• <スポンサードリンク>

【塾に行かない】中学1年生から始める英語の定期テスト対策と勉強法

【塾に行かない】中学1年生から始める英語の定期テスト対策と勉強法
英語は、中学1年生の1学期で勉強するかしないか大きく変わってきます。

もっというと、中学1年生の2学期になると英語の学力に差が出始めます

理由は、1学期に習う基礎をどれだけ理解するかによって変わるからです。

小学校でも英語の授業がおこなわれていますが、やはり本格的な英語は中学校からです。

今回は、自宅でできる中学校1年生からはじめる英語の勉強法を説明していきますね。

この記事を読んで、英語の勉強法を習慣化させましょう。

<スポンサードリンク>

英語の『教科書』を利用した英語の勉強法とポイント

英語の『教科書』を利用した英語の勉強法とポイント
中学校の英語の勉強は、大きく分けて2つ。

『定期テスト用の勉強』と『高校受験用の勉強』です

数学や理科とは違うので勘違いしないで下さい

今回は、中学1年生向けの内容なので高校受験対策よりも学校の定期テストや日頃の授業対策が最優先です。

定期テストは内申点と大きく関わってきます

後々の高校受験対策にもつながってきますので、日々の学習がとても大事です。

苦手意識を持たずに毎日学習できる習慣にしましょう。

英語の教科書にある英単語を覚えよう

中学校の英語でもっとも基本的な勉強が単語を覚えることです。

意味やスペルだけでなく発音も声に出して覚えていくようにしましょう。

教科書に出ている単語を覚えることが一番基本的な方法ですね。

さらにいうと、定期テスト対策には最も適している勉強法です。

理由は、定期テストの範囲は学校の教科書だからです

教科書の英単語を覚えていかないと和訳もできませんので、定期テストで苦戦することになります。

とにかく単語は確実に覚えるようにしましょう。

英語の教科書を使って文法を勉強しよう

教科書の英単語を覚えたら次は、文法を覚えましょう。

国語で漢字だけを覚えても文章が読めないのと同じで、英語も単語だけでは文章が理解できません

中学1年生で習う文法は、1学期が「be動詞」と「一般動詞」くらいなので理解しやすく復習しない生徒は多いです。

2学期になると「一般動詞」が少しずつ難しくなってきます。

ここがポイントで、大事な1学期を復習しないと学力の差が出るということです

2学期以降は、「3人称単数現在」や「現在進行形」など一気に複雑になってきます。

「肯定文」「否定文」「疑問文」なども加わると何が何だかわからなくなる生徒も多くなってきます。

今回は、わざと文法用語を並べましたが焦ることはないですよ。

教科書と教科書ワークなどを併用して文法の勉強をすれば、基本から理解できるはずです。

教科書ワークとは。
教科書にに沿った内容で解説しているわかりやすい参考書。出版社は「文理」です。

英語の教科書は音読と和訳をしよう

英語の教科書の「単語」と「文法」がある程度理解できたら今度は長文の音読です。

音読をすると「英単語の発音」も確認できます。

音読をすると単語ごとではなく、ひとつの文をまとめて読むスタイルが身につくので和訳をするときにも役立つようになります

文法を理解するのも良い流れになります。

音読をしたときにできれば、単語の発音や文法的な和訳を同時にできるようになると英語が得意科目になりますよ。

もちろんはじめからできる人はいませんので心配はいりません。

和訳は、一文ごとにできるようなると、とりあえず基本的な英語の勉強はできています。

わからない単語や文法は、必ず復習をしましょう。

スタディサプリの授業動画で理解する

教科書ではないですが、スタディサプリは中学校で使っている教科書で解説してくる授業動画があります。

授業で聞きそびれたり、わからない場合など質問していますか?

恥ずかしいなど、結構そのままにしている生徒は多いです。

そこで、スタディサプリを利用することによって学校の授業を補うことができます。

プロの講師による解説だからわかりやすいのはもちろんですが、使っている教科書の解説なので見ているだけで復習にもなります

教科書だけでもわかりやすいですが、動画だと印象に残ってスッと頭に入りやすいです。

教科書を使った勉強方法のポイント

  • ポイント1:教科書にのっている英単語を覚える
  • ポイント2:英語の文法を覚えて文章を理解する
  • ポイント3:英単語や文法を覚えて、長文の音読を理解する

