【高校受験】不登校を選んだ次男が塾なしで難関高校に合格した体験談

【高校受験】不登校を選んだ次男が塾なしで難関高校に合格した体験談
小学生YouTuberが話題になっていますね。

ある理由とポリシーから小学校に通うことをやめて、別な道を選択する素晴らしさをYouTube上で拡散している小学生の男の子です。

彼の行動には賛否両論ありますが、一度でも子供の不登校を経験したことがある親御さんにとっては、複雑な心境ではないでしょうか。

正義を振りかざして異論を唱える人に対しては不登校への無理解を感じますし、一方で完全にこのYouTuberの男の子に共感できない部分もあったりするのです。

今回は私の息子が小学校から中学にかけて不登校になった体験談を元に、親としてどのように子どもの意思を尊重してきたか?

勉強の遅れはどのように取り戻していたのか?などについてお話ししていきたいと思います。

<スポンサードリンク>

不登校の始まり。次男が感じることができなかった学校に通う意味

不登校の始まり。次男が感じることができなかった学校に通う意味
我が家には息子が3人います。

すべて自分のお腹を痛めて産んだ子ではありますが、どうしても理解できない行動を取る子供というのはいるものです。

私にとってそれは自由奔放な次男坊でした。

いつでも彼の行動の意味が分からず、何を考えているのか?

何を楽しいと思って生きているのか?

親として読めない所がある子供でした。

かといって次男は不満そうにしているわけでもなく、いつも一人で何かに熱中して、彼なりの時間を楽しんでいるところがありました。

親友もいなかったわけではありません。

気心知れた親友は少数精鋭で常にいて、特に仲間からハズされているような孤独なタイプでもありませんでした。

次男には自分なりの生き方があるんだろうな・・・と思いつつ、特に型にハメずに育ててきました

しかし、次男が小学校5年生になった時に突然「俺明日から学校行かない。」と言ってきたのです。

これには主人も私も空いた口がふさがりませんでした。

「何を言っているの?」

理由を尋ねても次男は、「だって行く意味が分からないから」の一点張り。

その表情や口ぶりから冗談ではないことわかりました。

そして、主人に至ってはかなり強い口調で怒鳴りつけたりもしましたが、次男の意志はかなり堅いものでした。

当然、学校にも相談に行きました。

何かトラブルでもあったのか?

親としては心配になることは、全て確かめようと試みました。

次男と一番仲が良かった親友たちとも話す機会を設けてもらいました。

その親友の感想は、「あいつの気持ちは決まってる。学校に来なくなっても一緒に遊ぶ約束をしている。」とのこと。

まったくもう訳がわからない・・・。

担任の先生も「以前から、そのような傾向はありましたけどね。」と、お手上げの状態でした。

不登校な息子の行動は将来を見据えていた?

不登校な息子の行動は将来を見据えていた?
突然の不登校宣言をしてからというもの、次男は淡々と毎日を過ごしていました。

朝は普通にみんなと同じ時間に起き朝食をとり、身支度を整えた後は必ず体を動かしにウォーキングやランニングを行っていました。

昼食をはさみ午後からは家にいることもありましたが、週の半分以上は無料で使えるフリースペースで自分が興味のある本を読んだりして過ごしていました。

世間一般の人が思い描く不登校とは、少し様子が違っていたと思います

シャワーも毎日浴びますし、太ることが嫌だったのか体を動かすルーチンワークを欠かすことはありませんでした。

「月に5000円だけください。大人になったら返すから。」

と要求をしてきたこともありました。

はたからみれば甘い親かもしれませんが、私は息子の要求通り毎月5000円だけを渡していました。

息子はその5000円の範囲で好きな本を買ったり、時にはコンビニで飲み物を買って飲んでいたりしたようです。

親としては日中外に出歩くことで、もしも学校に通っている親友と会ってしまったらどうするの?という思いがありました。

しかし本人にはそのような不安は微塵もなく、堂々と自分が決めた不登校という道を謳歌してるように見えました。

ちなみにYouTuberの男の子は、給食だけは食べに行ったりしているようですね。

息子の場合は「自分の好きなものを食べたい」ということで、給食を食べに行くことはありませんでした。

しかしなぜか、始業式や終業式など節目のタイミングでは学校に参加したり、興味のある授業の日は登校したりしていました。

そのスタンスは中学に進学しても変わりません。

相変わらずほとんどの授業には顔を出していませんでしたが、成績の判定基準になる中間期末テストは受けていたのです。

そしてこれまた多くの人から反感を買ってしまうことかもしれませんが、次男のテストの結果はいつも上位をキープしていたのでした。

そんなある日、「俺、この高校に行くから」と次男坊が見せてくれた書類には、将来の選択肢の幅が多いことで有名な某私立高校の名前が記されていました。

<スポンサードリンク>

不登校で学校に行かなくても高校受験できるのか?

