小6から始めたスタディサプリで四日市高校に合格した体験談

小6から始めたスタディサプリで四日市高校に合格した体験談
小6からスタディサプリを使い始めて、四日市高校に合格しました。

元々私の子ども本人は目指している目標があったため、モチベーションは高かったように思います。

中学校に入学する前に大学受験も踏まえて、目指す高校を四日市高校に決めました。

周囲の人の話を聞いてみると、進学予定の子は四日市南を第一志望にする子がとても多かったように思います。

なのでそのひとつ上を目標にしようと親子で決めました。

<スポンサードリンク>

スタディサプリで勉強しようと思ったきっかけは『お試し期間』!?

スタディサプリで勉強しようと思ったきっかけは『お試し期間』!?
スタディサプリは動画で塾の先生の授業を受けるという仕組みが気になって、最初は『お試し期間』で入会しました。

実はその時にはまだそれほど高校受験を意識していたわけではなく、興味があったからということです。

子どもは通信教育をずっと使っていたのですが、先取りをできるような教材ではありませんでした。

「得意科目はもう少し先を勉強したい」と言うので、それなら先に進めていけるスタディサプリは良いかも知れないなと思いました。

最初の頃は買ってきたワークを使って算数を教えていたのですが、下の子も小学生になり宿題を見たり、私自身も働き始めて上の子に割ける時間が減ってしまいました。

そういう家庭事情があり、親の私の代わりに授業をしてくれるスタディサプリはとても良いなと思いました。

実際に一緒に授業を聴くことがありますが、私が学生の頃に通っていた進学塾みたいでおもしろかったです。

スタディサプリの授業動画のレベルは?