【参考記事】学校で使っている教科書を解説してくれるスタディサプリを使ってみた

英語の『参考書』を利用した英語の勉強法とポイント

英語の『参考書』を利用した英語の勉強法とポイント
中学1年生の英語は、英単語の覚え方や文法の勉強法を身に付ける時期です。

この時期は、基礎となる土台を作ることが大事だということです。

しかし、塾に行かずに家で教科書だけの勉強だと不足しているように感じてしまいます。

そのときは、参考書を利用することで一気に学力アップにつながります

参考書は数多くの種類がありますので、自分の学力にあったものを選ぶことが重要です。

中学校1年生の段階で英語を苦手だと思わないようにするためにも、あなたにあった一冊を選ぶべきです。

【参考記事】あなたに合った参考書選びについて

英単語と英熟語の参考書を用意しよう

英語の参考書は、できるだけ説明や解説が詳しく例題や基本問題が用意されている1冊が理想です。

問題数の不足は、別途問題集を購入すれば問題ありません。

参考書で理解を深める。問題集は理解しているか確認するために使いましょう。

英単語と英熟語は、高校受験で少しでも難関校を考えているのであれば用意してください。

英単語や英熟語は、例文が用意されているものが理想です

英単語や英熟語は、短文ごと覚えるのが良いです。

もちろん、このときも英語の基本である音読を忘れてはいけません。

英文法は単元ごとに説明が詳しい参考書を用意しよう

英文法の参考書は、個人差があるので簡単に順位付けはできません

ただ、最も丁寧な解説で定評のある一冊を紹介させてもらいます。

学研プラス社から出版されている「中1英語をひとつひとつわかりやすく。」

シリーズで中学2年と中学3年もあります。

「中1英語をひとつひとつわかりやすく。」は、まさに中学英語の基本を丁寧に解説しているので英語が苦手だという生徒には最適な一冊。

解説を読んでから問題を解いて、解答を読むまでは基本的な流れで学習してほしいです。

そして必ずやってほしいのが、音読を小さな声でも良いので実行して下さい。

声を出しながら学習することでしっかり理解できます。

中学1年生の英語は、単語と文法が基本

中学校英語は、単語と文法を理解していることが基本です。

英単語と文法ができなければ、長文問題は解けません。

言い方を変えると単語と文法を理解していれば、長文もある程度は和訳ができるはずです。

和訳ができるようになれば、定期テストも恐れることはありません。

参考書や教科書は、最低でも3回~5回は繰り返し勉強するようにしましょう。

反復学習のときに面倒でも音読の習慣化は忘れてはいけません

英語の参考書の選び方は、英単語や文法に関しては短文が掲載されているものを選んで下さい。

参考書は、できるだけ基本の解説が丁寧な参考書を選ぶことをポイントです。

英語の参考書を利用する勉強法のポイント

  • ポイント1:参考書は、説明や解説が詳しい1冊を選ぶ
  • ポイント2:英単語や英熟語は、例文があるのが理想
  • ポイント3:参考書や教科書を3~5回は反復学習する

