中学生-自宅学習を比較『オンライン学習・家庭教師・通信教材』

料金・学習内容・サポートを比較ランキング

【塾選びポイント】中学1年生から塾に行くメリット・デメリット

【塾選びのポイント】中学1年生から塾に行くメリット・デメリットを考える
中学生になると見た目の成長や生活環境が変わります。

同時に学校生活や勉強の取り組み方大きく変わってきます。

今回は、変化する生活環境のなかでも重要な学習面の通塾に関する説明をしていきます。

この記事を読めば、塾選びのポイントや中学1年生から通うメリットやデメリットも理解できます。

塾に通う前に知っておきたい基本知識!中学1年生から行く塾のタイプと特徴は?

塾に通う前に知っておきたい基本知識!中学1年生から行く塾のタイプと特徴は?
中学生になると普段の生活環境が大きく変わります。

部活や委員会などの活動はもちろんですが、授業内容も小学校とは大きく異なります。

中学入学と同時に学習の習慣化や高校受験を意識して塾通いを考えるご家庭も少なくありません。

ここでは、通塾までの塾に関する基礎知識を説明しておきます。

難関私立高校・難関公立高校ならオススメは◯◯◯◯塾

難関私立高校・難関公立高校ならオススメは◯◯◯◯塾
中学生が通う塾には、いくつかのタイプがあります。

その中でも難関私立高校や難関公立高校を目指すのであれば、地域密着型の塾よりも大手進学塾がオススメ

理由は、大手進学塾がもっている勉強法やサポートなどは、学習していく本人の成績UPに大きく影響を与えるからです。

難関私立高校の入試問題は、標準的な公立高校の入試問題とも全く違います。全国展開の進学塾だからもっているノウハウが本当に頼りになります。

もちろん難関私立高校の受験問題は、中学校で習う水準よりもかなりレベルが高いめ。

ライバルなる生徒たちのレベルが高いと予想できるので、早い段階から成績UPの対策できる通塾が理想です。

このような理由から、授業料など費用は高めですが難関私立高校を目指すなら大手進学塾に絞ったほうがいいでしょう。

ただし注意すべき点は、自宅から距離が遠い場合など部活との両立や体力面も考慮することです。

健康的に生活を続けないと学力の低下はもちろん、精神面も疲れてきます。

日頃の生活スタイルも忘れないようにしましょう。

地元の公立高校受験なら地元の塾が有利な理由とは

地元の公立高校受験なら地元の塾が有利な理由とは
大手進学塾が難関私立高校向けの塾ならば、地元にある地域密着型の塾は地元の公立高校向けと考えていいでしょう。

一般的な公立高校の受験を目指しているなら、目安として地元でも評判が高い塾選びが基本です。

もちろん難関公立高校を目指すことも十分可能です。

一方で、個人経営など地域密着タイプの塾は、中学校の定期テストや成績の向上を目的とした塾が多いです。

もちろんそれぞれの塾によって学習内容は違います。

必ず学習方針の確認はしておきましょう。

ポイントとして、地元の公立高校を目指すための内申点対策や勉強をしっかり見て欲しいと思う方は、地元の塾はオススメです。

ほかにも、家から近い授業料が低めに設定されているなどの魅力があります。

【中学1年生】塾の選び方。集団指導塾と個別指導塾どちらを選ぶべき?

【中学1年生】塾の選び方。集団指導塾と個別指導塾どちらを選ぶべき?
中学生が通う塾には、大手進学塾と地元の塾といった区分の他に『集団指導塾』『個別指導塾』があります。

集団指導塾は、大手進学塾に多いスタイルです。

授業は、学校の授業よりもペースが早く予習復習が大事です。

集団指導塾は自分の学習ペースというわけにはいきませんが、周りとの競争意識やモチベーションを向上させる期待ができます。

一方で個別指導塾は、講師1人に対して1~3人程度を指導するスタイルの塾です。

家庭教師の指導方法を塾でおこなっているとイメージしてください。

個人指導塾は、マイペースの時間割を組むことが可能です。

その反面、指導者との相性や本人のやる気次第で結果が左右されます。

近年では、集団指導塾と個別指導塾の間になる小規模クラス編成の塾もあります。

そのタイプにもメリットとデメリットがあるので、選び方は慎重に対応しなければなりません。

理解している!?中学1年生から塾に通うメリットとデメリット

理解している!?中学1年生から塾に通うメリットとデメリット
中学生が通う塾のタイプを説明しましたが、中学1年生から通うメリットとデメリットとはどのようなことでしょうか?