スタディサプリの授業動画のレベルは?
黒板の前に立って、本当に生徒が目の前にいるように話してくれます。

録画した授業動画だとわかっていますが、リアルタイムのオンライン学習っぽいと感じました。

塾や家庭教師みたいに先生と生徒が向き合わなくてはいけない、と思う親もいるかも知れません。

でも私は、録画された動画について特に文句はありません。

大抵は私が家事をしている時に子どもが視聴していますが、全く分らない、ついていけない、というようなこともありませんでした。

とても丁寧に説明してくれるし、それに合わせてテキストがあるというのもわかりやすい工夫の一つです。

まるで塾の授業を聴いているような感覚で勉強できます。

もし理解できなければ、もう一度同じ動画を観ることができるというのも良いです。

そして何より素晴らしいのが、動画単位でお金が課金されるとかではなく、どれだけ視聴しても月額料金制だということ。

最初は私の空いた時間に合わせて視聴していたので週に1回程度しか観ることができませんでした。

でも子どもが「自分ひとりで勉強できる」ことがわかってからは、平日の月曜から金曜の夜にほぼ毎日動画を視聴するようになりました。

もし毎日塾に通ったなら、おそらく月に5万円くらいは飛んでいくのじゃないかと思います。

スタディサプリは月額料金と、テキスト代だけなので5教科全てをそろえたとしても1万円も掛かりません。

親の懐事情にもぴったりですし、「もしスタディサプリで不足するなら、その時に塾を考えようかな」とも思いました。

<スポンサードリンク>

部活と勉強を両立したいから、スタディサプリを活用する

部活と勉強を両立したいから、スタディサプリを活用する
子どもにとってもメリットが大きいです。

小6のうちはまだ良かったのですが、中学生になりスポーツ部に入部したら部活動が忙しくなってしまったので、それまでより時間がなくなりました。

なので周囲の子は中学入学と同時に学習塾に通い始めたけど、うちの子どもは「スタディサプリのほうが時間が節約できる」と通いたがらなかったのです。

塾だとだいたい夜の7時から2時間など夜遅くまで勉強しなきゃいけません。

それに合わせて夕飯の支度をするのも大変だと同じ中学生ママも言っていました。

スタディサプリだと好きな時間に勉強できるので、夕飯を食べてから、朝早起きしてなどそういう使い方もできます。

最初はあまりルールも決まっていなかったのですが、中学生になって時間がなくなってきたので親子でスタディサプリのルールを決めました。

自分から進んで勉強できるという子以外は、やっぱりルール作りは大切だと思います。

スタディサプリを使った勉強法

スタディサプリを使った勉強法とは
夕食後は、タブレットでスタディサプリで勉強するのが毎日の習慣なので、入浴は夕食前に済ませるようにしていました。

我が家では1日1時間をスタディサプリの時間に充てていました。

まず、スタディサプリの数学講座を2コマ視聴します。

これでだいたい20~30分ほどかけて学習します。

それが終わったら、市販のワークを使ってすぐに復習をします。

これでだいたい1時間くらい、トータルでかかってくる時間です。

子ども本人は数学が好きで「どんどん進めていいよ」と伝えてあったため、2コマ以上観ている時もありました。

そういう時には、1時間半くらい勉強していました。

そんな感じで数学は勉強を進めていったところ、2年生の夏休みには中学数学は全て終わってしまいました。

数学は好きなのでサクサク進めてくれるのですが、ちょっと困ったのが英語です。

子どもは英会話は多少していたので抵抗がないのですが、中学生になっていきなりお勉強になってつまづいてしまいました。

日本語とは違う文法に困っていました。

そこで「どうしよう?英語だけ塾に通う?」と子どもと話し合って子どもが出した結論が「スタディサプリで英語も勉強をする」ということでした。

周りの子どもたちが塾と部活でものすごく忙しいことも子どもは知っていたので、とにかく塾に行きたくなかったみたいです。

中3からは、スタディサプリだけではなく塾の夏期講習などに参加した理由とは?

中3からは、スタディサプリだけではなく塾の夏期講習などに参加した理由とは?
スタディサプリだけで英語の成績が上がらなかったら、その時は諦めて塾に通うと約束をしました。

でも本人それでも英語学習に対する苦手意識が強く、数学ほどやる気はありません。

だから、週に2回、英語を勉強する日を作って少しずつ進めることにしたのです。

英語のほうは子どもに丸投げするわけにはいけなかったので、週2回はなんとか時間を作るようにして一緒に学習しました。

スタディサプリでも演習問題はありますが、やはり問題量は不足するので市販のワークに買ってきて頼っていました。

スタディサプリは数学の先取り学習と英語の復習に使い、普段の学習と他の教科のカバーは通信教育の教材(ベネッセ)を使っていました。

中3の時点では数学は全て終わっていたので、復習と難しい問題に取り組むことだけを繰り返していました。

塾は子どもの希望通り通うことなくすみましたが、親の私のほうがむしろ不安があり『夏季講習』と『冬季講習』だけは行ってもらいました。

私が高校入試対策は、スタディサプリだけではカバーできないと思ったのと、わからない問題があった場合はその場で解決できるようにしてほしかったからです。

正直、子どもがどれだけ頑張っていても「それで本当に合格できるのか?」という思いがあり、親としては不安なものです。

代わりに勉強したい!と思う親もたくさんいるくらいです。

でも、塾だと模試で順位も出てくるのでそういう意味では分りやすいです。

なのでスタディサプリのメインに、補助的に塾を利用するようにしていました。

⇒母親の負担や子どもの危険など、受験前に知っておきたことをまとめてました。

スタディサプリを使って成績が上がっていると実感したことは?

>スタディサプリを使って成績が上がっていると実感したことは?” width=”500″ height=”475″ class=”alignnone size-full wp-image-15236″ /><br />
子どもは英語に困っていましたが、コツコツとスタディサプリで復習するようになってから少しずつ成績も定着していったように感じています。</p>
<p>苦手というのはあまり変わりませんし、先取りまでは難しいみたいです。</p>
<p><span class=学校の授業で理解が浅かった部分も、スタディサプリでもう一度先生の話を聴いているような状態なので少しずつわからない部分が埋まってくるような感じがありました。

子ども本人も定期テストの点数が上がるとやはり嬉しいようで、テストの結果が出るごとに英語の学習も頑張るようになったと思います。

テストの時には、数学の勉強を子どもはしていませんでした。

一教科不安に思わずに済むというのは、本人にとってもかなり励みになったようです。

「数学だけは絶対に点数が取れる」と自信がありました。

実際、5教科の中ではいつも一番点数が高かったです。

理科と社会はほぼ暗記教科ですが、子どもはコツコツと暗記するのは苦手ではないみたいなのでそれほど問題はありません。

早くに数学を終わらせて本当に良かったと思います。

現在は四日市高校に入学しましたが、数学の先取り学習はまだ続けています。

月額料金も安いから全然家計の負担にならず続けることができています。

大学受験までとなるとどうなるのか分りませんが、分らない部分はスタディサプリで復習していけると思っています。

まとめ

  • 先取り学習ができる
  • わからない・ついていけないはなかった
  • 何度も授業動画を見直すことができる
  • 部活と勉強を両立できる
  • 月額だけではなく、家庭の事情にも合わせることができる

塾で学習するのも、スタディサプリで学習するのも子ども本人です。

その本人が理解して続けることができないと成績は上がりません。

スタディサプリは月額が安いというのもありますが、しっかりした内容と続けることができる工夫がされています。

私たちが始めるきっかけがお試しでした。

お試し期間でも通常のスタディサプリと全く同じように使えます。

試しに苦手な科目の動画を見て、実際に使ってみるとあなたの体験談になりますよ。

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。