちろん復習は大事なので、得意教科のみはしっかり勉強するのではなく見直す程度。

どこまで理解して、どこまで応用問題を解くことができるか確認ができれば僕は良いとしました。

この確認作業を続けることが大事だと思っています。

だから、問題集も慎重に選びました。

【高校受験勉強】やる気が出ないときもある。モチベーションを取り返すためにとった行動とは

学校説明会体験入学
偏差値があがらない時期は、少し辛いです。いや、かなり辛いです。

高校受験に対して、モチベーションが下がる時期です。

これはさすがに『やばい』と思っていますが、なかなかこの気分を払拭することができません。

そんなときは、気分転換が必要です。

このことは、塾のチューターや学校の担任も同じことを言っています。

かならず、休憩は必要です。

そして、僕の下がったモチベーションを上げるきっかけになったのは、学校説明会や体験入学です。

都道府県の高校によって違いはあるみたいですが、ほとんどの高校は予約しなくても参加できます。

学校説明会は、予約してでも行くべきです。

なぜなら、実際に志望している高校に入れただけでモチベーションが上がります。

僕が参加した高校では、吹奏楽部の演奏や書道部のパフォーマンスで出迎えてくれました。

さらに、施設や部活動の見学、授業の様子まで見学できました。

また、別の高校で体験入学した親友は食堂で試食会もあったと言っていました。

それぞれの高校で、先生だけではなく、先輩たちが誘導して教えてくれるのも親近感が湧いて嬉しかったです。

こんな体験をしたら、モチベーションが上がること間違いなしです。

僕は、帰りに頂いた学校説明パンフレットを机に立てかけて勉強を始める前はにやにやしながら眺めています。

それくらい楽しかったし、その高校に進学できると思うとワクワクして仕方がないです。

辛い時期に、モチベーションを上げるためと思って行動したことが正解でした。

まとめ

・間に合わないと悩むより、どうやって間に合わすか考えて行動する。
・自分の事を知り、志望する高校の事を知る。
・苦手な教科に力をいれて強化する。
・得意な教科は復習など見直す程度に。
・暗記する時は、ちょっと工夫すると楽しく記憶できる。
・学校説明会や体験入学でモチベーションアップ。

夏休みが終わり、ほとんどの生徒は高校受験を意識しているはずです。

部活など夏休み満足できる受験勉強ができなかったことを悔やむのではなく、合格を目標にどうやって受験勉強をしていくか考えて行動することが大事です。

そのために、担任に相談したり、塾のチューターに相談するなど受け身にならず、かならず行動してください。

どんなに勉強して偏差値が高くても、必ず不安はあるものです。

だから、 1日1日を大事に目標を見失わないようにモチベーションを保ちましょう。

どうしても、モチベーションが沈んだときは、学校説明会や体験入学に参加する。

秋から年末までは、イベントも多いです。

最後の中学生だから、ここで息抜きで遊んでも良いです。

でも、目標を忘れずメリハリをつけて受験勉強に影響がないようもう少し頑張って下さい。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。