• <スポンサードリンク>

【いつから受験対策】始めるならまかせる塾か身近なアプリか?タイプ別で診断

【いつから受験対策】始めるなら安心の塾か実績のアプリか?タイプ別で診断
中学3年生になる受験生の中には、高校受験対策はいつから始めるべきなのか?と疑問に思っている受験生も多いです。

結論から言えば、某予備校教師の言葉ではありませんが、「今でしょ!!」となります。

中学受験に限らず受験対策は早い方が良い結果につながります

今回は、高校受験対策に塾やアプリは必要なのか?という説明をします。

この記事を読んで高校受験対策をはじめる準備をしましょう。

<スポンサードリンク>

【高校受験】志望校に行きたい!いつから受験勉強を始めるべきか?

【高校受験】志望校に行きたい!いつから受験勉強を始めるべきか?
高校受験対策の開始時期は、早い方が良いのは当然ですが、中学3年生になってから考える受験生は多いです。

実際、いつの時代もそのようなものだと感じます。

ここでは、高校受験対策に関する説明をしていきます。

高校受験対策の基本と今後の対策を理解しておきましょう。

高校受験対策は中学何年生から始めるのが理想なの?

高校受験対策は中学1年生からはじまります

このような言い方をすると誤解を招くかもしれませんが、公立高校を受験するのであれば内申点を意識しなければなりません。

都道府県によって考え方が異なりますが、内申点の内容は中学1年生の成績から対象になる地域がほとんどです。

そのため中学1年の定期テストから、ある程度の成績をキープしていないと後々に影響することになります。

日々の予習や復習をしっかりおこなうことが必要です。

受験対策と日々の学習に境界線をつくってしまうのであれば、受験対策そのものはいつから始めても良いことになります。

公立高校受験は、日々の学習の積み重ねが大切です。

公立高校を目指すなら、内申点アップは必然です。

自分はもう中学3年生になるけど一体どうすれば良いのか?

4月から中学3年生になる受験生で、これから高校受験対策を考えている受験生は、とりあえず早めに自分の現状と今後の計画を考える必要があります。

まず、中学1年生と2年生の成績が良い受験生でも内容を忘れているのでは話しになりません。

ましてや成績がよくないと思う受験生は早めに中学1年生からの復習をはじめましょう

どちらにしても、公立高校を受験するのであれば、国語・数学・理科・社会・英語の5科目が必要になる都道府県が多いです。

遅くとも夏休みが終わるまでには、中学2年生の範囲は完全に理解している状況にする必要があります。

優先順位は、数学・英語・国語の対策を考えましょう。

効率よく学習するためにも、優先順位は大事です。

受験日と受験校を意識して年間スケジュールをたてよう

中学3年の夏休みの終わりまでは、これまでの学習の復習と現在の学習双方を進行する必要があります

英語や数学の場合は、中学1年と2年の内容が理解できていない受験生は、中学3年生の学習よりもこれまでの復習を早急に進める必要があります。

志望校の受験日を基準に学習内容を考えて計画をつくるのが一般的な方法です。

4月~8月

主に中学1年生と2年生の復習を中心に理解度を高めていきながら、土台をしっかりつくるようにします。

部活動などで時間が取れない受験生は、理科と社会を後回しにしましょう。

9月~12月

受験対策をはじめると共に残った復習や苦手科目の成績向上対策をおこないます。

公立高校の一般的な入試は、教科書の範囲を超えませんので、基本重視になります。

1月~

過去問題や頻出問題を中心に志望校向けの学習を中心におこないます。

頻出範囲で苦手な箇所は、早めに解決しておくようにするのが重要です。

【参考記事】効率よく学習するための方法とは▽

高校受験の対策はやっぱり塾?塾に通わすならいつから?選ぶときのポイントは?

高校受験の対策はやっぱり塾?塾に通わすならいつから?選ぶときのポイントは?
高校受験にかかわらず「受験=塾」という図式があるような気がします。

高校受験対策のときに塾には、いつから通うのが理想なのでしょうか?

