塾に行かずに高校受験!栃木県の公立高校に合格するための勉強方法

塾に行かずに高校受験!栃木県の公立高校に合格するための勉強方法

塾に行かずに公立高校の合格は無理なのか?

そんなことはないです。毎年、塾に通わず地元の公立高校に合格している受験生は多いです

塾に行かなくても公立高校に合格できる勉強をやっていたからです。

今回は、栃木県の公立高校受験を塾に行かずに合格できる方法を説明していきます。

この記事を読んで栃木県の公立高校入試の合格のポイントを身につけましょう。

<スポンサードリンク>

栃木県の高校受験。まずは、公立高校の入試傾向を知る

栃木県の高校受験。まずは、公立高校の入試傾向を知る
塾に行かずに栃木県の公立高校の合格を目指すには、栃木県の公立高校入試を理解しておきましょう。

高校受験は、事前の対策が合否を大きくわけます

ここでは、栃木県公立高校入試の基本を説明していきます。

ここで理解した情報を元に対策を考えることをオススメします。

栃木県の公立高校入試の仕組みになっているのか?

栃木県の公立高校入試も全国の入試と同様で、当日おこなわれる学力検査と事前に提出をする内申点で合否が決定されています

栃木県の公立高校入試制度は、「一般選抜」と「特色選抜」の2種類あります。

一般選抜は、学力検査といくつかの高校では面接をおこないます。

特色検査は、学校によって出願資格のある入試です。

合否判定が「内申書」「面接」「小論文」などとなっているので、昔の推薦制度に似ています。

今回の記事の目的は、「塾に行かずに受験に合格」することなので、「特色選抜」に関することはこれ以上触れません。

ここからは一般選抜を中心に説明していくことになります。

栃木県の高校入試(一般選抜)の合否判定方法について

栃木県公立高校入試の一般選抜は、「学力検査」「内申点」と一部高校で「面接」で合否を決定します。

学力検査は、英語(外国語)・国語・数学・理科・社会の主要5科目です。

学力検査は、5教科全て50分100点満点でおこなわれています。

学力検査のスタイルとしては、全国的に見ても平均的な試験方法になります。

内申点は、中学1年生から中学3年生までの成績を各学年9教科5段階で評価します。

合計135点になりますが、合否判定のときには500点満点に換算しています。

内申点と学力検査の比重は、高校によって90%:10%~10%:90%です。

比重に関しては、事前に各高校や公式ホームページで確認することをオススメします。

合否判定は、内申点(500点満点)と学力検査(500点満点)の合計値が高い受験生から定員の80%合格者を選出します。

残りの20%を調査書・内申点・学力検査を総合的に判断して合否を決定しています。

栃木県の公立高校受験で内申点はどのくらい影響するのか?