ここでは、中学1年生から通塾するメリットとデメリットを考えていきます。

塾に通うのは中学生であるお子さんですが、費用なども考えていきましょう。

中学1年生から塾に通うメリット!

塾に通う最大のメリットは、学習の習慣化がもっとも期待できることです。

とくに難関私立高校を目指している中学生であれば、中学1年生から塾に通うことがオススメ。

難関私立高校の受験対策は早めに開始し、難題に慣れておくことが重要だからです。

もちろん、中学1年生から進学先が決定していない生徒もいるでしょう。

進学先が決まっていないでも、学校の定期テストや成績を良くするためにも通塾をオススメです。

公立高校の受験は、内申書(内申点)よりも学力試験を重視する高校も増えてきてますが、内申点が合否に重要なことに以前変わっていません。

親として成績の不安をなくすためにも、お子さんの中学校生活を楽しくするためにも、学習面での悩みは少なくしたいものです。

以上の理由から、中学1年生から通塾するメリットはとても多いです。

中学1年生から塾に通うデメリット!

中学1年生から塾に通うデメリットは、中学生とはいえ身体的にも精神的にも大きな負担が増えます。

特に中学1年生になったばかりのお子さんは、早い授業ペースや部活動の存在は大きな環境の変化です。

小学校時代と比べると生活環境が大きく変わるので、中学1年生の1学期中に疲れのピークが訪れるケースは少なくありません。

このような場合、通塾は負担になるでしょう。

このような負担が心配だと感じている親御さんが学校の定期テスト対策など塾以外の方法として、『通信教育』『家庭教師』『オンライン学習』などの方法を選んでいます。

これらの方法は、お子さんの体力面や精神面での負担を大きく改善できます。

費用面だけを考えると独学で勉強をするよりも費用はかかります。

この費用は、親御さんに負担になるので、事前にどれくらい必要か確認しておきましょう。

中学1年生から塾に通うなら必ずメリット重視で考えよう!

中学1年生から塾に通うとたくさんのメリットはありますが、もちろんデメリットもあります。

ただし、総合的に考えるとメリットの方が多いと感じます。

通う塾を決めるには、目的やお子さんの性格も重要です。

安易に塾を選び、通わせることで本人の大きな負担は大きくなってくるので注意です。

塾のタイプや授業レベルはもちろんですが、塾に通うことができる体力も考えてあげましょう。

目先のメリットだけでなく、デメリットも考慮したうえで塾を一緒に選ぶことが親の務めです。

塾を選ぶときに口コミはどこまで参考にする?

塾を選ぶときに口コミはどこまで参考にするの?
塾とひとことでいってもご家庭の方針や志望校によって選択すべき塾は異なります。

近年は、インターネットで多くの口コミや評判を知ることもできます。

ここでは、塾を選ぶときに口コミをどこまで参考にするべきかを説明していきます。

ネット上の情報は、正しいものだけを判断する知識や判断力を身につける必要があります。

塾を選ぶときにネットにある口コミは参考になるの?

塾を選ぶときにネットにある口コミは参考になるの?
塾を選ぶときにネット上の口コミを参考にする親御さんも多いと思います。

確かに多くの口コミは、数ある塾の中から絞るのに便利です。

ネット上の口コミを参考にするときに一番注意したいポイントは、内容の信憑性です。

正しい情報であれば問題ありませんが、中には全くデタラメな情報も存在します。

また、塾に限らず実際に通うお子さんの相性もあります。

一概に塾の講師や講義内容を否定的に考えるのもオススメできません。

一方で、全ての良い意見を鵜呑みにするのもあまり良い考え方ではありません。

ネット上の情報は簡単に閲覧できますが参考程度と考えるのがベターです。

塾の評判!近所の評判は参考になるのか?