【参考記事】毎日、学校で勉強している教科書を家で復習できるスタディサプリを使ってみた

<スポンサードリンク>

英語の『問題集』を利用した英語の勉強法とポイント

英語の『問題集』を利用した英語の勉強法とポイント
塾に行かずに家で勉強しているときは、あなた自身どれくらい学力が付いたかわからないですよね。

問題集であなたはどこまで理解しているのか確認することができます

とくに英語に関しては、英単語や英文法を覚えてから長文読解をおこないます。

ここで重要なことは、英単語や英文法をしっかり覚えているかどうかです。

基礎を理解していない場合は、問題集に挑戦しても意味がありません。

また、問題集にも選び方のコツがあるので、自分にあった問題集を選びましょう。

英語の問題集は教科書に沿ったワークなどを使おう

英語の問題集で必ずおさえたいのが、教科書に沿ったワークです。

おそらく定期テスト対策までなら、『教科書ワーク』で充分な内容です。

仮に教科書ワークの内容で理解できない問題があるのであれば、原因を追及して克服するようにしましょう。

「英単語」「英文法」のどちらかに問題があるはずです

教科書ワークレベルの問題集を3回~5回繰り返していると、長文が頭に入るのでより効果的な勉強法になります。

このとき教科書などを読むのは音読が理想です。

英文法は単元ごとの問題集と総合問題集を用意しよう

英文法の問題集は、最終的に2種類の問題集があると便利です。

はじめに用意をするのは、【1:単元ごとに丁寧な解説のある問題集】。

参考書で丁寧な一冊を購入しているのであれば、【2:問題が豊富で解説が丁寧な単元ごとにわかれている問題集】を購入しましょう。

ここで間違ってほしくないのが、高校受験時には全ての範囲から文法問題が出題されます。

英語の文法で単元ごとの問題は理解できても総合問題集や模試だとできないという生徒が多くいます

この状態は、本当に文法を理解している状態とは言えません。

最終的に総合問題集が必要になるのは、この確認時に必要だからです。

中学1年生にオススメの分野別問題集

中学1年生にオススメの問題集を紹介しておきます。

部活動で毎日の勉強時間の確保が大変だという生徒

学研社から出版している「中1英語 10分間基礎ドリル」。

1日の勉強時間が10分間になっているので、英単語や音読の時間を考えると効率が良い方法です。

中学2年生と中学3年生用もあるので、併用の1冊として使えます。

参考書のところでも紹介をしましたが、「中1英語をひとつひとつわかりやすく。」や文理から出版している「わからないをわかるにかえる中1英語」も使いやすいです。

2冊とも中学英語の基本から丁寧に解説している書籍です

単純に英単語を覚えるだけでは不安です。

2冊とも反復学習を主軸に考え、しっかり理解しいくことが大事です。

問題集を使った勉強方法のポイント

  • ポイント1:問題集はどこまで理解しているか確認できる
  • ポイント2:単元ごとの丁寧な解説のある問題集でしっかり学習する
  • ポイント3:総合問題集が必要になるか問題集で確認する

【参考記事】毎日、学校で勉強している教科書を家で復習できるスタディサプリを使ってみた

英語を効率良く学ぶためのノート作成術とは?

英語を効率良く学ぶためのノート作成術とは?
中学英語のノートは、大抵決まったノートを用意するようにと言われます。

中学校の授業に関しては決まりがあるので仕方がないですが、できればあなたが使うノートはあなた自身が選択してほしいです

自分にあった英語のノート作成術を身につけよう

英語だけに言えることではありませんが、自分専用のノート作成術を身につけている生徒は大抵良い成績です。

ノートがキレイだったらいいというわけではないです

またなかには、ノートを丁寧に作成すれば成績は上がると勘違いしている生徒もいるようです。

あくまでもノートは自分が理解できれば特に問題はありません。

自分自身のノート作成術は、色々なスタイルを試すことも必要です。

できるだけ早めにノートの作成スタイルを決めることですね。

授業で聞いたことを書ける空白を必ず用意する

授業で聞いたことを書ける空白を必ず用意する
ノートの作成術でひとつだけルールがあります。

授業用として活用するノートは、必ず授業で聞いた先生の話の内容が書ける空白部分を空けておきましょう

また、必要に応じて「授業用ノート」と「定期テスト用ノート」の2冊はあると便利ですよ。

もちろん一冊でも自分なりに完成されたノート作成術であれば問題はありません。

英語のノート作成術の基本は、見開きで2ページを1つとして考えます。

左側の上部に教科書の本文を書いて、下段に新しい単語などを書いておきます。

右側のページは、上部に本文の和訳を書いておきます。

下段部分は、授業で先生がはなしたことや板書を書き込んでいきます

また、このときにきれいに区分をして書く必要はありません。

自分が復習のときに利用できればよいのですから、見栄えはあまり考えないようにしましょう。

色や印などは、自分でルールを決めて使おう

ノートには、イラストや図を書き込むことがあります。

また、和訳が間違えていたときは、消しゴムで消してはいけません

和訳をした部分はそのまま残しておき、隙間に赤や青のボールペンなどで正しい和訳を書き込んでおくようにしましょう

間違えた場所は同じミスをしないためにも残すべきですよ。

それ以外の色のルールや印などは自身で決めて問題はありません。

たとえば、大事な単語などは『赤』。反復学習が必要だと思うキーワードは『青』など自分ルールを決めるとわかりやすいです。

英語以外の科目も共通の色で考えると統一されるので、復習時に便利です。

色についての注意点は、あまり多くの色を使いすぎないことです。

何色が理想とは言えませんが、多くても3色程度にとどめておくことがオススメになります。

効率よいノート作成術と勉強方法のポイント

  • ポイント1:ノートは理解できるように書く
  • ポイント2:授業用ノートと定期テスト用ノートがあると便利
  • ポイント3:自分のルールを決めたノートを作る

まとめ

今回は、中学1年生が塾に行かずに家でできる英語の勉強法を説明しました。

中学1年生で英語がわからなくなる生徒の多くは、夏休み以降(2学期)です。

これは、覚える文法や単語がグンと増えるからです。

夏休み前や夏休み中に自分なりの勉強法や習慣化が完成されていれば、英語が苦手になることは少ないです。

社会や理科は、後からでも取り戻すことが可能な科目です。

英語や数学は、1度わからなくなると結果的にずっと苦手科目のままとなります。

中学校英語の基本は、単語と文法を中心に長文は音読をすることです。

また、参考書や問題集は、できるだけ丁寧な説明や解説のものがいいでしょう。

【参考記事】参考書や問題集ではないが、丁寧でわかりやすいと定評なスタディサプリはどうなのか使ってみた



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。