• <スポンサードリンク>

塾に行かない高校受験。家で集中して勉強できる方法とコツ

【高校受験】塾行かなくても絶対合格!家で集中して受験勉強できる方法とメリット
家での勉強で志望校や難関高校に合格している受験生は毎年増えています。

もちろん、塾に通いながら高校受験対策をしている受験生もいます。

塾に通うメリットの一つとして、同じ受験生がいる環境だけにモチベーションの維持も比較的楽だからです。

ただし、親としては塾は学校と違い費用が高く、家庭の負担はかなり大きな存在です

よって、近年は塾に通わずに、家で高校受験対策をする受験生が増えているのも事実です

今回は家で高校受験対策をするために事前に知っておきたいことを説明します。

塾にまかせて安心できるところはあるけど、経済的な負担が増えるのはつらいです。

<スポンサードリンク>

家で勉強するための環境作りの大事なポイントは?

家で勉強するための環境作りの大事なポイントは?
家で高校受験対策をするには、まず環境を整えておくことが重要です

塾などはあきらかに勉強に集中できる環境になっています。

ここでは、家で受験対策をするためにできる環境作りのポイントを説明します。

事前に学習がやりやすい環境をつくることは、効率を考えると大事なことになります。

部屋の掃除をしてきれいにするのが基本

中学受験などの場合は、リビングなどで勉強をする受験生もいます。

しかし、高校受験ともなると自分の部屋で受験勉強をする受験生が多いです。

受験勉強に最も適した状態は、きれいに片づいている部屋になります。

できれば自分の部屋だけでなく、家全体のそうじをするようにしましょう。

また、勉強をおこなう部屋には余分な物はできるだけ置かない習慣をつけることが必要です

ゲーム機器やマンガの本が視界にあるのはあまり好ましいことではありません。

参考書や問題集は、必要なときにすぐに取り出せる状態になっているでしょうか?

必要なときに手に届く範囲に参考書や問題集があるとやる気や効率が大きくかわります。

学校で配布されたプリント類やノートは、整理されているでしょうか?

プリント類がしっかりまとめられているのは、受験だけでなく定期テストにも役立ちます。

机の上が片付いていることで効率アップします。また、日ごろからの整理整頓が習慣化することで物事を整理して考えることができるようにもなります。

長時間座っても疲れない椅子を用意しよう!

