ネット塾ランキング【中学生専用】

【学習内容・実績・お得】メリット・デメリットを比較

母子家庭で私立の学費はきつい!母の負担を減らしながら公立高校を目指す節約学習法

母子家庭だから塾代がきつい!月1000円以下で公立高校に合格できる方法
私立高校と公立高校の学費の差は約2.3倍。

子ども一人にかかってくる費用は結構な金額です。

とくに、私みたいに母子家庭だと私立高校は厳しいです。

ちなみに、

文部科学省の調査によると、母子家庭の悩みのランキングNO.1は、教育費(学費)です。

ほどんどの母子家庭が学費に不安があります。

よって今回は、「高い塾代が払えない。だけど、公立に行ってほしい」と思うシンママに、塾に行かなくても公立高校を目指せる方法を紹介していきます。

私立高校は年間いくら必要?母子家庭は優遇されないのか知りたい

私立高校は年間いくら必要?母子家庭は優遇されないのか知りたい
学費が高い私立高校に通うようになるといくら必要なんでしょうか?

ここでは、私立高校に通う場合いくら必要なってくるのか簡単に説明します。

私立高校と公立高校で必要になってくる学費の差とは?

文部科学省の調査によると私立高校に進学した場合、年間の負担金額平均は『1,040,968円』必要です。

子ども一人に対して、毎月約87,000円必要ということです。

ちなみに、公立高校の年間の平均負担金額は『451,046円』

私立高校と公立高校の差は、約2.3倍。

この差は、大きいですよね。

母子家庭だから学費は優遇されないのか?

母子家庭だからという理由で、学費が割引になるといった優遇はほとんどありません。

理由は、共働きの家庭よりも母子家庭で稼いでいる女性がいるからです。

要は、所得次第ということです。

しかし、ほとんどの母子家庭は所得が少ないのが現実です。

では、どうすればいいのでしょうか?

所得によって支援してもらえる『高等学校等就学支援金』という制度を利用しましょう。

もちろん、返済不要の支援金です

えっ!?支援金を利用すれば公立高校の授業料はタダってホント!?

えっ!?支援金を利用すれば公立高校の授業料はタダってホント!?
先ほど紹介した『高等学校等就学支援金』はもちろん、公立高校も対象です。

私立高校は収入(所得制限)によって支援金は変動しますが、公立高校は年間118,800円(月9,900円)支援してもらえます。

公立高校の月の授業料は9,900円。

よって公立高校の場合、この支援金を授業料に当てるので実質タダになります。

しかし私立高校の場合は、この支援金で足りない場合があります。

その場合は、追加で授業料を負担しないといけません。

どうしても私立高校の場合、授業料が無料になるのは難しい状態です。

授業料だけ考えても、公立高校のほうがいいですよね。

また、高校生になってくると授業料以外にも必要な出費も増えてきます。

そんな授業料以外の出費に関しては、返済不要の『高校生等奨学給付金』を利用しましょう。

『高等学校等就学支援金』と同じで利用したい場合、所得制限があります。

弟や妹もいるから一人だけ学費はかけれない。塾に行かずに公立高校を目指せる方法はないのか?