ここでは、高校受験対策と塾の関係を説明します。

塾に通う時期や塾選びのポイントを含めて塾の必要性も考えていきます。

高校受験と塾の必要性

高校受験対策に塾が必要かと聞かれると答えは、個々の状況によるというのが本音だと思います

必要な受験生もいれば、不要な受験生もいるはずです。

中学1年生から通った方が良い人もいると思いますし、特に無理に通わなくても良いという人もいます。

学校の授業が理解できない人は、塾に通うことが必要なのかもしれません。

また、私立難関高校を目指しているという人はできるだけ早い段階から進学塾系に通うことをオススメします。

公立高校とは全く対策方法が異なるので塾が必要になるケースが多くなります。

高校受験向けの塾の特徴と種類

高校受験向けの塾にも特徴や種類が存在します。

受験生の志望校や性格によって塾の選び方も慎重になる必要があります

塾の規模によって、大人数の教室で教える塾もあれば、個別や少人数で指導している塾もあります。

また、指導内容も塾によって様々な方針が存在します。

難関私立高校を目指す進学系塾をはじめ、学校の復習を中心にしている塾もあります。

地元の地域密着型の塾の中は、公立高校受験に特化している塾も存在します。

地元だからこそ、大手塾に負けないだけの情報を持って指導しています。

自分にあった塾選びのポイント

塾を選ぶときは自分の性格や志望校と成績を考慮して決定する必要があります。

特に年齢的にも難しい時期なので、親御さんと良く相談をすることがとても重要です。

集団で学習する塾の方が、理解度が高くなって成績が伸びる受験生もいます。

一方で個人や少人数での授業が好ましい受験生も多いです。

集団塾も個人指導塾もそれぞれに特徴があります。

受験生によって、通塾をせずにスマホアプリなど自宅学習で対策が可能な受験生もいます。

塾に通うと確かに成績が上がるケースが多いと言われていますが、塾の場合は講師による相性などもあるので一概に必ず良いとは言い切れないのが本音です。

【参考記事】学習塾の違いや費用について

<スポンサードリンク>

高校受験の対策として増えてきたスマホアプリ。スマホアプリで勉強するメリットとデメリット

高校受験の対策が凄いスマホアプリ。スマホアプリで勉強するメリットとデメリット
これまでは、高校受験対策を始めるにあたって通塾が一般的な選択肢でした。

近年は、自宅でスマホやパソコンで受験勉強をする受験生も多くなってきました

ここでは、高校受験対策にスマホアプリを利用するメリットとデメリットを考えていきます。

考え方は人それぞれなのでひとつの考え方として受け止めて欲しいと思います。

自宅学習で合格している生徒もたくさんいます。1つの選択肢として読んで下さい。

これまでの高校受験対策(保護者向け)

これまでの高校受験対策といえば、塾に通うケースが多いと思います。

一部のご家庭では家庭教師を利用することもありますが、どちらにしても高い費用がかかります。

もちろん、塾や家庭教師に教わると成果がでやすいですし、塾にある受験対策用の情報は必要なこともあります。

近年では、スマホやパソコンのアプリを利用した受験対策もあります。

スマホアプリが全てだとは言いませんが、塾にない良さもあります

お子さんを塾に通わせようと思っている親御さんは、もう少しだけ慎重に学習方法について検討をしてほしいです。

本当にお子さんに適している学習方法の対策がみつかるはずです。

スマホアプリと塾のどちらが優れているのか?