不登校で学校に行かなくても高校受験できるのか?
息子が大人の力に頼らず、着々と自分の将来の進路を決めていました。

いつどこで高校の資料を取り寄せたのか? 親としては疑問に思う点がたくさんありました。

しかし、希望する高校に進学することでどのようなメリットが生まれるか?ということを、素晴らしくわかりやすく説明してくれました。

しかも驚くことに、その私立高校に通うための入学金の一部を息子は毎月渡していた5000円の残りやお年玉など工面して用意していたのです。

これには主人も私も脱帽。

ここまで用意周到にされていては、親としては何も言うことはありません。

ただし義務教育とはいえ、ほとんど学校に入っていない息子が普通に高校を受験することができるのか?そのようなことが許されるのか?という不安がつきまとっていました

「本当に行きたいのなら、今からでも学校に通って先生に相談してみたらどう?」と提案しましたが、「今更それはないない」と息子は一向に耳を傾けませんでした。

最低限学校に用意してもらう書類はありますが、推薦や学校の窓口を通してのやり取りは一切行わない。

全て自分で受験の申し込みを行い、自分の実力だけで入りたいと息子の気持ちは頑なでした。

どうして不登校な息子の成績が良かったのか?息子がやっていた勉強法

どうして不登校な息子の成績が良かったのか?息子がやっていた勉強法
息子の言うとおり、必要最低限の書類だけ学校に用意してもらえれば、後はほとんど自力で手続き出来るものばかりでした。

思うに長男の時も、うんとさかのぼって自分自身が学生の時も、全て学校を通して受験の準備をすることが当たり前だと思っていました

調べもしないでできないと思っていたことがどれだけ多かったか?

それまでの当たり前を考え直させてくれたのは、他でもない次男でした。

学校に通っていないことで不安になる項目は、息子自身が自力で全て解決していました。

そしてもう一つ学校に行っていないことで親が持つ不安は、学力の問題ではないでしょうか?

息子はその点においても、自分に合った勉強方法を見つけていました。

それはスタディサプリという動画配信の通信教育でした。

スタディサプリは毎月低価格で、とても有益な授業を視聴することができる教材です。

次男は、スタディサプリと学校の教科書、プラス書店で吟味したテキストをメルカリで安く購入して、それらを組み合わせて自分なりの勉強方法を確立していました。

前章でも伝えしましたが、次男は定期テストを受ける度に上位の成績を納めていました。

「学校に殆ど来てないのになぜあいつが?」と思われていたかもしれません。

学校に行っていないけど、スタディサプリの定期テスト講座と教科書での勉強が成績をキープしていたのだと思います

私はそれでもなお、このまま成長していけばコミュニケーションの面で困る場面が出てきてしまうのでは?と不安に思っていました。

でも次男は、親友たちとよく休みの日に遊びにいったりして交流はありました。

今でも三人の息子の中で、どうして次男坊のような子供が育ったのか?不思議でなりません。

以上が息子の突然の不登校宣言から、高校受験に至るまでです。

次男は公立高校を受けず、希望する私立高校一択で受験に挑みました。

そして合格できました。

高校入学後は、それまでの不登校が嘘のように毎日欠かさず学校に登校しています。

まとめ

このような体験談をすると、

「結局自分のやりたいことだけを選択していてずるい」

「たまたまあなたの息子がまれなだけで、普通の不登校はそうはいかない」

「なんでも息子の思う通りにやらせるなんて、甘いんじゃない?」

というふうに言われることもあります。

それはそれで当たり前に抱く感情ですし、私も次男にこのような経験がなければ同じように思っていたことでしょう。

それでも息子は、自分の道を自分で切り開いていきました。

またこのように息子が成し得ることができたおかげには、スタディサプリという画期的な教材のおかげも大きいです。

最近、ふと気になってスタディサプリのサイトを覗いてみると、次男がやっていたときよりもさらに個人のレベルに合わせたシステムが整えられているようです。

これからますます学校以外の選択が自由になる時代が来るのではないでしょうか?

誤解のないよう最後に付け加えておきます。学校に通うことは素晴らしいことです。決して無駄なことではありません。

私は今でもそう思っています。

ただし学校に行かない選択もまた、その人にとっては最善の方法である場合もあります。

人は未経験のことに対して批判的になりがちです。

「当たり前を疑ってみる」

これがこれからの子供を支える親に、必要な心構えなのではないでしょうか?

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。