• <スポンサードリンク>

中1から受験勉強は必要!?勉強内容は復習・予習の土台作りと内申点UPの勉強法

高校受験で焦らない。塾に行かなくてもできる中学1年生からの科目別の勉強法
中学校に入学をするとこれまでとは全く違う学校生活が始まります。

慣れるだけでも大変ですが、高校受験のことで不安になる生徒も多いです。

まだ中学1年生だからと言いたいところですが、公立高校を受験するのであれば、内申点が合否に関係します。

地域によって、中学1年の成績も対象になります。

今回は、中学1年生から高校受験対策を考える必要性の説明をしていきます。

この記事を読めば、中学1年生から高校受験対策の考え方やポイントが理解できます。

中学生になったから学習面も頑張っていく
中学1年生から始める勉強法のポイント

・中学1年生から高校受験を意識するのか?
⇒意識するというより、学習の土台作りが大切 詳しくはこちら

・毎日の学習は?
⇒予習・復習を中心に『学習の習慣化』が重要 詳しくはこちら

・夏休みや冬休みはどんな勉強をするのか
⇒習った所まで復習すること 詳しくはこちら

<スポンサードリンク>

中1からすぐに高校受験を意識した方が良いのか?

中学1年生から高校受験を意識した方が良いのか?
中学1年生から高校受験を意識している生徒もいるはずです。

特に公立高校を志望している生徒は内申点のことも気になるのではないでしょうか?

中学1年生から高校受験を意識するのは悪いとは思いませんが、特に意識をする必要もありません

その理由は、この後の説明を読んでいくと理解できるはずです。

高校受験対策のスタートは、土台づくりから

中学1年生がはじめにやるべきことは、中学校生活に慣れることです。

これまでとは全く違う環境で、体調や精神的に大きな負担をかける毎日になります。

この時期に中学校生活になじめなくて、不登校になるケースもあります。

まずは、学校生活に慣れることを最優先にする必要があります

中学校での生活が楽しくなれば、日頃の授業も対応できるようになります。

中学1年生が高校受験のためにおこなうことは、あくまでも土台をつくることです。

まずは学校に慣れること。そして、毎日学習できる土台作りが大切です。

中学1年生は高校受験より定期テストを意識しよう

中学1年生は、高校受験を意識するよりも中間テストや期末テストといった定期テストを意識した学習を基本にする必要があります

後ほど説明をしますが、公立高校の受験は一部の科目を除けば、学校で使用する教科書や資料集が試験範囲のほとんどを占めます。

定期テストは、日頃の授業で学んだことが出題されることが多くなります。

定期テストを意識して日々の学習をすれば、高校受験の基本対策につながります

定期テストの結果は、内申点に影響してきます。公立高校を志望校にしているならしっかり点数を取っておきたいところです。

1週間単位の予定表をつくろう

中学生になると小学校時代とは違い部活動と学習の両立を考えなければなりません。

部活で疲れもあると思いますが、毎日の学習が重要になります。

1週間単位の予定表をつくるときに重要なポイントは、「無理な計画をつくらない」「予備日をつくる」の2つを意識してつくることをオススメします

時間的にも限られた時間内での学習時間になると思うので、慣れるまでは少ない時間でも問題ありません。

体力的に慣れてきたら少し時間を増やすようにしましょう。

中学校になると宿題の量も科目ごとに出ることもあります。

宿題とは別の時間を学習時間として確保できるようにしていくのがポイントです。

宿題とは別に学習できる習慣が作れるように工夫します

【参考記事】無理なく学習するためにスケジュールを立てる方法とは▽

科目別に解説。中1からはじめる勉強法とは?

