• <スポンサードリンク>

僕の高校受験の武勇伝は嘘くさい!?受験前のルーティンで合格できた臭い話

ルーティン勉強法
僕は今、38歳で会社員です。

昔から何事にもコツコツと取り組む几帳面で周りが気にならない真面目なタイプだと自他共に思います。

<スポンサードリンク>

コツコツ勉強してきた

ただそのようなタイプの人間はちょっと思い込みが激しいのですが、往々にしてクラスでは目立たないタイプであり、あまり同級生の記憶にも残っていないかもしれません。

そんな僕ですが、もちろん高校受験にもコツコツと取り組んで勉強をしていました。

そして受験前日までには計画的に勉強をしたので、『これでダメなら仕方無い。』と思えるレベルにまでしっかり気持ちを持って行っていました。

それでも、小・中学校と公立学校であったこともあり、高校受験が初めての受験でそれなりにプレッシャーを感じながら受験前日を過ごしていました。

そんな時にもやれることをコツコツと探す性格から、受験に勝つということから晩御飯はカツカレーにしてもらったり、近所の神社にお参りに行ったりと、正に『人事を尽くして、天命を待つ。』という状態でした。

受験日のルーティーン!?

そして僕はもう一つ、受験日当日にしてやろうとある行動をすることを決めていました。

受験当日、僕は受験校の最寄駅で降りて受験校に向かう道中でそれを実行に移したのです。

僕は100m程先の電柱の下にあるものを見つけると、その物体に向かって一直線に早歩きをして向かいました。

そしてその物体を力一杯踏みしめました。

もうおわかりかと思いますが、僕は電柱の下に落ちている犬の糞を踏みつけることで、「運(うん)」を付けようと本気で考えて実行したのでした。

試験中は、心なしか周囲から「何か臭くない?」と言った声も聞こえて来たりしましたが、僕はお構い無しで試験を受けました。

結果は無事に合格することができ、僕の学力レベルよりも少し上の高校に通うことが出来ました。

そして、滑り止めで受験をしていた私立高校も上記と同じ行動して合格する事ができました。

僕にとっては、有名アスリートが行っているルーティーンみたいな行動は大事だと思っています。

<スポンサードリンク>

僕の唯一の武勇伝

もちろん、僕のコツコツと勉強に取り組んだ積み重ねが合格に繋がったのだとは思いますが、それでも僕の勝利のルーティーンも何らかの効果を及ぼしてくれていると信じています。

というのも、このルーティーンは大学受験の時も行った結果、大学でも受験した学校全て合格出来ました。

信じるか信じないかは皆さんにお任せしますが、とにかくこのルーティーンで受験という大戦を駆け抜けてきた僕の武勇伝です。



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。