• <スポンサードリンク>

え?使えるスキルを発見!?ダンスしながら暗記する勉強法


私は今、女子大生です。

中学受験の時に色々な勉強方法を周りの子たちがしていました。

例えば、ながら勉強(音楽を聞きながら、洗濯ものをたたみながら、テレビを見ながら、ご飯を食べながらなど)だったり、暗記ものを替え歌にして覚えたりする子もいました。

【参考記事】楽しいと思えてしっかり学習できる方法とは▽

<スポンサードリンク>

好きなことをする

当時私はジャニーズがすごく好きで、ライブなどたくさんいったり、ユーチューブで動画を見ていたりして、各メンバーのダンスを細部まで覚えるほど好きでした。

そんな私が、ダンスを覚えて踊っていた時、改めて私はダンスをする事が好きなんだと気づきかされました。

そう、夢中になっていたのです。

それまでダンス教室など行ったこともなくて全然ダンスにたずさわったことはなかったんですが、とてもハマりました。

しばらくするとジャニーズのダンスを覚えるだけでなく、他の歌手のダンスも覚えるようになりました。

そのうちにポップスだけでなく、他の種類のダンスもしたくなってきて、親に頼んでダンスの習い事を始めさせてもらうことにしました。

本当に楽しくて、またダンス仲間などもできたり、先生もすごく優しかったです。

以前より在籍していた子たちは、幼い頃からダンスをやっているのでレベルが高い子ばっかりだったんですけど、関係なく同じように接してくれて毎週習い事に行く事が楽しみでした。

音楽とダンスで暗記

この楽しいダンスは、受験シーズンになるまで続けていました。

流石にこの私でも受験に専念したいと思い、親とダンスの先生に相談して高校受験が終わるまではお休みする事にしました。

しかし、ダンスがすごく好きだったので、いつもダンスの事を考えていました。

そんなダンスが気になってしかたがない私がある日、暗記ものが全然覚えることができなくて、辛かったのでダンスをすることにしました。

ダンスをする時にはそれぞれ合図で掛け声があったり、リズムを自分で口ずさんだりします。

なんとなく、この一連の作業を、暗記ものを使ってダンスしながらやってみることにしました。

すると、楽しくなってきて一曲全部を暗記科目にあてはめて何度も練習してみました。

すると、さっきまであんなに覚えられなかった暗記科目がスイスイと頭の中に入ってきました。

そうして、それから他の曲を使って他の教科の暗記科目を覚えようとすると、楽しくてどんどん覚える事ができるのです。

<スポンサードリンク>

今でも使えるスキル。

やっぱりダンスするのが好きで、ダンスと一緒ならば辛い事でも楽しく覚えられるんだなぁと感じました。

これを私は、『ダンス暗記法』と名付けました。

私が、暗記ものを覚える時は必ずその手法を今でも使って覚えるようにしています。

やっぱり好きなことと一緒なら嫌いなこともあまり苦には感じなくなると思うので勉強などはダンスとコラボさせるといいかもしれません。

【参考記事】楽しいと思えてしっかり学習できる方法とは▽



  • <スポンサードリンク>

サイト管理者のふみこです。わたしをタップするとトップページに行けます。

トップ画面には受験情報からお悩み解決までたくさんありますよ。