同学年のお子さんを持つ母親や近所の方の評判も気になるところです。

既に高校受験を経験しているお子さんをお持ちの母親の話なども参考になります。

経験者の評判の方が、ネット上の口コミなどの評判よりもより信憑性が高いです。

高校受験をした先輩ママの話を聞くと、自分の子供との相性がどうか判断しやすいですよね。

特に気になる塾講師の特徴や受講生の進学先なども詳しく聞くことができます。

塾を選ぶときは説明会と無料講習を最大限に利用しよう!

塾を選ぶときは説明会と無料講習を最大限に利用しよう!
塾を選ぶときに一番オススメしたい方法が、説明会と無料授業体験などを利用することです。

実際に親御さんとお子さんの目で見た情報が最も信頼できます。

塾の説明会には、集団での説明会以外に個別面談に応じている塾もあります。

見極めのポイントは、良い部分だけはなく、悪い部分もしっかり説明して納得できること。

悪い部分を知り、納得できることでその塾への信頼度は変わってきます。

良い部分・悪い部分を知ることができるという意味で、実際に体験授業や模試などを経験するのが理想です。

通わせる保護者と実際に通うお子さんが納得できる塾を選ぶことをオススメします。

中学1年生の親御さん必見!塾を選ぶうえで大事なポイントとは?

中学1年生の親御さん必見!塾を選ぶうえで大事なポイントとは?
ここまで塾の特徴や情報の収集方法などを説明してきました。

ここまでの知識があれば、ある程度の数まで絞ることができます。

ここからは、最終的に通う塾を選ぶときのポイントを説明していきます。

塾選びの基本は通う本人の性格と目標次第!


塾選びの基本は、集団指導と個別指導といったスタイルの違いと志望校や目的に応じた講義レベルの比較です。

集団指導タイプと個別指導タイプの選択は、お子さんの性格が主な決定ポイント。

集団の中でも積極的に発言できるお子さんであれば、集団タイプが向いているでしょう。

マイペースで控えめな性格のお子さんの場合は、個別指導タイプの塾が向いている可能性があります。

もちろん指導をする講師との相性もあります。

忘れてはいけないことは、志望校や目的は親御さんとお子さんともに一致していること。

ただ塾に通うことが目的だと、勉強することにずれが生じるので、塾に行く前に志望校や目的をはっきりしておきましょう。

中学生の段階で自ら勉強できる習慣を身につけよう!

中学生の段階で自ら勉強できる習慣を身につけよう!
中学生の学習スタイルで習慣化させたいことは、自分で管理をする定期テスト対策や高校受験対策です。

部活と通塾のバランスを考えながらスケジュール管理をしていくことはとても大事。

とくに勉強のスケジュール管理は、できるだけ早い段階で身につけましょう。

特にハイレベルの高校を志望しているなら、中学1年生のときから勉強を習慣化すること。

部活と塾の両立は大変ですが、スケジュール管理を徹底することが将来必ず役立ちます。

塾+オンライン学習で万全の体制をとろう!


私たち40代の勉強スタイルは、塾と学校の授業を予習・復習するスタイルでした。

しかし、現在最も進んだ学習法は、オンライン学習を利用した方法です。

オンライン学習の利用方法は、塾に通っていない生徒でも十分学習できます。

塾に通っている生徒が講義内容が理解できなかった場合は、塾講師に質問すればいいのですが、思春期の子ははずかしがって質問できない生徒もいます。

仕方がないで終わらせるのではなく、オンライン学習を上手に活用すればこの問題もクリアできます。

もちろん、塾に通っていない生徒も学校の授業でわからなかった箇所をオンライン学習で見直すことができます。

スタディサプリみたいに教科書の内容を解説しているオンライン学習もありますよ。

オンライン学習は、目的に応じて費用もスケジュールも自己管理が可能なスタイルです。

塾に通っている生徒だけではなく、自宅学習している中学生にもオススメです。

まとめ

今回は、中学1年生から塾に通うメリットとデメリットについて説明しました。

塾の特徴や選び方を理解すれば、確実にメリットにつながるはずです。

塾は、お子さんの性格や学力によって慎重に選ぶ必要があります。

最初の塾選びが今後の成績に大きく影響してきます。

正確な情報をより多くあつめるために、先輩のママ友に聞いてみるとか、実際に体験してみるなど行動することが大事です。

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。