机を重視する人はいますが、椅子を簡単に考えている受験生が多いようです。

長時間集中して学習する環境のひとつに適した椅子というものがあります。

クッションが厚めにできている椅子で、できれば背もたれ部分がロックできるタイプが良いです。

必ずしも机についている椅子が良いわけではありません

また最近は背もたれ部分の素材にメッシュを利用している椅子も多くなっています。

夏場などは快適に利用できると思います。

ゲーム機器などは手の届かない所に

家庭用ゲーム機器は、できるだけ封印してしまいましょう

目の見える場所にあるとついやりだくなってしまうものです。

気分転換ということで、自分でスイッチの「ON」と「OFF」が管理できる人であれば問題はありません。

不安な受験生は、できるだけ視界に入らない場所に片付けておきましょう。

また、使い方に注意をしたいのがスマートフォンになります。

最近はアプリにも良いものがたくさんあるので、一見受験勉強に役立ちます。

一番注意をしたいのが、SNSを利用している受験生です。

SNSは楽しいので気づいたらアッという間に時間が過ぎています。

貴重な時間をSNSで費やすのはもったいないです

受験勉強のための便利なアプリだけなら良いのですが、SNSに手を出すようでは意味がありません。

受験生が自分で時間のコントロールをできるようになってから利用するほうがいいです。

【参考記事】スマホやタブレットで学習できるコスパのよい勉強法とは▽

志望校に絶対合格するために家でできる勉強。やる気を出すための工夫とは

志望校に絶対合格するために家でできる受験勉強。やる気を出すための工夫とは

家で受験勉強をするときの最大のメリットは集中できることです。

ただし、やる気のスイッチを「ON」にするのが難しいときがあります。

ここでは、家で勉強をするときに「やる気」を出す工夫を説明します。

個人差はあると思いますが、色々と試してみましょう。

本人がやる気になるだけでも全然ちがいます。わが子のために、親としてしっかりサポートしましょう。

【参考記事】学習のやる気を引き出す方法とは▽

目標をつくって勉強をしよう

受験勉強だけでなく、日頃の学習にも計画や目標はとても重要なポイントです

特にやる気を出すためには、小さな目標や問題集も薄めのものが理想になります。

一度、やる気が「ON」になればしばらくは受験生らしく学習します。

やる気を出すための行動パターンを決めるのも悪くありません。

また、問題集はできるだけ基本的な問題のものを必ず用意しておきましょう。

やる気をだすときに比較的優しい問題を解くだけでも気持ちが大きく違います。

参考書や問題集は、相性というものがあります。

従ってどの参考書とオススメしにくい部分もありますが、自分に適した問題集や参考書を購入しましょう。

【参考記事】スケジュール管理がわからないときは

【参考記事】あなたに合った参考書や問題集の選び方がわからないときは

勉強前に決まった音楽を聴こう

一流のアスリートやプロのスポーツ選手にも多いのが、直前に決まった音楽を聴く。いわゆるルーティンです。

自分がこれから学習をする合図で、気合いの入る音楽が理想です。

中にはクラシックなどの心が落ち着く曲を聴く受験生もいます。

とりあえず自分の好きな曲でやる気のできる曲が良いですが、学習中は聴くのを控えましょう

勉強中に音楽を聴くという受験生もいるようですが、音楽を聴きながらおこなう学習はメリットもありますが、デメリットもあります。

メリット
⇒やる気や雑音が聞こえないことによる集中

デメリット
⇒暗記科目などに関しては、歌詞のある曲やUPテンポの曲は適さない

音楽を聴きながら学習するのが一概に悪いとは言えませんが、デメリットも多いので選曲には充分注意をする必要があります。

得意科目を勉強しよう

やる気を出すポイントは人によって様々なですが、好きな教科や得意な科目からはじめるとモチベーションを上げるポイントになります。

塾の場合は、時間割が決められています。

家で学習をするときは基本的に自分で予定をたてることになるので、上手くコントロールすることもできます

はじめにおこなう内容を決めるのも悪くありません。

必ず数学の問題集を解くのも良いですし、スタディサプリのようなネット環境を利用するのもひとつの方法です。

学習のパターン化が、学習の習慣化につながることもあります。

受験勉強において学習の習慣化は必須の条件です。

家で学習できて習慣化できるなら家庭の負担も減り助かります。

【参考記事】今の学習に無理なくプラスして習慣化できるアプリとは▽

<スポンサードリンク>

家で勉強していて集中できないときの対処方法

家での受験勉強。集中できないときの対処方法
塾の場合は、決められた時間で勉強をしますし講師がしっかり教えてくれます。

家で勉強をする場合は、基本的に自分自身が全て基準になるのでコントロールが難しくなります

家での受験勉強で気をつけることは、「集中力」のないときや「スランプ」時の対処方法になります。

受験勉強をしている期間中のどこかでスランプになることが多くあります。

時間を区切りながら集中力UPを目指そう

あなたは「ポモドーロテクニック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

簡単に言えば、短い時間に区切って集中して勉強をする考え方です。

本来はビジネス的な観点で利用するのですが、学習面でも大きな効果が期待できます。

1.学習25分をする
2.休憩5分
3.学習25分をする。
4.休憩5分
5.学習25分をする。
6.休憩5分
7.学習25分をする。
8.休憩15分~30分

具体例としては、このような感じです。

1単位あたりの学習時に用事などができて中断するのであれば、1つの単位は終了となります。

また、25分以内で問題が途中でも基本的に終了となるので、休憩後に再度続きからはじめることになります

しかし、問題を解いている間、集中している状態なら、その問題が終わるまで続けても良いという考え方もあります。

少ない時間で目標の内容をこなせるようにしたいので、集中するのが狙いです

この方法は、多くの人が実践してメリットが多いとされています。

25分以内は頑張って一つの単元に集中する。もし、つかれたと思ったら必ず5分は休憩。
もうちょっと頑張れると思ったら、そのまま続けてもいいのですが休憩しないと集中できないということです。

