不登校からの高校受験。塾や家庭教師以外の勉強法と高校の選び方

もちろん不登校でも高校受験には挑戦できる。勉強して合格する方法とポイントとは?
中学3年生になると多くの生徒は高校受験を意識します。

日頃から楽しく中学校に通っている生徒は良いですが、全ての生徒がそうではありません。

中には、不登校となって中学校に通学していない生徒も数多くいます。

不登校になってしまった理由は様々ですが、高校受験を目指したい生徒もいるはずです。

今回は、中学で不登校になっている生徒も高校受験は可能なことを説明します。

この記事は、不登校になったお子さんだけではなく、親御さんにも参考にしてほしいです。

<スポンサードリンク>

不登校になった原因は?将来を考えた高校の選び方

【不登校】まずは通える高校を調べよう。探すときのポイントは?
世間では、不登校の生徒の進路を決めるときに中学校の先生と面談をすることを勧めます。

話し合いで不登校から立ち直れれば良いという目的もあるのでしょう。

確かに、理想論は不登校をなくすことです。

しかし、言葉だけで解決できるほど単純ではないのが現在の状況です。

ここでは、不登校でも自分が通える高校を探すときのポイントや実際に進学する高校の決め方などを説明します。

不登校でも進学できる。選べる高校の選択肢はたくさんある

不登校になると高校受験ができないのか?とよく聞きます。

確かに、中学校で不登校になると公立高校受験はかなり不利になります。

理由は、公立高校の受験は入試当日におこなう学力試験以外に内申書が合否に大きな影響があるからです。

不登校の受験生は、基本的に内申点が高くなることは考えられません。

したがって、多くの公立高校の受験は厳しい結果になります。

しかし、一部の公立高校や私立高校の中には、内申点を合否専攻に使用しない高校もあります。

もっというなら、高校によって学力試験をおこなわずに面接だけで合否を判定する学校もあります。

ただし、不登校の生徒によっては、全日制の高校に通うのは厳しいという受験生もいると思います。

たとえば、

激しい喘息起立性調節障害などで悩んでいる生徒たちです。

そのような場合は、無理せず通うことができる定時制高校通信制高校という選択肢もあります。

全日制高校だけではなく、定時制高校や通信制高校みたいに自分の状態によって選べる高校が増えてきたので安心して受験に挑戦していきましょう。

現在の自分の状況を考えて進路先を検討しよう

不登校の受験生は、新たな学生生活を送りたい思いで高校を選びます。

そして、親御さんは本人の意思を尊重することが大切です。

不登校になった理由は、それぞれです。

たとえば、

「いじめ」「体力的な問題」「学力的に厳しい」「起立性調節障害」など。

考えておくべきは、

『いじめ』が原因で不登校になったなら、高校でも同じ状況になることも考えなければなりません。

『体力的な問題』であれば、学年制の高校は欠席が多くなるので難しくなります。

『学力的な問題』がある受験生は、自分の学力にあった高校を選択するべきです。

『起立性調節障害』のお子さんは、朝が苦手なはずなので全日制は難しいと考えておくべきです。

など、不登校になった原因と将来を考えたうえで、全日制高校・定時制高校・通信制高校の中からもっとも適した進学先がどこなのか一緒に考えていきましょう。

自分の将来を考えて高校を選ぼう

最終的に進学先の高校は、できる範囲で受験生本人が決めることが望ましいです。

もちろん、学力試験だけの全日制高校でも絶対に合格できるというわけではありません。

ただ、高校受験に向けて一生懸命努力をするということは良い経験になるし、親として嬉しい姿ですよね。

結果的に進学した高校で、高い自信が持てる可能性が期待できます。

自信がついた生徒は、学校へ行くことが楽しくなり、「大学に行きたい!」と希望するような生徒もでてきます。

そんな生徒を、親として大学受験させてやりたいと思うのなら、定時制高校より通信制高校のほうをおすすめします。

その理由は、近年、大学受験に力を入れている通信制高校が増えてるからです。

不登校でも高校受験はある。遅れている勉強を取り戻すには?