公立高校に行ってほしいけど塾代が払えない。塾以外で学習できる方法はないのか?
ほとんどの母子家庭の授業料は『高等学校等就学支援金』に頼れそうです。

また、授業料以外に関しても『高校生等奨学給付金』に頼ることができそうです。

この支援金を利用することで、家計の出費を減らすことができます。

しかし、意外に見落としがちなのが入学時の『制服』や『教科書』、『カバン代』などです。

さらに、通学の『自転車』なども必要になってきます。

仕方がないとはいえ、予想外の出費は精神的につらいです。

このような思わぬ出費に耐えるためにも、1円でも多く貯金しておきたいですよね。

だからまずは、一番お金が必要な塾の出費を減らしましょう。

「えっ、塾!?だったら誰が勉強を教える?」と思いますよね。

でも、大丈夫。高い塾代を払わずに、公立高校を目指せる学習法があります。

毎年640,000人以上が利用!?インターネットを使った学習法

塾の代わりになる『スタディサプリ』って聞いたことありますよね。

じゃらんやホットペッパーなどを運営しているリクルートが提供しているサービスです。

40,000万本以上の授業動画が見放題、テキストも解き放題で月980円。

年間払いだと、9800円で利用することができます。

年払いを月計算すると、ランチ代くらいの約816円。

毎年640,000人以上の生徒たちが使っていて、98%以上の生徒たちがわかりやすいと回答しています。

この実力の秘密は、膨大なデータを元にわかりにくい箇所を分析し、よりわかりやすくするために何度も改善・改良を繰り返した結果なんです。

スタディサプリで公立高校に合格できる学習内容とは?

わかりやすいなど、スタディサプリの実力はわかりました。

でも、ちゃんと公立高校に合格できる仕組みになっているのでしょうか?

ここでは、公立高校に合格するための3つの学習法について紹介します。

学習法1:【毎日の復習】教科書を使った学習プラン

公立高校の試験範囲は教科書の内容です。

スタディサプリは、学校で使っている教科書(5教科)を使った授業動画で学習できます。

学校で習った授業を家で復習することができるのです。

ポイントを絞った短い授業動画なので、毎日無理することなく続けることができます。

気づけば毎日ちょっとずつ、公立高校の受験対策をしているのです。

復習しながら、受験勉強もしている。さらに、もっとすごいメリットがあるので紹介していきます。

学習法2:【内申点を大幅UP】定期テスト対策

5教科の定期テスト対策講座があります。

毎年640,000人以上の生徒が利用しているので、どこが大事でどこがつまづくポイントなのか教えてくれます。

膨大なデータを元に分析されているからこそわかることです。

スタディサプリを利用することで、効率良く学習できて定期テストで高得点が狙えます。

もちろん、定期テストで高得点が取れれば内申点に大きく貢献するので、公立の受験は有利です。

復習しながら受験勉強だけではなく、定期テスト対策もあるので内申点UPできます

学習法3:【成績を押し上げる】都道府県ごとの公立高校対策や過去問、基礎・応用問題の解説

毎日しっかり復習できて、定期テスト対策で高得点。

月980円で毎日復習できるだけでも十分ですが、基礎・応用や過去問も学習することができます。

学校の学習で土台を作り、スタディサプリでレベルアップしていく仕組みというわけです。

ほとんど塾との違いがないですよね。

そして、わからないままにならないよう工夫されています。

気づかなかった!?塾に通う『リスク』と家で学習する『メリット』

気づかなかった!?塾に通う『リスク』と家で学習する『メリット』
ここでは塾に通った場合と家で学習する場合、どのような違いがあるのか説明していきます。

塾に通うことによる『リスク』を考えたことはありますか?

人気があって実績のある塾に通えば、公立高校に行けると思いますよね。

もちろん、成績アップは期待できます。

ここでは、塾選びや月謝に関して『リスク』があると言っているのではないです。

塾に通うことで起こりうる『リスク=危険』に気づいているかを伝えたいのです。

子どもの安全と母親の負担について説明してきます

リスク1:交通事故

ほぼ毎日、テレビやインターネットニュースで交通事故を見かけますよね。

とくに、高齢者による交通事故が多いと思うのは私だけでしょうか?