身体を動かしてから机に向かおう

机にずっと向かっていると集中力が落ちることもあります。

また、なんとなく集中できないときもあるはずです。

疲れているときこそ身体を動かすことはとても重要。

背伸びやストレッチをするだけで、気分がリフレッシュできるので効果的です。

先ほど説明をした「ポモドーロテクニック」を併用すると効果が大きくなります。

受験勉強をどのように効率良くすすめるかが自宅学習のポイントになります。

【参考記事】自宅で効率よく学習できる方法とは▽

疲れを解消。15分睡眠で学習モードに

夏休みなどの昼食後は、眠くなることもあるます。

ねむいときに無理をして勉強をしてもあまり効率が良いとは言えません。

このようなときは、短い時間の睡眠でスッキリします。

難関私立高校として有名な高校でも取り入れている方法です。

このときに注意をする必要があります。

座った状態で睡眠をすることが重要になるので、間違っても横になって寝てはいけません

また、15分~20分が理想の時間になるので、長時間の昼寝にならないようにしましょう。

仮に15分程度の睡眠の後に体調が優れない場合は、元々睡眠時間が不足しているのかもしれません。

夜の静かなときに受験勉強をする人が多いと思いますが、規則正しい生活も受験対策には重要なことになります。

睡眠不足は様々な面でデメリットが多いので気をつけましょう。

【参考記事】体調管理をしっかりサポートできる方法とは▽

家で勉強するときにあったら便利なお役立ちグッズとは?

家での受験勉強。あると便利なお役立ちグッズとは?
家で受験勉強をするのであれば、できるだけ塾ではできない環境やグッズを用意するのも受験勉強を頑張れる1つのです

便利なグッズがあれば、あきらかに効率化が期待できます。

ここでは、受験勉強にあると便利なグッズや疲れをとる効果的な食べ物などを紹介します。

自宅学習ならではの特徴を充分に活かして塾にまけない内容にしましょう。

塾に行けなくても、家でしっかり学習できる環境を整えることが大事です。

受験勉強に必須の文房具。これがあると便利

受験勉強に必須の文房具であると便利なものをいくつか紹介したいと思います。

ますは、筆記用具から「シャープペンシル」「消しゴム」です。

「シャープペンシル」は、芯の太さとグリップの堅さに注目をして選ぶことをオススメします。

芯は、マークシート対策の太芯用と筆記用として0.4mmが使いやすいです

グリップは、長時間の筆記にはソフトグリップが適しています。

後は本体の重さが自分に適しているものを選ぶのが大切です。

「消しゴム」は、あまり力を入れずにきれいに消せるタイプや試験会場に持ち込める無地タイプのものもオススメです。

筆記用具以外だと、「ホワイトボード」「タイマー」がオススメです。

ホワイトボードは持ち運びのできるタイプが良いと思います。

また、カレンダーは大きなマスの4月~3月になっているタイプのものをオススメします。

入試に関連することを書いておくのはもちろんですが、模試などの日程も書き込んでおきましょう。

受験勉強は長期決戦。気分転換も必要

受験勉強を家でおこなうのは疲れとの戦いでもあります。

疲れをとるアイテムや食べ物があると便利です。

目の疲労を軽減するには、睡眠が一番ですが寝てばかりもいられないので目薬は常備しておくと良いです。

また、乾燥防止のマスクなども便利です。

休憩時に食べると効果的なものが甘い物です。

チョコレートやようかんなど自分の好みの物を用意しておきましょう。

気分を落ち着けるには「アロマ」などを利用する人もいます。

好みの問題なので自分にあったものを選択する必要があります。

お菓子は、洋菓子でも和菓子でもOKです。リフレッシュにもなるのでぜひ取り入れてください。

スタディサプリと参考書で塾に負けない学習内容を確保

家で受験対策をするとどうしても塾の内容に劣る部分がでてきます。

最近は参考書も受験に適しているものが多くなっているので志望校に適した内容のものを選びましょう。

また、 解らない部分を自分だけで解決するのは効率を考えると決して良い方法とは言えません

そのようなときのために「スタディサプリ」は使いやすいです。

スタディサプリは、多くの受験生が利用していて、家に居ながら塾の授業が受けられる魅力があります。

しかも、コスパがよく講師陣も評判が良いので安心して取り組めます。

【参考記事】一度は聞いたことあるスタサプ。実際使ってみてわかったこととは▽

まとめ

今回は、家で高校受験対策をする方法を説明しました。

確かに塾にも大きなメリットはありますが、最終的に本人次第です。

本文中にも紹介している通り、インターネット環境で塾と同様の講義が家で閲覧できる時代です

参考書や問題集も自分に適したものが選びやすい時代になりました。

塾に通うことが悪いとは言いませんが、家でも充分高校受験対策は可能です。

ただし、そのためには本文中にあるように環境やモチベーションを意識する必要があります。

【参考記事】自宅で予備校の授業が受けれる方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。