中学1年生は毎日どんな学習をすればいいの?
中学校に入ると定期テストや高校入試が控えているので対策をする必要があります。

学習は毎日の予習と復習の積み重ねになります。

ここでは、中学1年生の日頃の学習方法を説明します。

日々の学習方法や科目によって異なる考え方も説明していきます。

学習の習慣化を目指そう

中学校の授業は科目ごとに教師も違いますし、授業の進め方も小学校よりもかなり早くすすめるようになります。

授業の内容を理解しないと解らなくなってしまうので、予習をして事前に準備をする必要があります

また、授業の後は知識や暗記の定着のために復習をおこないます

予習というと、誤解をする生徒が多くいます。

事前に覚えようとするのではなく事前にどの範囲を学習するのかを理解するだけでも予習として充分に効果があります。

中学校1年生の授業内容であれば、定期テスト前の勉強だけで高得点を取ることができるかもしれません。

それが後々に苦しむ原因になります。

部活動をしながら、予習と復習をおこなうのはかなり厳しいと思います。

身体が慣れるまでは、少ない時間でも良いので学習時間を確保するようにしましょう

中学1年生の序盤は、長時間の学習時間よりも毎日学習をおこなう「学習の習慣化」が最も重要なポイントになります。

【参考記事】長時間の学習より効率良く学習するための方法とは▽

科目によって異なる学習方法

中学校でおこなう日々の授業は、公立高校の受験にそのまま役立ちます。

ただし、主要5科目のうち国語だけは、学習方法に工夫をする必要があります。

公立高校受験は、内申点と当日の試験が、合否に大きくかかわってきます。

内申点で良い成績を取るには、定期テストで良い得点を取る必要があります

受験当日の試験範囲や内容も、中学校の教科書や資料集が範囲になっています。

日々の学習が、定期テストや受験に直結するというのはこのような理由があるからです。

国語以外の科目に関しては、授業や教科書に沿ったワークや問題集を利用するのが理想的なスタイルになると思います。

科目別に簡単に毎日の学習方法を説明します。

教科書での学習は基礎であり、公立高校の出題範囲です。毎日に復習や予習がとても大事。

英語:

授業で習った教科書の文章を読む練習をしてみると理解度や実際のテストや入試のときに役立ちます

スラスラと読めない生徒は、単語が読めないのですから調べて理解しましょう。

文法等は、教科書に沿ったワークなどを利用して学習をすすめるのが理想です。

現段階で高校受験用の学習は必要ありません。

数学:

授業で学習したことを教科書に沿ったワークや市販の基本的な問題集を使って学習するのが理想です。

数学は、公式を覚えようとする生徒も多いですが、理論を知る必要があります。

数学は、現在学んでいることが次へのステップになる科目でもあります

完全にわからない状態になる前に先生に質問をして理解をするようにしましょう。

国語:

国語は5科目の中で最も成果のわかりくい科目です。

また、学校で習っている文章題を解いても実際の入試では効果は発揮できません。

定期テストでは、授業で学んだ文章から問題が出題されます。

実際の入試では、初見の問題が基本になりますので対策は少々異なります。

国語に関しては、ワークなどとは別に問題集で長文問題に慣れておくと良いです

漢字や古文に関しても同様のことが言えます。

社会:

社会は、教科書と資料集などをしっかり読み込むことが大切です。

その上で教科書に沿ったワークを解く必要があります。

社会は覚えた分だけ得点につながりますが、ここまでやれば良いというゴールもないのが本音です

楽しみながら学習ができれば一番良いと思います。

理科

中学校で学ぶ理科は、高校理科の基本部分になります。

従って、学校で学習したことをしっかり復習しておけば対応はできるはずです。

理科も教科書に沿ったワークなどを使いながら、学習をしていればさほど苦にはならないです

定期テストを意識した学習をしよう

中学1年生の学習は、公立高校の受験を意識するよりも、定期テストを意識した学習をするべきです。

公立高校の受験対策は、あくまでも日頃の学習や定期テスト対策が基本になります

教科書や教科書に沿ったワークや問題集を解いて基本的な部分を理解することが重要になります。

基本が出来ない状態で応用問題を解いても全く意味がありません。

国語以外の科目は、この方法で定期テストでも充分な結果が期待できます。

更に受験対策も自然に始めていることにつながります。

国語に関しては、先ほども説明しているとおり、学校の学習と受験対策をわけて考える必要があります。

特に国語の学習成果が出るまでには時間がかかるので注意が必要です

一気に成績アップはできなけど、毎日学習することから始めることはできます。

【参考記事】費用が高い学習塾。高い塾代を払わなくてもハイレベルな学習ができる方法とは▽

<スポンサードリンク>

高校受験は内申点が高いほうが有利。中1から中間・期末テストで高得点を取る勉強法とは?

