中学生-自宅学習を比較『オンライン学習・家庭教師・通信教材』

料金・学習内容・サポートを比較ランキング

正月明けでもまだ間に合う!入試直前、オンライン学習で総復習

まだまだ間に合う高校受験!入試直前にできる最適な勉強方法
高校受験を控えた中学3年生にとってこれから入試までは、毎日がとても重要な日になります。

もう受験までの日にちが少なくなって焦っている人も多いでしょう。

今回は、入試直前だからできる「オンライン学習」のサービスを上手な利用する方法を説明していきます。

受験で忙しい人は、休憩時間などを利用して参考にしてください。

入試直前に利用したいオンライン学習3社のサービス内容を比較

スタディサプリ
e点ネット塾
進研ゼミ
質問×
質問〇
質問〇
復習動画〇
復習動画〇
復習動画〇
塾や家庭教師も良いですが、オンライン学習も使い方次第で合格に近づけます。

単独での使用も可能ですが、塾や他の受験対策と併用すると更に効果が期待できます。

ここでは、入試直前でもオンライン学習を利用した受験対策方法を説明していきます。

オンライン学習の中でも人気の3つのサービスの比較からはじめていきましょう。

スタディサプリの特徴とサービス内容

ネット環境を利用した塾の中でも群を抜いてコストパフォーマンスの高いスタディサプリ。

月額料金は安いですが、内容はハイレベルで年間64万人が利用し、98%の生徒がわかりやすいと満足しているオンライン学習です。

・学習方法

パソコン・スマホ・タブレット他

・入会金

無料

・授業料

980円

・講師

専門の講師

・特徴

利用料金の安さと有名で質の高い講師陣による授業が人気。

入試前の活用方法は様々で、たとえば『わからない単元』から『都道府県ごとの公立高校の入試対策』まで幅広く利用できます。

スタディサプリの講義内容は、最新の高校受験対策にも充分対応しているので安心です。



e点ネット塾の特徴とサービス内容

e点ネット塾は、「自宅が塾に大変身」という言葉をコンセプトにした動画配信型のオンライン学習です。

スタイルは、講師たちがわかりやすく解説する動画配信型授業です。

・学習環境

パソコン・スマホ・タブレット他

・入会金

20,000円 ※キャンペーンで無料。詳しくはコチラ

・授業料

4,000円 ※キャンペーンで2,900円に。また、お試しで利用できる無料体験はコチラ

・講師

駿台など知名度の高い予備校経験のある塾講師中心

・特徴
現在主流となっている塾講師による動画配信型の授業スタイルです。

e点ネット塾専用のテキストを利用した授業と難易度別(Check、Basic、Try)にわかれた豊富な問題集が特徴。

正直に言って「スタディサプリ」と比較をしてしまうとコストパフォーマンスで負けてしまう部分もあります。

ただし、単元ごとにわかれた問題数は豊富です。

『入試前最後に試しておきたい』、『苦手な単元だからより多く問題慣れしておきたい』など生徒それぞれにあった内容で最終チェックができます。



進研ゼミの特徴とサービス内容

中学生向けの通信教育の代表格とも言える進研ゼミですが、近年の動画配信型授業の増加により押され気味の部分もあります。

信頼と実績では、中学生なら知らない生徒がいないくらい有名ですよね。

・学習環境

テキスト(紙媒体)による通信教育、もしくはテキスト(紙媒体)とタブレットで勉強できるハイブリッド方式から選択

・入会金

無料

・授業料

月額約7,000円 ※まとめて支払うと割引制度や返金制度があります。詳しくはコチラ

・講師

タブレット内にある問題の解説。ほかにも、講師の説明動画有

・特徴
信頼と実績を見るとダントツですが、授業スタイルが根本的に他とは異なります。

反復学習を身につけるという意味では優れたタブレット教材みです。

進研ゼミの本来のスタイルは、オンライン学習よりも紙媒体で基礎から応用まで毎日の勉強できる内容です。

入試直前、新たに問題集を解いておくというより、今まで勉強した内容を復習したい生徒には最適です。

【入試直前】スタディサプリは、この学習内容を勉強しよう


入試直前で他の勉強方法にかえるのはあまり好ましいとは言えません。

したがって、スタディサプリを利用しようと思っている受験生は、この内容を参考にして欲しいと思います。

スタディサプリの高校受験対策は完成度が高いので信頼しよう!

スタディサプリの動画授業は、他のオンライン学習と比較をしても間違いなくトップレベルのわかりやすさです。

現在、スタディサプリを利用している受験生は、充分にこの完成度の高い授業内容に満足しています。

特に地元公立高校受験には絶大な信頼度があります。

いつでも好きな動画で復習ができるので、苦手分野と得意分野の授業内容を区別しながら受験対策できるなど使い方はさまざま。

動画での授業のわかりやすさは、他のオンライン学習と比較をしても間違いなく上位に入るレベルです。

完成度の高い授業を信頼して、ラストスパートかけていきましょう。

最後まであきらめではいけない!基本を固めて得点力UP!