もちろん、不登校でも高校受験はある。まずは勉強方法を知る
高校からは義務教育ではないので、高校受験の有無は受験生本人次第です。

高校進学を希望するなら、高校受験に向けて対策を考えなくてはいけません。

今回は不登校の受験生が、高校受験でどんな学習をすればいいのか?

どこからはじめれば良いのか?などを説明します。

まずは、今の学力を知るところから始めよう

不登校の受験生がはじめにやるべきことは、自分の学力を知ることです。

学校の定期テストや塾などの模試テストを受けていないのであれば、自分を知ることが重要です。

たとえば、

各科目の教科書に沿ったレベルの問題集などを解いてみる。

そうすることで、自分の学力や苦手をおおよそが理解できる。

自分のレベルを知ったら、次に学習計画を考える必要があります。

たとえば、

数学の問題で、例題すらわからない状態であれば、学習水準を前の学年に戻す。

場合によって小学校まで戻ることも考えられます。

要するに、わかっていない箇所から始めるということです。

学校に通わずに学習は可能なのか?

高校受験対策に限らず学習そのものは、学校に通わなくても充分可能です。

特に毎年利用者が増えているのがネット塾。

地元の学習塾に通わなくても、インターネット環境さえあれば家でハイレベルな学習ができます。

またネット塾の特徴として、対人が苦手な生徒でも、メールやチャットでわからない問題や難しい問題に質問することができます。

もちろん学校や学習塾に通いながら、最新情報で学習できる『ネット塾』を利用している生徒も多いです。

高校受験は、不登校の受験生にとって簡単なことではないはずです。

ネット塾も多彩なので、自分のタイプやレベルにあったネット塾を選んでいきましょう。

不登校の受験生は、基本は家での学習が良い結果につながる

不登校の受験生は、無理に学校に通うと状況が更に悪化することもあります。

特に通う中学校に何か問題があって通えない状態になった生徒などです。

そういう場合は、受験前の大切な1年間を無理に学校に通う必要ないです。

学校に通えるようになることがベストですが、『高校に行く!』という目標ができた以上は『時間を有効に使って受験対策をする!』と考えるべきです。

教科書に沿った市販の参考書や問題集などの教材はたくさんあります。

もちろん、インターネット環境が整っていればネット塾もあります。

自分の学力と状態によって『学べる環境がある』っていうことです。

<スポンサードリンク>

学習塾も家庭教師も難しい。不登校が無理せず学べるネット塾とは?

塾に通わなくでもインターネットがある。不登校でもネット塾で受験対策できる
不登校の受験生が高校受験をするには、今までは学習塾や家庭教師の力が必要でした。

しかし現在は、インターネット環境を利用した学習方法は多彩です。

1人でも充分学力向上の期待ができます。

学習塾に通わなくても高校受験対策は可能なのか?