栃木県の公立高校受験で内申点はどのくらい影響するのか?
ここでは、栃木県の内申点が公立高校入試でどの程度影響するのかを説明します。

また内申点の仕組みと志望校選別のポイントも考えてみましょう。

栃木県公立高校入試の内申点と学力検査の比重について

栃木県の公立高校入試は、一般選抜と特色選抜がありますが、ここでは主に一般選抜についての説明になります。

一般選抜は、内申点と学力検査の他に一部の学校で面接があります。

学力検査は、英語・国語・数学・理科・社会の主要5科目を各100点満点の500点満点でおこないます

学力検査の対策は後ほど説明します。

内申点は、中学1年生から中学3年生の9教科5段階合計135点で算出します。

最終的に500点満点換算をして合否判定に利用します。

問題は、各高校で学力検査と内申点の比重が異なる点です。

学力検査と内申点の比重は、90%:10%~10%:90%となっています。

栃木県の公立高校入試の内申点と仕組みを知る

栃木県公立高校入試の内申点は、中学1年から中学3年までの成績が内申点として合否判定に影響します。

中学校で学ぶ9教科全てが対象になるので注意が必要です。

成績の決め方は、担任教師や中学校によって若干異なる部分もあると思いますが基本的にほぼ同じです。

「定期テスト」「提出物」「授業態度」「出席率」などが対象になります。

定期テストは、主に英語・国語・数学・理科・社会の主要5科目が中心です。

定期テストの結果は内申点に直結するので、できるだけ良い結果を残す。

提出物は、実技科目の提出物や主要5科目の宿題など様々です。

特に提出物が遅れてしまうケースや提出しないというのは大きな減点対象になります。

授業態度や出席率は特に説明は必要ないと思います。

どちらにしても中学校1年からしっかり対策を考える必要があります。

<スポンサードリンク>

受験生の現状とこれまでの成績を考慮して志望校を決定する

受験生の現状とこれまでの成績を考慮して志望校を決定する
内申点は、中学1年生から中学3年生までの成績が必要になると説明しました。

これから中学生になる人や現在中学1年生や2年生の人はまだ間に合います。

一方、中学3年生の受験生でこれまでの内申点があまり望めない人は、志望校選択のときに注意が必要です

基本は学力検査重視にすることになります。

ただし、学力検査重視の高校の中には難関校と呼ばれる高校も多いので、中学1年と2年の成績が悪い生徒は、自身の現在の偏差値等にも注意が必要です。

内申点の良い受験生は、安全に内申点重視の高校から進学したい高校を考えても良いですし、学力検査重視の高校にチャレンジをするのも悪くありません。

基本は自分の進学したい高校を受験するのが最も理想です。

自分の学力よりも高い水準の高校を受験する場合は、私立併願校を受験することをオススメします。

塾に行かずに高校受験。栃木県の公立高校に合格できる方法とは?

塾に行かずに高校受験。栃木県の公立高校に合格できる方法とは?
栃木県にかかわらず公立高校入試の基本は、学校の定期テストと日頃の反復学習です。

公立高校入試の試験範囲は、基本的に教科書が軸です

ここでは、栃木県の公立高校入試を塾に通わず合格できる方法を説明します。

公立高校入試の対策方法を順番に説明していきます。

栃木県の公立高校入試の基本は学校の定期テスト対策!?

公立高校入試の試験問題は、一部の高校を除いて全国的に教科書のレベルを超えません。

また、難関私立高校ほど個々の特徴もないので、充分に対応が可能になります。

栃木県の公立高校入試も例外ではありません。

基本的に教科書レベルの学習を中心におこなっていれば、十分に可能です。

内申点を上げるために「定期テスト」対策を充分におこなう必要があります。

別の見方をすると、定期テストで良い点を取ることは科目によって受験対策をしていること。

国語や英語といった科目は、中学校の教科書に沿った問題文などが出題されると実際の高校入試では対策方法が異なります。

数学・理科・社会は、定期テスト対策や日頃の反復学習がそのまま公立高校入試の学力検査で役立つはずです。

『栃木県の公立高校対策』市販の参考書と教科書を充分に利用しよう

栃木県の公立高校受験対策は、教科書や教科書ワークを中心に受験対策をすることが必要です。

また、教科書に沿った市販の問題集も必要に応じて加えると効果が期待できます。

特に数学・社会・理科は教科書や教科書ワークを反復学習することで、基本的な学力が備わります。

国語や英語は別途対策が必要になりますが、基本学力は確実に向上します。

受験時期が近づいてくると焦りもあって、難易度の高い問題集や数多くの問題を解いて満足感を得てしまうケースがあります。

最も失敗につながるケースです。

難関私立高校を受験する場合は、高校ごとの対策が必要になります。

公立高校入試の場合は、基本学力を重視することをオススメします。

スタディサプリを使って志望校合格を目指そう

栃木県の公立高校受験を塾や家庭教師を利用せずに合格することはできるのでしょうか?