スタディサプリの特徴は、定期テスト対策など基本的な内容をカバーできる講義のわかりやすさです。

そして、公立高校入試の基本は教科書レベルの土台の安定感です。

もちろん、難関公立や難関私立を受験する人もいると思いますが、どちらにしても基本があっての応用だということを忘れてはいけません。

入試までの日にちが少なくなると焦りから難問や新しい問題集に手を出してしまう受験生も多いです。

しかし、方法では自己満足だけで成績が上がると思えないのが本音。

自分の苦手分野を中心に動画の解説をもう一度ふり返り学習した方がよいでしょう。

また、問題集もこれまで利用していた問題集がいいでしょう。

他の対策方法と併用すれば成果が期待できる!

スタディサプリは、低価格ながら高い講義内容が人気の秘密です。

上手に組み合わせることで、充分に高校受験対策に役立ちます。

たとえば、過去問題集との併用は効果的ですね。

スタディサプリの良い部分は、わかりやすい講義を動画でいつでも利用できるところです。

公立高校入試は、比較的素直な問題が出題されます。

したがって、過去問題集を解いてふり返り作業をスタディサプの動画解説で丁寧におこなうことが合格への一番の近道になります。



【入試直前】e点ネット塾は、この学習内容で勉強しよう


e点ネット塾は、有名塾や予備校での豊富な経験の講師たちが教える人気のオンラン学習です。

講義が単元ごとに細かくわかれているので、自分の苦手な分野の復習など利用方法は様々です。

また、時間を上手に使えば、更に効果が期待できます。

e点ネットの講義は、細かい単元ごとに総復習ができる

国語・数学・社会・理科・英語の5科目が1024タイトルの動画で学べます。

各動画は10~15分程度なので、復習するには最適な長さ。

高校入試の合否のポイントは、満点を狙うことではありません。

合格点をしっかり勝ち取ることが重要なポイントです。

高校入試対策は、日頃の定期テスト対策の延長と考えてください。

新しいことを勉強する前にこれまでの復習が合格ラインに近づくポイントです。

豊富なノートと問題集でしっかり得点力UP

e点ネットの各講義に対応したセルフノートは、受験対策にも活用できる内容です。

セルフノートは、講義で説明する内容が基準。

セルフノートを使って講義を受けるのがe点ネットの基本ですが、入試前は問題集をダウンロードして問題を解くこともできます。

問題のレベルは、3段階にわかれているので自分の学習レベルや志望校に合わせることもできます。

どうしてもわからない!質問コーナーで不安を解消しよう!

e点ネットの講義を聞いてもなかなか理解できないこともあると思います。

また、『問題が解けない・わからない』という受験生もいるはず。

そんなときは、e点ネットの質問コーナーを最大限に利用することができます。

メールやFAXなどを使って質問に答えてくれるサポートつき。

回答は後日ですが、比較的早く丁寧な回答がもらえます。

受験が近づくにつれ焦りから、わからない問題を放置してしまう受験生は多いです。

『わからない問題はわからないままにしない』

そのわからないが合否をわける重要な存在。

焦っていても、入試までに理解できた状態にしておきましょう。



『入試直前』進研ゼミは、この学習内容で勉強しよう

進研ゼミは、長い間、通信教育の中心的な存在として知られています。

長年の実績と信頼できる赤ペン先生の添削が人気です。

進研ゼミは、テキストを利用した『オリジナルスタイル』と専用タブレットを利用した『ハイブリッドスタイル』の2つ。

ここでは、『ハイブリッドスタイル』を中心に紹介していきます。

長年の実績と信頼度の高いテキストを総復習しよう!

ネット配信型が便利ですが、現在も紙テキストを利用した通信教育を継続している進研ゼミ。

実績と信頼度の高いテキストの良さは『断トツ』です。

長年のテキストと赤ペン先生の添削に加えて、『専用タブレット』を利用した学習スタイルも基礎固めから受験対策まで幅広く活用できます。

進研ゼミは、昔からある紙媒体を使ったテキストとインターネットを使ったタブレットで、メリットとデメリットを上手く活用しています。

効率の良い動画配信型やタブレットを活用した勉強方法にも問題点はあります。

その部分を紙媒体のスタイルで補える環境をつくっています。

電子図書館ライブラリーを使って楽しく覚えよう!

進研ゼミの会員になると「電子図書館ライブラリー」が利用できます。

数多くの書籍や図鑑などを読み放題なので安心です。

受験が近づくと焦る気持ちが大きくなるのは、受験生であれば当然のことです。

だから、わからない問題をひとつずつ理解していくことが大事。

特に図鑑などは「目で見て覚える」という大きなメリットがあります。

進研ゼミのテキストと問題は本番でも出題される!

進研ゼミの最大のメリットは、実際のテストでの類題出題率です。

進研ゼミの定期テスト対策で学習したことは、約90%の確立で類題が出題されたデータがあります。

公立高校の入試問題は、過去問題や進研ゼミで学べる内容を総復習することで充分な受験対策につながります。

苦手な部分や基本的な単元は、タブレットを利用した効率の良い学習スタイル。

そのほかは、確実に自身の力になる紙媒体での受験対策が確実に実力を向上させるはずです。

まとめ

今回は、ネット環境を利用した学習スタイルの受験対策について説明をしました。

とくにこの3つのオンライン学習は、入試直前、受験生にとって大きなサポートツールになります。

個々の特性を知り、上手く利用できれば、入試直前最後の大きな助けになるはずです。


〇ご紹介したオンライン学習一覧

(各オンライン学習名をクリックで記事内の該当項目にページ内ジャンプ)
スタディサプリ
e点ネット塾
進研ゼミ

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。