スマホアプリと塾のどちらが優れているのかは、一概に答えを出すのは難しいです。

総合的に考えると、人対人である塾の方が優れているケースが多いような気がします。

あくまでも、一般的な見方であって、個々の受験生の性格や成績を考慮すると全く異なる結果になるのかもしれません。

塾は決まった時間に通いますので、少なくとも学習習慣は向上すると考えられます。

スマホアプリは自己管理なので、本人次第でどちらにも向かってしまう可能性があります。

また、近所の塾であれば、友人と共に受験対策に励むことができますが、スマホアプリは基本的に一人で学習をする必要があります

スマホアプリが一見悪いように感じますが、自己管理ができる受験生や人と接するのが苦手な受験生には確実にスマホアプリ向きです。

また、スマホアプリのメリットは、費用が安いだけでなく、自分なりのペースでスケジュールが組めるという魅力があります。

塾が悪いとかスマホアプリが優れているというのは、受験生個々の考え方次第というのが素直な考え方です

今後の高校受験対策はスマホアプリでも対応できるのか?

スマホアプリも進化していますが、動画配信やクラウドといった形式を利用すると自宅でも充分に受験対策が可能になります。

スマホアプリの中には優れているものもありますが、中にはパソコン版があればもっと良いのではと思うときもあります。

現状でも受験生の成績や性格によってスマホアプリは、適していると考えられます。

今後は更に自宅で受験対策をするのが一般的な時代がくるかもしれません。

【参考記事】自宅学習で志望校に合格できる方法とは▽

【タイプ別診断】学習塾向きの受験生とアプリ向きの受験生。お子さんのタイプは?

【タイプ別診断】学習塾向きの受験生とアプリ向きの受験生。お子さんのタイプは?

学習塾とスマホアプリのどちらが高校受験対策に向いているかの答えは、完全に出ていません。

どちらにしても受験生個々の成績状況や性格が選択の基準になります。

ここでは、受験生の性格やタイプによる学習塾向きとアプリ向きを考えていきます。

自分がどちらのタイプに当てはまるのか、参考にして欲しいと思います。

学習塾に向いている受験生はこんなタイプ

学習塾に向いているタイプの受験生は、競争心の強いタイプです。

身近な人たちとの成績を争う気持ちがモチベーションにつながることがあります。

また、ある程度の成績と学習習慣がついている受験生も向いていると思います。

集団タイプの塾と個人指導タイプによって異なりますが、強気な受験生ほど通塾向きです。

自分でスケジュール管理ができないタイプの受験生も塾が向いていると思います。

厳密には向いているというよりも、塾に管理をしてもらうという言い方になります。

アプリや自宅学習が向いている受験生はこんなタイプ

アプリを利用した自宅学習が向いている受験生は、基本的におとなしく人と接するのがあまり得意ではないタイプに向いています

学校の授業についていけないタイプの受験生も自宅でゆっくりマイペースの学習が最も効果的なケースもあります。

また強制されるのが苦手な人もこちらが良いでしょう。

利用する環境にもよりますが、アプリの中でもかなり優れた内容のアプリも存在します

特に講師の水準が高いアプリなどは、指導方法も悪くないので期待できます。

最終的判断は受験生本人の気持ちが大切

通塾かアプリを使用するかは、基本的に受験生本人の考え方次第というのが本音です。

親御さんの立場だと塾に任せるのが一番安心だと思います。

現実を見ると塾に通っている受験生が確実に成績を上げているかというと100%ではないことは間違いありません。

アプリの使用が良いとは言い切れませんが、すくなくとも自分から受験対策に取り組むのは間違いなく理想的なスタイルです。

【参考記事】自宅で学習できてコスパがいい方法とは▽

まとめ

今回は、中学3年生から始める高校受験対策と塾やスマホアプリについて説明しました。

通塾とスマホアプリでは、どちらが優れているかは本人次第です。

塾に通ってもやる気がなければ意味がありません

スマホアプリも自分なりに必死に取り組めば成果が期待できます。

ただ、どちらにしても中学3年生の1年間はあっという間に過ぎてしまいます。

受験日が近づいて後悔しないようにできるだけ早く受験対策を始めることが重要です。

【参考記事】自宅学習で成績アップ!?学校の教科書で学べる方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。