これだけ多いと他人事のように思えません。

車が突っ込んでいる映像を見ると、塾に行くとき、もしくは帰ってくるときの子どもが気になります。

リスク2:事件

これもテレビやインターネットニュースですが、よく家に侵入する事件を見かけます。

実家暮らしではない私にとって、このニュースはとても怖いです。

塾に行っている時間は、小さな子と私だけ。

いくら母親といっても、怖いものは怖いです。

リスク3:送り迎え

塾が終わる時間帯は遅いです。

親として、夜は物騒だから自転車で通わすのではなく送り迎えをしてあげたいですよね。

しかし、小さな子どもがいると家を空けた状態にできないし、起こしてまで連れて行くのは難しいです。

だから、実家暮らしではない母子家庭は送り迎えが難しいです。

リスク4:母親の負担

塾に通うと夜遅くなり、食事の準備が家族バラバラになります。

それぞれの食事の準備をすることで、母親の負担は増えてきます。

母子家庭である以上、母親が主です。

主である母親が倒れてしまうと、家族が困ってしまいます。

家族全員が健康に生活していくことは何より大事なことではないでしょうか?

スタディサプリならリスクは減るし公立高校を目指せる

これまでの流れで考えると、子どものリスクや母親の負担を減らし、レベルを落とさない学習法があるとしたら『スタディサプリ』ではないでしょうか?

もちろん、家で学習できる別の方法として『家庭教師』もあります。

習うなら大学生などのアルバイトではなく、プロの講師が家に来て指導してもらえることが理想ですよね。

しかし、費用が高いです。

教えてもらうのに月30,000円~、プラス講師の往復交通費などが必要。結局、塾以上の学費になる場合がほとんどです。

だったら、スタディサプリの方がいいですよね。

毎日、無理することなく学習しながら、定期テスト対策から公立高校の受験対策もできる。

塾や家庭教師と同じレベルで学習できて、学費は安いです。

スタディサプリは使う価値があるのか?

インターネットで学習できるアプリは結構たくさんあります。

それぞれ、個性もあり便利なアプリばかりです。

その中でも『スタディサプリ』がもっとも人気がある理由は、『安さ』と『質の高さ』です。

使うなら、安くて質のいいものがいいですよね(笑)

スタディサプリの口コミで、「家で有名講師によるレベルの高い学習ができるので成績は上がった」などよく見かけます。

とくに使っていた受験生からの投稿が多く、口コミサイトなどでも実績の高い学習アプリだと紹介されています。

ここまでの実績と信頼なら、使ってみる価値は十分です。

しかも、家で安心して学習できるし、子どもの身の危険も減ります。

家にいるので、同じ時間に食事ができるなど、母親としての負担も減ります。

なにより、家族で過ごす時間は多くなりますよね。

塾や家庭教師みたいに高い学費がかからずに、レベルの高い受験対策ができるスタディサプリ。

月980円で利用できるのは、インターネットのおかげです。

入学金など一切かからないし、いつでも好きなタイミングで止めることができる。

使ってみて「これは違うな!」と思ったらやめてもそんなに痛手にならない金額です。

学習も大事だけど、親子の時間も大事にしたいですよね。

本当に塾に行かなくても公立高校に合格できるのか?学習内容や合格体験談が知りたい

本当に塾に行かなくても公立高校に合格できるのか?学習内容や合格体験談が知りたい
安くて信頼性が高いのは納得できますが、「本当に塾に行かないで公立に合格できるのか?」とまだ不安が残りますか?

正直、私も最初はあなたと同じような不安だらけでした。

例えば、

  • 疑問1:もともと勉強嫌いなのに、毎日学習するようになるのか?
  • 疑問2:わかりやすいのはわかったけど、本当に成績上がるのか?
  • 疑問3:やっぱり誰かに教えてもらったほうが続くのではないのか?

など考れば考えるほど、疑ってしまうのです。

なので、使ってみてわかったことを紹介します。

結果的に、うちも含め毎年640,000人以上の生徒が使い続けていることに納得できました。

疑問1:もともと勉強嫌いなのに、毎日学習するようになるのか?

スタディサプリの授業動画は、ほとんどが20分以内です。

5分くらいで終わる短い授業動画もあります。

要は大事なポイントだけに絞った授業動画なので、見ているだけで十分な学習ができます。

スマホやタブレットを使った授業動画なら、机に向かって勉強するのに抵抗のある子どもでも受け入れやすいのではないでしょうか?