確かに一昔前の不登校の受験生は、学習塾通いか家庭教師が理想だと言われていました。

そうはいっても、不登校の原因によっては学習塾に通うのは困難な生徒もいます。

学習塾や家庭教師に頼らなくても、市販の参考書や問題集も多く、さらにネット塾という手段もあります。

他にも、受験生によっては地元にフリースクールなどがあれば利用しても良いです。

無理して『学習塾で遅れを取り戻したい!』と思うのなら、フリースクールの方が通いやすいです。

学習塾以外だと家庭教師という手もあるが・・・

家庭教師であれば、家で学習ができるので決して悪いとは言いません。

しかし、以下のような点が問題です。

不登校の原因が、対人恐怖症だった場合
不登校の生徒は、部屋に入れさせたがらない
費用が高いので頻繁に利用できない

もちろん、生徒によって違います。

ちなみに費用のことだけをいうと、普段は独学やフリースクールを利用して、週に1回程度の家庭教師という方法もあります。

この方法を利用すれば、費用はだいぶ抑えられます。

特に近年は、不登校の生徒向けの指導に力を入れている企業も多くなってきました。

家庭教師も不登校の受験生だということを理解したうえで、丁寧に指導をしています。

家庭教師の仕事は本来、勉強を教えて高校に合格できるようにするのが仕事。

不登校専門の家庭教師もいて、学習面だけでなく精神的なサポートもおこなっています。

家で高校受験対策するならネット塾がおすすめ

学習塾や家庭教師以外に家で高校受験を考えるのであれば、ネット塾がおすすめです。

ネット塾は、インターネット環境が整っていればオンライン上で学習できるシステム。

学習方法は多彩ですが、ほとんどが授業動画と教材で学べます。

また、動画を再生しながら勉強するので、わからない箇所や聞き逃した箇所を何度でも見直すことができる。

マイペースに学習できのは、大きな魅力の一つです。

さらに、わからない教科や単元など学年関係なく学び直すことができます。

普通に考えれば、学習塾で受験生が「中学1年生からやり直したい!」とお願いしてもなかなか難しいと思います。

ネット塾だったら、不登校で遅れている中学1年生や2年生の授業動画を見ながら学習できます。

さらに、手厚いサポートや豊富な学習内容で勉強できるネット塾。

気になるのは費用ですよね。

ほとんどのネット塾は、学習塾とは比べものにならないくらいの金額で利用できます。

もちろん、利用するネット塾によって費用は違いますが、どのネット塾も質に問題があるとは感じません。

たとえば、

実績のある有名講師によるわかりやすい授業
定期テスト対策や苦手な克服できるテキスト
メールやチャットでの質問

わかりやすく、続けることができる工夫がされているので安心です。

高校受験に落ちてしまった!今後の進路はどうなるの?

【不登校】高校受験に落ちてしまった!今後の進路はどうなるの?
不登校の受験生に限らず、高校受験に全て失敗をしてしまうこともあります。

本来は、行く高校がないという状態にはならないようにします。

しかしここでは、不登校の受験生が高校受験に失敗してしまった場合の説明をします。

事前対策と進路先などを含めて説明しますので、参考にして下さい。

高校受験は、不合格を避けるように受験しよう

高校受験は、高校浪人を防ぐために併願校や安全校という意味で合格確実と考えられる高校を受けます。

不登校の受験生は、安全に合格できる高校を確保するために、内申書が考慮されにくい高校を選択しなければなりません。

となると、受験できる高校はだいぶ少なくなります。

高校受験と内申書の関係を考えると、このような予想がされます。

できる限り事前に進路先を確保できるようにするのが理想です。

全ての高校が不合格。その後の進路はどうなるの?

不登校の受験生が、受験した高校全てが不合格になると進路はどうなるのでしょうか?

もし、そのような事態になったときに慌てないように事前に進路を考えておきましょう。

高校受験に失敗をしたときに考えられる進路は大きく分類すると3つあります。

就職」「浪人」「通信制高校」の3つの進路が一般的に可能な進路です。

就職

中学校卒業後に就職という手もありますが、不登校ということや学歴を考えると就職先もかなり限られてしまいます。

特に高卒以上や大卒以上が基本となっている現代の就職状況を考えると、あまりおすすめできる選択肢ではありません。

浪人

浪人という選択肢は、否定的ということではありません。

休養をかねて1年間、浪人生活というのも考え方のひとつです。

ただし、思春期という大事な1年間。

その後の進路に影響しないよう、はっきりわかる目標をもつべきです。

通信制高校

通信制高校というのが一番理想的な考え方なのかもしれません。

特に、不登校の生徒たちは通信制高校を進路先にするケースも多いようです。

その理由は、精神的や体力的な負担を極力減らしながら、将来のために学習していくことができるからです。

通信制高校からの大学進学は可能。家で学習をがんばろう

通信制高校というと大学進学は難しいのでは?と考える親は多いと思います。

確かに、通信制高校から大学に進学するのは、決して楽ではありませんが増加傾向にあるのも事実です。

実際に予備校などと提携して、学力向上を目指す通信制高校もあります。

事前に調べる必要がありますが、中には推薦枠で大学を狙うことも可能です。

まとめ

今回、不登校の中学生が乗り越えないといけない高校受験と進路について説明しました。

不登校になった原因にもよりますが、高校受験は充分に可能です。

インターネットが当たり前の時代だからできるインターネット学習は、家で自分のペースにあわせて勉強することが可能になりました。

以上のことからわかるように、いま不登校の受験生だからといって、決して高校受験をあきらめる必要は全くありません。

1日1日を大事に頑張っていきましょう。

特集記事一覧

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。