結論から言えば、公立高校入試であれば本人次第というのが本音になります。

公立高校入試の基本は、教科書と教科書ワークを中心にした受験対策で充分対応ができる水準です。

ただしひとつでも上を考えるのであれば、スタディサプリは最適です。

塾や家庭教師を利用する受験生が多いのは事実です。

しかし、受験対策にも家庭の事情があるので全ての受験生が塾や家庭教師を利用できるとは限りません。

でも、スタディサプリであれば、独学で高校受験対策をするのに向いている学習アプリです。

スタディサプリは、年間30万人以上の受験生が利用するアプリなので、受験対策用のツールとして充分な実績があり人気が高いです。

そんなスタディサプリですが、欠点をあげるとすれば受験生によってですが『自分次第』だということです。

スケジュール管理が自分次第すぎると合否に影響していまいます。

塾や家庭教師のように決められた時間に授業をおこなうわけではありません。

上手に利用すれば便利なアプリですが、使い方を間違えてしまうと成績向上は望めません。

ひとりで受験対策をするのが難しいと考えている受験生は、素直に親御さんを頼ってみることをオススメします。

時間的な管理や食事管理など親御さんを最大限に頼りましょう。

栃木県の過去問で高校受験対策。合格するには何年分解けば良い?

栃木県の過去問で高校受験対策。合格するには何年分解けば良い?
栃木県の公立高校入試は、全国的にみても特別問題が変わっていません。

従って、対策方法も一般的な考え方が通用するはずです。

公立高校入試の受験対策は、日頃の反復学習と過去問題を利用した傾向と対策が基本になります。

ここでは、栃木県の公立高校入試対策で過去問題の利用方法を説明します。

栃木県の公立高校入試の過去問題とは?

栃木県の公立高校入試で出題された過去問題は、市販でも複数の出版社から発売されています。

また、近年はパソコンなどから無料でダウンロードが可能になっているサイトもあります。

過去問題を購入するときは、できるだけ解説が詳しくなっている問題集をオススメします。

過去問題を解く理由は様々ですが、最終的に解答の解説が重要になります

一概にどの出版社の過去問題集が良いとは言えません。

あくまでも相性というものもあるので、選択は慎重になることをオススメします。

栃木県公立高校入試の過去問題を解く目的とは?

高校入試用の過去問題を解く理由は何でしょうか?

自分の実力を理解することも大切ですが、なによりも実際の問題を体験して出題傾向を知ることが重要になります。

中学受験や大学受験と比べると公立高校入試の受験問題は素直な出題が多いです。

それでも過去問題で傾向と対策をたてていることは受験にとって重要な方法。

時間配分や問題の難易度も重要ですが、頻出問題や傾向がポイントです。

ヤマをはるという意味ではありませんが、出題傾向は事前に理解しておく必要があります。

栃木県の高校受験対策で過去問題は何年分解けば良いの?

栃木県の公立高校入試で過去問題を何年分解くのが理想なのかを考えてみます。

受験は過去問題をどれだけ有意義に利用できたのかが重要です。

過去問題を解く年数は、3年~5年が一般的です。

中には、もっと古いものから取り組む受験生も多いです。

一番大切なことは、年数よりも取り組み方になります。

問題を機械的に解くよりもなぜこの問題が出題されているのかを考えるのもひとつの対策方法です

まとめ

今回は、栃木県の公立高校入試制度の基本的な説明と合否判定の方法などを簡単に説明しました。

また、後半は塾や家庭教師を利用せずに公立高校受験に合格する方法を説明しています。

中学生の多くが塾や家庭教師を利用しています。

もちろん目的は、受験対策から学校の成績向上まで様々です。

確かに一部の公立高校や最難関と呼ばれる私立高校の入試を独学で乗り切るのは、様々な面で大変です。

言い方を変えればある程度レベルまでならば、塾などに通わなくても充分に合格できるということです。

今回は市販の問題集と教科書を利用した方法、スタディサプリを説明しました。

塾や家庭教師を頼らなくても合格できる方法はあります。

少しでも早い受験対策で、志望校合格を目指して前進しましょう。

>>>トップページへ

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。