【群馬県:高校受験】塾に行かずに公立に合格できる対策と勉強法

【群馬県:高校受験】塾に行かずに公立に合格できる対策と勉強法
塾に行かずに公立高校に合格している生徒はたくさんいます。

もちろん、塾に行くことを否定しているわけではありません。

ただ、公立高校の入試は教科書の範囲内なので、勉強方法さえわかれば塾に行かなくても十分な受験対策ができるのです。

今回は、群馬県の公立高校の入試に絞って説明していきます。

塾に行くべきか迷っているならこの記事を読んで、自宅学習でも大丈夫か判断してみましょう。

<スポンサードリンク>

【群馬県の高校受験】公立高校の入試傾向を知る

【群馬県の高校受験】公立高校の入試傾向を知る
公立高校の入試方法は、全国的に似ている部分も多くありますが、都道府県によって異なる選考方法になります。

群馬県の公立高校受験も独自の入試方法が存在します。

群馬県の公立高校入試で合格するには、入試傾向を理解しておきましょう。

ここでは、群馬県の公立高校入試の傾向や合否判定について説明をしていきます。

群馬県の公立高校入試の仕組み

群馬県の公立高校入試は、「前期選抜」「後期選抜」を実施して合否を決定することになっています。

2回の入試は、それぞれに選抜方法が異なります。

「前期選抜」は、英語・国語・数学の学力検査をおこないます。

各50点満点で英語はリスニングを含みません。

学力検査は、高校によって総合問題をおこなう場合もあるので、事前に確認をする必要があります。

担任の先生に確認しておきましょう。

学力検査の他に学校独自で決めて項目の試験をおこなう必要があります。

試験内容は、面接・英語面接・作文・小論文・実技検査・プレゼンテーションなど様々です。

「後期選抜」は、英語・国語・数学・理科・社会の主要5科目の学力検査をおこないます。

各100点満点で英語はリスニングが組まれます。

学力検査と調査書の他に必要に応じて面接をおこなう高校もあります。

試験内容に関しては、各高校で異なります。

こちらについても担任の先生に確認しましょう。

群馬県の高校入試(前期選抜・後期選抜)の合否判定方法

群馬県の高校入試の合否判定方法は、前期選抜と後期選抜で異なります。

順番に説明をしていきます。

前期選抜は、「学力検査」「調査書」必要に応じて「面接」があります。

その他に学校独自で定めた項目の検査の受験が必要です。

学力検査は、英語(リスニングを含まない)・国語・数学の3科目を各50点でおこなう高校と総合問題を採用する高校があります

学校独自の検査は、様々な項目があるので事前に確認が必要になります。

内申点は、中学1年生~中学3年生までの成績を9科目×5段階の135点満点で算出します。

前期選抜の合否判定は、各検査と調査書などの内容を総合的に判断して合否を決定しています。

鍵を握る学校独自の試験項目は事前に担任の先生に確認しましょう。

後期選抜は、「学力検査」「調査書」「面接」を基本に合否を決定することになっています。

面接に関しては、全ての学校ではありませんが多くの学校で実施しています。

学力検査は、英語(リスニングを含む)・国語・数学・理科・社会の主要5科目を各100点満点でおこないます

後期選抜の合否判定時に学力検査と調査書の比率を「2:1」「3:1」「4:1」「5:1」「6:4」から各高校が選択することになっています。

学校によって後期選抜の合格判定を2区分して決定することもあります。

詳細は、各高校や中学校で確認してみましょう。

群馬県の公立高校に合格するための対策。高校入試と内申点の比重を知る

群馬県の公立高校に合格するための対策。高校入試と内申点の比重を知る
群馬県にかかわらず公立高校の入試は、「学力検査」と「内申書」を合否判定に用いるケースが多くなっています。

特に内申書は、中学生活の総括なので重要です。

ここでは、群馬県の公立高校受験に内申点がとのくらい影響するのかを説明していきます。

前期選抜と後期選抜で扱い方は異なりますが、どちらも必須の項目になります。

群馬県公立高校入試の内申点と学力検査の比重について

群馬県の公立高校入試の内申点と学力検査の比重は、後期選抜のときに各高校が定めた基準で合否判定をおこなうことになっています。

学力検査と内申点の比重は、「2:1」「3:1」「4:1」「5:1」「6:4」から各高校が決定しています。

志望校に比重については、中学校の先生に確認しましょう。

前期選抜に関しては、「学力検査」「内申書」「学校独自の検査」などを総合的に判断となっていますので、どの検査も同様に考える必要があります。

群馬県公立高校入試の内申点と仕組み

群馬県の公立高校入試の内申点は、前期選抜と後期選抜の両方で必要です。

もちろん、重要な存在と考えて間違いはありません。

内申点の仕組みは、中学1年生~中学3年生の9科目を5段階で評価します。

1年生9×5、2年生9×5、3年生9×5の合計135となります。

内申点の数値は、「定期テスト」「授業態度」「提出物」「出席日数」他を考慮して評価しますが、定期テストと提出物は特に注意が必要です。

受験生の現状とこれまでの成績を考慮して志望校を決定

群馬県の公立高校入試は、前期選抜こそ一般的な選考です。

しかし、後期選抜では学力検査と内申点の比重が高校によって異なります。

現在中学1年生や2年生は、まず定期テストで内申点を上げること。

内申点UPが公立高校に合格できる近道にもなります。

内申点が高い状態であれば、選択肢が増えるのでメリットしかありません

中学3年生の場合は、現在の自身の成績を考慮して志望校を決定する必要があります。

特に公立専願の受験生は、確実に合格圏内にある高校を選択しなければなりません。

前期選抜と後期選抜の合否判定方法や学力検査の科目数なども異なります。

自分のこれまでの成績と模試などの結果で慎重な対応が必要です。

<スポンサードリンク>

群馬県の高校受験対策!塾に行かずに公立高校に合格できるのか?