この学習法ならどうなのか、お子さんに聞いてみてください。

「マイペースに5~20分くらいの学習ならできる」と言うはずです。

疑問2:有名な講師が解説しているからと言っても成績上がるのか?

40代の私でも理解できました。

20年以上、教科書で学習していない私が授業動画を見てわかると思った理由は以下の通りです。

・基礎から丁寧に説明している
・途中で再生を止めることができる
・わからない単元のみを学習することができる

基礎から丁寧に説明してくれる

英語の教科書を使った授業動画を見ていてビックリしました。

アルファベットのみの授業動画があるのです。

しかも、大文字・小文字の書き方を丁寧に。

どこがポイントで、よく間違えるポイントはここと解説しているのです。

例えば、「si」と「shi」の違いなどを説明しています。

あなたはこの違いわかりますか?

他の授業動画で文法なども解説していますが、同じように大事なポイントを解説しています。

この大事なポイントを解説しているからこそスムーズに理解できるのです。

とくに、苦手な教科や単元はこのポイントを理解するだけで克服できるきっかけになります。

途中で再生を止めることができる

学校の授業など、先生の説明を聞き逃すことはよくあります。

「聞き逃したので、ちょっと待ってください。もう一度お願いします。」

などはなかなか言えないものですよね。

でも、スタディサプリは授業動画なので再生を止めて同じ箇所を何度も聞きなおすことができます。

とても便利な機能です。

わからない単元のみを学習することができる

どんなに成績がよくても、苦手な教科または単元はありますよね。

その教科や単元のみだけを解説した授業動画があります。

わからない教科や単元は、わからないままにしない。

スタディサプリは豊富な授業動画から得たデータをもとに、苦手を克服できるように分析・改善されています。

だから、わからないままにならないようになっているのです。

苦手な教科や単元を克服できれば、成績はグンとアップします。

疑問3:やっぱり誰かに教えてもらったほうが続くのではないのか?

わからない教科や単元を参考書を使って克服しようと思っても続きません。

なぜなら、どんなに丁寧な解説でも、わからない箇所を文字で理解しようとしても効率が悪いです。

逆を言えば、それだけ動画での解説の方が効率よく理解できるということです。

理解しやすい授業動画で、マイペースに学習してしっかり理解する。

無理しない分、ストレスにはならない。

そして、スタディサプリは苦手な教科や単元がわかるまで何度も見直すことができる見放題・解き放題です。

教えてもらう学習ってよりも、自分でしっかり理解する学習って感じです。

受験テクニックなどで成績を上げる方法ではないので時間はかかりますが、確実に成績は上がります。

スタディサプリの合格体験談を集めてみた

スタディサプリのホームページ上で合格体験談を記載しています。

ホームページとは違う合格体験談を集めました。

スタディサプリのみで合格した体験談は、以下の記事でチェックできます

まとめ

・塾や家庭教師より安いが、内容は間違いない
・家で安全に、公立高校の対策ができる
・食事など、母親としての負担が減る
・無理することなく、続けることができる仕組み
・数多くの合格実績があり、年間640,000人以上が利用している

中学3年生になれば、ほとんどの子どもは塾通いはじめます。

塾に通うことを否定するのではなく、学費や子どもの身の安全を考えると家でも十分に学習できるということです。

私たちの受験のときはなかったのですが、こんなに便利なら利用して受験対策していたでしょう。

とても魅力的なスタディサプリは、期間限定ですが無料で試すこともできます。

気に入って使い続けたとしても、月980円なので金額としてはきつくないです。

ちょっと早い中学1年生からこっそりスタディサプリを利用して、他の生徒たちと差をつけておくこともできます。

スタディサプリの内容をしっかり学習すれば、公立高校に合格できるます。

>>>トップページへ

特集記事一覧

姉妹サイト

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。