中学1年生の中間テストと期末テストで高得点を取る勉強法
高校受験を意識する上でも中学1年生の定期テストは、良い結果でスタートしたいものです。

定期テストで良い得点を取ることは自信にもつながります。

過剰な自信はマイナスになりますが、ある程度自信を持って行動をすると学校生活も楽しくおくることができます。

ここでは、定期テスト対策について説明をします。

定期テストは、驚くほど簡単に高得点が取れる方法があります。

定期テストの対策方法にゴールはない

「定期テストの学習はどこまでやれば良いのか?」という質問をよく聞きます。

答えから言えば、定期テストの対策にゴールはありません

全ての科目で100点を取っている生徒なら解ると思いますが、定期テストに限らず受験勉強も同様の考え方ができます。

どこまでやれば良いかでは、合格は難しくなります。

もちろん定期テストは、試験範囲が決まっているので範囲外の学習をする必要はありません。

言い方を変えれば、テストの範囲を時間の許す限り復習する必要があります。

定期テストは範囲が決まっています。まずは、しっかり復習し理解することから始めましょう。

定期テスト対策の学習方法

定期テスト対策の学習方法ではじめにおこなうことは、試験範囲の確認と予定表の作成です。

限られた時間で完全な状態にするには、それなりに準備も必要になります。

公立中学校の定期テストの多くは、教科書ワークやノートとプリントをしっかり復習すればほぼ高得点が取れます

特に授業中に先生が、何度も説明している事柄や事前にテストに出る場所を教えてくれていることもあります。

これは定期テスト対策の大きなアドバンテージになります。

少なくとも定期テストの2日か3日前までに、一通りの対策は済ませておくのが理想です。

間違っても残り3日からスタートにならないようにしましょう。

毎日習ったことをその日のうちに復習していれば大丈夫です。

日頃の学習の成果が定期テストで高得点を取るポイント

中学1年生の中間テストは試験範囲も少ないので全体的に平均点も高くなる傾向があります。

特に英語などは中学校から本格的に授業をしているので、基本的な問題になります。

それだけに完全にテスト前に仕上げておく必要があります。

特にこの時期の定期テストは、生徒によっては、3日程度の対策で高得点を取ってしまう生徒もいます。

確かに最初の定期テストでは、あまり学習面の差はでませんが徐々に毎日の学習時間の差が出てきます。

毎日の予習と復習の繰り返しが、定期テストで最も重要な対策になります。

何度も伝えているとおり、日々の復習がとても重要です。

中1の夏休みや冬休みを使ってどんな勉強をすればいいのか?

中学1年生の夏休みや冬休みはどんな勉強をすればいいの?
中学1年生が、夏休みや冬休みにおこなう学習は復習です。

従って、利用する問題集にも注意をする必要があります。

高校受験用の問題集は、中学2年や3年で習う内容も含まれています。

必ず中学1年生向きの問題集とワークを習った所まで復習することをオススメします。

中学1年生の長期休暇は復習が基本

中学1年生の夏休みや冬休みは、基本的に復習中心の学習が理想になります。

特に数学は、単元ごとにしっかり復習をして基本をマスターする時期です

どの科目でも言えることですが、ワークや問題集を解くときに「◎」「○」「△」「×」の4つの印をつけて理解度を把握しましょう。

「◎」は、何も見ずにスラスラ解けた問題。
「○」は、少し考えたが解けた問題。
「△」は、かなり時間をかけた問題や参考書などを活用して理解した問題。
「×」は、全く解けなかった問題。

中学校3年生だと総合問題集などになるので、復習の仕方にも工夫が必要です。

中学1年生は、単元ごとに復習をする方が効率も良いですし理解度も深まります 。

社会と理科も同じように復習中心になります。

ただし、社会は徐々にこれまでに習ったものがテスト範囲に含まれてくるので確実に覚えていくようにしたいものです。

英語と国語に関しては、ゆとりがあれば長文問題にチャレンジをするのも悪くありません。

特に英語は長文問題を読み慣れることで今後に大きく役立つはずです。

問題集の選びのポイントは解説がしっかりしていて、見て1秒でわかると思う問題集がいいです

苦手な科目は早めに克服しよう

どの科目であっても苦手な科目や単元は、長期休暇を利用して確実に克服する必要があります

新学期が始まると授業がすすんでしまい更にわからなくなる危険性があります。

特に、英語や数学は、苦手な単元を放置しておくと必ず後で苦しむことになります

難しい問題を解く必要はありませんので、基本をマスターできるようにしましょう。

苦手科目の克服に利用する教材は、教科書とワークで充分です。

苦手な科目に限ってたくさんの問題集に手をつける生徒もいますが、同じ問題集を反復するのがオススメです。

得意な科目は、難しい問題にチャレンジをするのも悪くありません。

特に難関私立高校を考えている生徒は、問題の難しさにも慣れる必要があります。

中学1年生からしっかり考えるクセもつけておきましょう。難題に挑戦できるようになります。

中学1年生に必要な問題集と必要ない問題集

中学1年生にとって必要な問題集と必要ではない問題集があります。

特に高校受験を意識している生徒は問題集選びに注意をしましょう。

中学1年生の段階で必要な問題集は、単元ごとに問題が掲載されている問題集です。

高校受験用の問題集の中には、総合的に出題されている問題集も少なくありません。

何度も説明をしていますが、中学1年生にとって必要なことは基本を固めることです。

高校受験を意識する気持ちはわかりますが、目の前にやるべきことがあります。

特に公立高校の受験を考えている生徒は、定期テストや日頃の提出物などに力を注ぐ時期です。

毎日コツコツと学習を続けていれば、高校受験は充分に対応できるようになります。

まとめ

今回は、中学1年生から高校受験対策をする必要の有無を説明しました。

広い視野で考えれば、定期テストを意識した学習が高校受験につながります。

定期テスト対策は、毎日の学習が確実に実力をつけるポイントです。

また、中学1年生の学習習慣は、復習や予習のやり方と意味を理解する時期でもあります。

中学3年生になって焦るのではなく、中学1年生からの積み重ねが大きな差になってきます。

焦ることのない学習環境を整えておきましょう。

【参考記事】高額な塾に通わなくても自宅でしっかり学べてコスパが良い方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。