群馬県の高校受験対策!塾に行かずに公立高校に合格できるのか?
群馬県の公立高校受験に関わらず塾に通っている中学生は増加傾向にあります。

公立高校受験に塾は必須なのかと言われると答えは「NO」です。

もちろん、家庭教師を利用しなくても、自宅学習とアプリの併用で充分対応は可能です。

群馬県の公立高校入試の基本は学校の定期テスト対策

公立高校入試は、ある程度のレベルまでの高校であれば、自宅学習で充分に合格することは可能です。

もちろん内申点が高いことが理想です。

これまで定期テストの結果が悪い受験生は、受験校選択が少なくなるかもしれません。

公立高校の入試は、内申点と当日の学力検査がポイントになります。

どちらも良い結果をねらうのであれば、定期テスト対策がしっかり出来ていた受験生ほど有利です。

群馬県の公立高校受験。市販の参考書と教科書を充分に利用しよう

群馬県の公立高校の入試を自宅学習で合格するには、少なくとも定期テストの得点が良い状態であることが必要です。

もちろん内申点のためです。

しかし、定期テスト以上の実力がないと学力検査で満足できる点数は取れません

公立高校の入試問題でもっとも出やすいのは教科書レベルの内容です。

とくに暗記科目である理科と社会などは、教科書範囲をしっかり復習していることで高得点が狙えます。

教科書と教科書ワークを基本に受験対策をしていけば、確実に合格に大きく近づけます。

教科書は太字だけということではなく、中1~中3までの教科書すべてを復習しておきましょう。

群馬県の高校受験!スタディサプリを使って志望校合格を目指そう

群馬県の公立高校を志望校にしている生徒は教科書をしっかり復習することは説明しました。

しかし実際、すべての教科書を復習するとなれば時間がかかります。

特に中3の受験目前の生徒には、そんなに時間の余裕がないはずです

そこで残り少ない時間で効率的に復習する方法として『スタディサプリ』を利用しましょう。

スタディサプリで教科書の内容を復習することができます。

また、ほとんどが5~20分ほどの動画にまとめてあり、大事なポイントのみを教えてくれるので効率よく勉強できます。

受験目前の生徒でも、スタディサプリがあれば短時間に、教科書の内容を復習できるというわけです。

また次で過去問について説明しますが、スタディサプリは都道府県ごとの2年間分の過去問を解説している動画もあります。

群馬県の高校受験対策といえば過去問題。合格するには何年分解けば良い?

高校受験にかかわらず受験対策に必須なのが『過去問題』です。

受験勉強のなかに過去問題を解き、苦手な単元をあぶり出してしっかり復習することです

ここでは、群馬県の公立高校入試用の過去問題について説明をしていきます。

群馬県の公立高校入試の過去問題とは?

公立高校入試対策の必須アイテムでもある過去問題ですが、当然自分が受験する都道府県の過去問題を解く必要があります。

近年はインターネットなどでも手に入れることも可能なようですが、基本的には市販で販売されている過去問を購入がいいでしょう。

過去問題は、複数の出版社から発売されています。

通塾をしている受験生であれば問題はありませんが、自宅で受験対策をする受験生はできるだけ解説の詳しい過去問題を購入すること

特に英語の長文や国語の要点などを理解できるものが理想です。

過去問題は、どちらにしても必須になるので事前に特徴を理解しておきましょう。

群馬県公立高校入試の過去問題を解く目的とは?

公立高校入試の過去問題を解く理由は、様々な目的があります。

もちろん自分が解けるかどうかも大切ですが、過去問題を解けても合格ではないので注意が必要です。

過去問題を解く最大の目的は、学力検査の出題傾向と難易度を知ることです。

また、時間内に解くことも必要なので特徴をつかんでおく必要があります。

基本的に自宅でおこなう過去問題は、解ける・解けないよりも傾向と苦手な単元探しが重要になります。

群馬県の高校受験対策!過去問題は何年分解けば良いの?

群馬県の公立高校受験対策で過去問題を何年分解けば良いかは、個々によって多少違いがあります。

基本的に5~6年分を解いておけば問題はないと思います。

逆に5~6年の過去問題で解けない単元があれば、復習する必要があります。

わからない単元をわからないままにしないことです。

まとめ

今回は、群馬県の公立高校入試を自宅で受験対策する方法を説明しました。

基本的に公立高校の入試問題は、一部の学校を除き教科書の範囲内です。

学校の定期テストで充分な結果を出している受験生であれば、充分に自宅で対応が可能です。

もちろん塾に通うことを否定はしません。

また無理せず、必要に応じてスタディサプリなどを併用することも可能です

間に合わなかったなど後悔せず、受験対策は悔いが残らないように万全で挑むようにしてください。

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。